アイロンかけのコツ ― 基本の使い方―

基本の使い方

アイロンを上手に使いこなすために、まず動かし方の基本を知りましょう。

アイロンかけで着こなしUP

アイロンかけなし・アイロンかけありの比較
もっと、アイロンを使いこなしませんか?

きちんとアイロンのかかった服は見た目も着心地も、気持ちよさが違います。
ちょっとしたコツを覚えて、気軽にアイロンかけしてみませんか。

アイロンかけ 基本のコツ

コツ【1】アイロンの動かし方は3種類

すべらせる・押さえる・浮かす
attention

力を入れすぎるのはNGです。

シワをのばそうとゴシゴシ力を入れると、かえってシワになることも。
すべらせるようにかけましょう。

コツ【2】いきなりかけずに、まずは手アイロン

手で軽くシワをのばしておく

アイロンをかける前に、手で軽くシワをのばしておきましょう。

コツ【3】"空いた手"で縫い目を引っ張って

空いた手で縫い目を引っ張る

よりきれいに、シワがのばしやすくなります。

まとめてアイロンをかけるなら
「低温」から「高温」の順に

衣類の絵表示を確認し、適温でアイロンかけを。
高温になると冷めにくいため、「低温」に適した衣類から「高温」に適した衣類へ、順番にかけると効率がよく、熱も時間もムダにしません。

衣類の絵表示

おすすめ商品

WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンかけをラクに、キレイに。

WLシリーズ商品写真
お出かけ前、帰宅後のサッとケアには、衣類スチーマー

NI-FS750

たっぷり使えてサッとシワとり タンク2倍モデル

*NI-FS550との比較。

ni-fs750商品写真

NI-FS550

手軽にサッとシワとり ベーシックモデル

ni-fs550商品写真

NEW NI-MS100

旅先でもサッとシワとり 軽量コンパクトモデル

ni-ms100商品写真

おすすめコンテンツ

アイロン・衣類スチーマーの違い

アイロンと衣類スチーマーの違いや、それぞれの得意なアイテムをご紹介

アイロン・衣類スチーマーの違いのバナーです。クリックするとサイトに遷移します