アイロンかけのコツ -アイテム別お手入れ方法-

アイテム別お手入れ方法

●使用シーン写真の商品は2017年発売NI-WL704です。

シワを伸ばす ワイシャツのかけ方

「面積の小さいところから大きいところへ」順番にかける

まずは手のひらで軽く形を整えてからアイロンかけをスタート。
「ソデ・ソデぐち」→「肩」→「右前身ごろ」→「背中(後ろ身ごろ)」→「左前身ごろ」→「エリ」の順番であてます。「エリ」「前立て」「カフス」など、目立つところは念入りにアイロンをかけましょう。

ワイシャツの部位の名前。ポイントはすべらせること。
ソデにアイロンをかける

脇の縫い目を基準にソデ山に向かってかける。

ソデぐちにアイロンをかける

内側にアイロンをすべり込ませ、端までかけて、最後は中央に戻してたるみを逃がす。

肩にアイロンをかける

アイロン台の先端を使って、肩の部分をかける。

右前身ごろにアイロンをかける

右前身ごろをかける。ボタンとボタンの聞にアイロンを差し込むように。

背中(後ろ身ごろ)にアイロンをかける

ベース面全体を使ってスイスイかける。

左前身ごろにアイロンをかける

左前身ごろをかける。前立ては空いた手で縫い目を引っ張りながら。

エリにアイロンをかける

空いた手で引っ張りながら、両端から中央に向ってかけ、熱いうちに形を整えておく。

マイクロスプレーでガンコなシワを伸ばす
がんこなシワには「マイクロスプレー」

綿や麻の衣類に。繊維の表面に効果を発揮しやすい細かい水粒子スプレーがシワにビシッとかかります。霧吹き代わりに便利です。

後ろに動かしてもシワがつきにくい

Wヘッドで左右対称の形。後ろに動かしてもシワがつきにくく、持ち替えずにスイスイかけられます。

細かいところまでキレイに。スピーディに。
広いところも狭いところもすばやく

[ワイドベース]
かけ面が大きくなった※1ワイドベースでスピーディに!

[スリムヘッド]
先端の細いヘッドが狭いボタンまわりにラクラク入り込む!

ワイドスペースとスリムヘッド

シワを伸ばす ハンカチのかけ方

糸がのびない方向(タテ糸)と平行にアイロンをすべらせる

ハンカチは、かけやすい真ん中からかけると、正方形がゆがんでしまいがちに。キレイな正方形に仕上げるには、まずアイロンをかける前に、糸がのびない方向(タテ糸)を確かめましょう。

のびない方向と並行にすべらせてながらかける
糸がのびない方向を確かめる

ハンカチを引っぱり、糸がのびない方向(タテ糸)を確かめる。

のびない方向に対して、平行にアイロンをかける

糸がのびない方向に対して、平行にアイロンをかける。

シルエットを整える パンツのかけ方

全体にスチームを浸透させた後、あて布で包んだアイロンで押す

「スチームの浮かしがけ」で全体にシワをのばした後、「すそ」→「折り目」→「胴回り」の順に「押さえがけ」。あて布を衣類の上に置くのではなく、アイロンをあて布で包むことで、折り目をつけたい部分が見えやすくなります。

スチームを通し、熱に強い「アイロン用あて布」について

全体にスチームを浸透させた後、あて布で包んだアイロンで押す
ハイパワーショット

浮かしがけでスチームを浸透させる。熱いうちに繊維を引っ張りシワをとる。

表と裏の縫い目を合わせ、すそがずれないように押さえがけ

表と裏の縫い目を合わせ、すそがずれないように押さえがけ。

押さえがけで、折り目をつける

押さえがけで、折り目をつける。

アイロン台の先端を使い、胴回りを押さえがけする。

アイロン台の先端を使い、胴回りを押さえがけする。

シルエットを整える プリーツスカートのかけ方

アイロン台にスカートをはかせてプリーツを整えながら押さえがけ

筒状のスカートは、アイロン台にはかせて。スカートを回してずらしながらアイロンをかけていくと作業がラク。プリーツを手で整えながら、アイロンで押さえがけします。

ポイントは押さえる
プリーツを整え、すそをアイロンで押さえる

プリーツを整え、すそをアイロンで押さえる。

ウエスト部分を少し引っ張りながら、ウエストに向かってかける

ウエスト部分を少し引っ張りながら、ウエストに向かってかける。

プリーツの折り目をしっかりつける

通常の約4倍増量※2した「ハイパワースチーム」で厚手のスカートも、プリーツをキレイに整えます。

プリーツの折り目をしっかりつける
全面からのたっぷりスチームでキレイに

どの方向からもまんべんなくキレイにかけられます。(当社コードレスアイロンとの比較)

