NEW 衣類スチーマーNI-FS410 6月上旬発売予定

ベーシックモデル NI-FS410ベーシックモデル NI-FS410

ベーシックな新モデルが登場。お出かけ前にも、サッと衣類ケア。

スピード立ち上がり,連続スチーム,さまざまなニオイを脱臭 スピード立ち上がり,連続スチーム,さまざまなニオイを脱臭

アイロン台なしで手軽にシワ伸ばし

衣類スチーマーなら、アイロン台を出す手間もなく、ハンガーにかけたまま、気になるシワを手軽に伸ばせます。お出かけ前で時間がないときやアイロンかけが苦手な方におすすめです。

比較写真:スチーマー使用前と後のシャツ

スピード立ち上がり約30秒※1お出かけ前でも、すばやく使える

スピード立ち上がり約30秒※1だから、お出かけ前にもサッと使えます。忙しい中で、身だしなみを整える強い味方です。

スピード立ち上がり,約30秒

電源オンし、赤いランプが点滅から点灯に変わったら使用可能。すばやく立ち上がります。

電源ランプのイメージ写真

タンク容量 約50 mLこだわりのスチームで、しっかりシワとり

連続スチームは約4分。1回の注水で、たっぷり衣類ケア。

連続スチーム,約4分

しっかり衣類ケアできるパワフルスチーム

連続パワフルスチーム

スチームボタンを押している間、一定量のスチームが安定的に出続けます。(水がなくなるまで。)

*アイロン面の温度変化により、スチームの出方がかわります。

イメージ図

パナソニックなら|さまざまなニオイを脱臭 約7種類※2帰宅後、手軽にニオイとり

洗濯しにくい衣類もスチーム脱臭※2。生活5大臭(生乾き臭、ペット臭、タバコ臭、汗臭、飲食臭)に加え、加齢臭、防虫剤臭もしっかり脱臭※2します。
繰り返し使っても、衣類をいためにくく、洋服が長持ち。

●商品写真は2018年発売NI-FS540です。

パナソニックなら、さまざまなニオイを脱臭,7種類
【生活5大臭(生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭)】+【2臭(加齢臭・防虫剤臭)】、除菌・アレル物質対策にも(菌・アレル物質(ダニ由来・花粉))【生活5大臭(生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・汗臭・飲食臭)】+【2臭(加齢臭・防虫剤臭)】、除菌・アレル物質対策にも(菌・アレル物質(ダニ由来・花粉))

フラットアイロン面でプレスもできる2WAY

アイロン面がフラットだから、アイロンのようなプレス仕上げもできます。シャキッと仕上げたいワイシャツの襟やハンカチなどに使えます。すべりの良いセラミックコートを採用しているので、軽いかけ心地です。

