ヴァーチャルで表現する Y's インスタレーション。美しい服に欠かせない衣類スチーマー

クリエイティブのそばにある、衣類スチーマー

着ることによって生まれる人の体と服の間にある空気感、分量感、バランスを大切に行われるヨウジヤマモト社の旗艦ブランドY's。
そのY'sの服創りに、服をきれいに保つための道具として機能性とデザイン性を突き詰めたパナソニック 衣類スチーマーのものづくりのフィロソフィーが共鳴し、初のコラボレーションが実現しました。

Y's表参道のヴァーチャル店舗に、衣類スチーマーが登場

Y'sの世界観や服づくりをインスピレーションの源に、フォトグラファーの桐島ローランド氏が最先端のデジタル技術で表現するヴァーチャルインスタレーションイベント「ROWLAND KIRISHIMA ART PROJECT VIRTUAL Y's INSTALLATION WITH Panasonic FASHION STEAMER AT Y's OMOTESANDO VIRTUAL 」2020年10月23日から11月8日の期間で開催。

最新のデジタル技術によりCGで再現されたY's表参道の店舗に訪れることができ、空間内には衣類スチーマーも設置され、様々なデジタルコンテンツが楽しめます。

Y's表参道のヴァーチャル店舗のイメージ

ROWLAND KIRISHIMA ART PROJECT VIRTUAL Y's INSTALLATION
WITH Panasonic FASHION STEAMER
AT Y's OMOTESANDO VIRTUAL

開催期間:2020年10月23日(金)~11月8日(日)

会期中は実際のY's表参道の店舗でも衣類スチーマーを展示。デモンストレーションも実施します。
【デモンストレーション日程】
10月23日(金)  14:00-20:00
10月24日(土)・31日(土)・11月3日(火・祝) 11:00-17:00

最新技術で魅せる新たな店舗体験

Y's表参道のヴァーチャルウォークスルー、およびY'sブランドのフィロソフィーを架空のパリのアトリエでヴァーチャル体験できるVRコンテンツは、桐島ローランド氏が率いる「技術(Cyber)」と「人間(Human)」の融合を目指すクリエイター集団CyberHuman Productionsが制作。
最新の3DCGやPhotogrammetry技術などを活用した、ハイクオリティーなアートワークが繰り広げられます。

Y'sの世界観で表現される、パナソニックの衣類スチーマー

“プロフェッショナルの現場にも自然と馴染む小型で軽量の佇まい、更新される機能性と、高い操作性が描く滑らかで無駄のない動きが芸術表現”として、ヴァーチャルアートに取り込まれている、パナソニックの衣類スチーマー。

美しい所作は衣類スチーマーの機能がつくる、日本らしい美の表現。
ヘッドをどこまで傾けても安定したスチーム噴射で、長い衣類も屈まずに、無理な体勢をとらずに綺麗で楽な姿勢でかけることができ、たっぷりあるスチーム量は見た目にも気持ちよく、高性能な小道具が、デジタル上の人の動きを綺麗に演出する鍵となっています。
美しい服に欠かせない衣類スチーマーが、表現の中でも際立ち、自然と目に留まります。
Y'sの世界観で表現される衣類スチーマーの、新たなヴァーチャルエクスペリエンスをお楽しみください。

※衣類スチーマーはY'sの店舗でも採用されています。

Y's表参道
東京都渋谷区神宮前4丁目12-10 
表参道ヒルズ1F・B1F
 

Y's店舗外観

Rowland Kirishima
桐島ローランド


Photographer/Director/Total Creator/3D Director
フォトグラファー・ヴィジュアルクリエイター

横浜生まれ
ニューヨーク大学芸術学部・写真科卒業。フォトグラファーとしてのキャリアをN.Y.でスタート。その後、東京に拠点を移し多くのファッション・広告撮影、ムービー作品を手掛ける。また、パリ・ダカールラリー完走や3DCGプロダクションの取締役を務めるなど、多岐にわたって活動を行っている。

CyberHuman Productions
「技術(Cyber)」と「人間(Human)」の融合を目指すクリエイター集団。
AI・CG等の技術とクリエイターの力で、クリエイティブの新しいステージを切り拓いている。

桐島ローランド