詳しく見る

全面からのたっぷりスチームでキレイに

シルエットを整える ブラウスのかけ方

スチームの浮かしがけでシワをのばして、ふんわり仕上げ

やわらかいシルエットのブラウスは、ハンガーに吊るしたままで。スチームを全体にかけて、シワをのばします。

ポイントは浮かす
シワが気になる部分にスチームを浸透させる

シワが気になる部分にスチームを浸透させる。
熱いうちに、繊維を引っ張りながらシワをのばして整える。

\こちらもチェック/

ギャザースカートやふんわりシルエットのブラウスのケアには、衣類スチーマーもおすすめ

風合いをもどす ニットのかけ方

のびたソデぐちはスチームで毛を起こし、手で形を整える

形くずれやたたみシワが気になるニットも、スチームの浮かしがけでリフレッシュ。毛を起こしてふっくらさせるには、のびた部分にスチームを浸透させて蒸らし、手で形を整えます。

 

ポイントは浮かす
のびたソデぐちもスチームで元通りに
Wヘッドベース ベース全体からたっぷり
のびたソデぐちもスチームで元通りに

ニットにおすすめの「ハイパワーショット」。1ショットで通常の20倍量※3のスチームが出ます。

●写真はハイパワーショット時。スチーム写真はイメージです。室温が暖かい場合、スチーム/ショットの蒸気が見えにくくなります。

風合いをもどす ジャケットのかけ方

ハンガーに吊るしたままスチームでサッとお手入れ

シワに気づいたとき、ハンガーに吊るしたまま「スチームで浮かしがけ」すると、サッとお手入れできて便利。ニオイが気になるとき、洗えるスーツを干した後の仕上げにもおすすめです。

ポイントは浮かす
ハンガーショット 浮かせながらすべらせるように

背中や、ソデのひじの内側の部分など、シワが気になる部分に浮かしがけでスチームを浸透させる。
繊維を引っ張りながら、シワを伸ばして整える。

タバコや汗のニオイ・飲食臭を脱臭

タバコなど、衣類についたニオイが気になるときは全体にスチームで浮かしがけを。熱と蒸気の勢いで繊維についたニオイの粒子を除去。タバコや汗のニオイ・飲食臭を脱臭※4できます。

\こちらもチェック/

立体仕上げには、衣類スチーマーもおすすめ

風合いをもどす ネクタイのかけ方

縁にシワをつけないようにスチームで浮かしがけを

くたびれてしまったネクタイを復活させるには、スチームが役立ちます。アイロンで押しつけると、縁にシワがつくため、スチームで浮かしがけを。縁をふっくら仕上げましょう。

 

ポイントは浮かす
裏側からかけ、結びジワやたるみを整える

裏側からかけ、結びジワやたるみを整える。

丸めた新聞紙を通す

丸めた新聞紙を通す。

シワをけすように、スチームで浮かしがけをする

シワをけすように、スチームで浮かしがけをする。

こんなものもスチームでケア
ファー小物
ファー小物

寝てしまった毛並みがスチームでよみがえる。

カーペット
カーペット

凹みにスチームを当て固めのブラシで整える。

カーテン
カーテン

吊るしたまま当てて、シワやニオイ対策に。

スリッパ
スリッパ

スチームで毛を起こし触り心地よく仕上げる。

おすすめ商品

WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンかけをラクに、キレイに。

WLシリーズ商品写真
お出かけ前、帰宅後のサッとケアには、衣類スチーマー

NI-FS750

たっぷり使えてサッとシワとり タンク2倍モデル

*NI-FS550との比較。

ni-fs750商品写真

NI-FS550

手軽にサッとシワとり ベーシックモデル

ni-fs550商品写真

おすすめコンテンツ

アイロン・衣類スチーマーの違い

アイロンと衣類スチーマーの違いや、それぞれの得意なアイテムをご紹介

アイロン・衣類スチーマーの違いのバナーです。クリックするとサイトに遷移します

※1 当社2013年発売NI-WL702・WL602・WL502・WL402(ベース面積約156 cm²)と当社2019年発売NI-WL705・WL605・WL505・WL405(ベース面積約170 cm²)との比較。
※2 当社2019年発売NI-WL705・WL605・WL505の通常スチーム約3g/分、ハイパワースチーム最大約13g/分(11~13g/分)。
※3 当社2019年発売NI-WL705・WL605・WL505・WL405の1ショットのスチーム量(0.5秒:0.53 g)と通常スチームのスチーム量(0.5秒:0.025 g)の比較。
※4 タバコ臭・飲食臭について(当社調べ)[試験方法]ニオイをつけた(タバコ臭:約30 Lの試験容器内で、タバコ臭を約16分間付着。飲食臭:約90 Lの試験容器内で、魚、肉を焼いたニオイを約10分間付着。)綿の生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価。[試験対象]衣類に付着したタバコ臭・調理臭[試験結果]タバコ臭:臭気強度 1.2以上低下。飲食臭:臭気強度 1.5以上低下。●脱臭はショット使用時のみ。●脱臭効果の感じ方には個人差があります。●臭気効果は、周囲環境(温度・湿度)、スチームをあてる時間、臭気・繊維の種類によって異なります。