●プレスする場合、テカリ防止のため、あて布の使用をおすすめします。
●商品写真は2018年発売NI-FS540です。

衣類スチーマーでプレス仕上げをしている様子

アイロン面はすべりの良い「セラミックコート」

アイロン面 画像 「セラミックコート」

生地が引っかかりにくい「カーブエッジ形状」

アイロン面先端拡大画像

使い方はカンタン。こだわりの使いやすさ

<使い方カンタン>

最初に、水道水を入れて

専用カップで水道水をタンクに入れます。

【1】タンクに水を入れる様子

電源オン

電源を入れて通電ランプが赤点滅から赤点灯に変わったら使用できます。

【2】電源スイッチと通電ランプの位置の写真

シワとりスタート

スチームボタンを押している間、スチームが出続けます。

【3】スチームボタンを押している様子

使用後は電源オフ

切り忘れても安心の自動ヒーターオフ(緑点灯)機能付きです。

【4】通電ランプが緑点灯になった、自動ヒーターオフの写真

●商品写真は2018年発売NI-FS540です。

さまざまな衣類のお手入れに

キッチリしたいジャケットやパンツ

ジャケットは、背中や袖のひじ部分などを引っ張りながらアイロン面をあてます。 パンツの折り目は、プレスで整えます。

ジャケット、パンツ画像

ワイシャツなどの小ジワに

衣類の端を手で引っ張りながらアイロン面をあて、ゆっくりと滑らせます。

●当社実験による。シワや衣類の素材によって効果は異なります。

Yシャツ画像

ニットの型崩れに

アイロン面を浮かせて、たっぷりスチームをあてた後、手でやさしく型を整えます。

ニット画像

レーヨンなどの繊細な生地に

中温設定なのでアイロン面をあてて使えます。 ドレープもキレイに仕上がります。

レーヨンのブラウス 画像

繊細なドレープに

ドレープのラインに合わせて滑り込ませ、浮かせながらスチームをあてます。

ドレープ 画像

ギャザースカートに

ギャザーのラインに合わせて滑り込ませ、スチームをあてます。

ギャザースカート 画像

ポロシャツの小ジワに

衣類の端を引っ張りながらアイロン面を滑らせます。襟や袖口にもスチームを。

ポロシャツ 画像

収納していた浴衣に

着物ハンガーにかけて、手で軽く引っ張りながらスチーム。防虫剤臭を消臭します。

●素材により使用できない場合があります。

浴衣 画像

ふんわり小物のケアに

ストールやファーなどは、アイロン面を浮かせてスチームを。

ふんわり小物 画像

洗いにくい帽子に

気になる帽子のニオイには、アイロン面を浮かせながらたっぷりのスチームをあてます。

●皮革素材などには衣類の絵表示などを確認の上、ご使用ください。

帽子 画像

●プレスする場合、テカリ防止のため、あて布の使用をおすすめします。

スペック

おすすめの関連商品

スチームが約10分続くから、たっぷり衣類ケア
NEW NI-FS760 5月上旬発売予定

360° スチームモデル、NI-FS760

スイスイ使えるから、気軽に衣類ケア
NEW NI-FS560 5月上旬発売予定

360° スチームモデル、NI-FS560

旅先でもサッとシワとり
NI-MS100

モバイルタイプ、NI-MS100

おすすめコンテンツ

●使い方

衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

ビジネスカジュアルは衣類スチーマーでうまくいく

サッとシワが伸ばせる衣類スチーマーできれいに見えるビジネスカジュアル

「ビジネスカジュアルは衣類スチーマーでうまくいく」のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

●ファッションのプロも愛用

Movie Report

ファッションのプロの現場で愛用されている衣類スチーマー。プロが認めるパワフルスチームと使い勝手とは

ムービーレポートのバナーです。クリックするとサイトに遷移します。

●その他

衣類スチーマー よくあるご質問

使い方や、本体の不調など、よくあるご質問にお答えします

衣類スチーマーよくあるご質問のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

アイロン・衣類スチーマーの違い

アイロンと衣類スチーマーの違いや、それぞれの得意なアイテムをご紹介

アイロン・衣類スチーマーの違いのバナーです。クリックするとサイトに遷移します

※1 衣類スチーマーとして使用する場合。衣類アイロンとして使用する場合は通電ランプが赤点灯して約20秒後に使用可能。
※2 脱臭効果について(当社調べ)。【試験対象】衣類に付着した生乾き臭・ペット臭・タバコ臭・飲食臭(焼肉・焼き魚)・汗のニオイ・防虫剤臭・加齢臭【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価。付着させたニオイは以下のとおり。〈生乾き臭〉トリエチルアミンを流動パラフィンで50倍希釈し、0.05 mL滴下。〈ペット臭〉擬似イヌ臭(ヘキサナール+ヘプタナール+オクタナール+イナナール+イソ吉草酸)をエタノールで100倍希釈し、0.01 mL滴下。〈タバコ臭〉約30 Lの試験容器内で約16分間煙に曝露。〈飲食臭(牛肉・さんまを焼いたニオイ)〉約90 Lの試験容器内で、煙に約16分間曝露。〈汗のニオイ〉汗臭薬品(ヘキサン酸+マカデミアナッツオイル)を注射器で0.05 mL滴下。〈加齢臭〉加齢臭薬品(ノネナール)を注射器で0.05 mL滴下。〈防虫剤臭〉約10 Lの試験容器内に防虫剤(ナフタリン系、しょうのう、パラジクロロベンゼン)と布を入れ12日間放置【試験結果】対象の臭気それぞれにおいて、有意な臭気抑制効果を確認。脱臭効果の感じ方には、個人差があります。
※3 除菌試験内容。【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験対象】衣類【試験方法】高温アイロン面を押し当てた菌付着布の除菌確認【除菌方法】高温アイロン面押し当てによる【試験結果】99%の除菌効果(試験は2種類の菌で実施)【試験成績書発行番号】13076263002-01【試験成績書発行日】2014年3月25日
※4 ダニ由来アレル物質試験内容。【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター【試験方法】高温アイロン面を押しあてたダニ(Derf1)抽出液付着布のアレル抑制確認【試験結果】1秒間の処理で95%以上の抑制率、3秒間の処理で98%以上の抑制率【試験報告書番号】4AA33-150918-F02【試験報告書発行日】2015年10月13日
※5 花粉アレル物質試験内容。【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター【試験方法】高温アイロン面を押しあてた花粉(Cryj1)抽出液付着布のアレル抑制確認【試験結果】1秒間の処理で99%以上の抑制率、3秒間の処理で99%以上の抑制率【試験報告書番号】4AA33-150918-F02【試験報告書発行日】2015年10月13日

●写真・イラストはイメージです。
●写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。