衣類スチーマーで着物ケア

衣類スチーマーで着物ケア

衣類スチーマーを使った、着物や帯、小物のお手入れ方法をご紹介します。

木綿きもの

木綿きものにアイロンをかける様子

1.着物をハンガーにかける。
2.着物の端を軽く持って、生地を伸ばしながら、アイロン面をあて、ゆっくりと滑らせるようにスチームをあてる。

木綿きものにスチーマーをかける前とかけた後の比較 木綿きものにスチーマーをかける前とかけた後の比較

半巾帯

衣類スチーマーを帯にあてている様子

1.帯をアイロン台に置く。
2.あて布をして、衣類スチーマーをスーッと置くようにあてる。

帯にスチーマーをかける前とかけた後の比較 帯にスチーマーをかける前とかけた後の比較
【おすすめのアイテム】
アイロン用あて布
NJ-A1

下が透けてみえるので、使いやすい。

和小物

【帯揚げ】
衣類スチーマーを帯揚げにあてている様子

1.帯揚げをハンガーにかける。
2.帯揚げの端を軽く持って、生地を伸ばしながら、アイロン面をあて、ゆっくりと滑らせるようにスチームをあてる。

【帯締め】
衣類スチーマーを帯締めにあてている様子

1.帯締めをアイロン台に置く。
2.少し離して、ふさに蒸気をあてる。
3. 温かいうちにふさを伸ばすように整える。

帯締めにスチーマーをかける前とかけた後の比較 帯締めにスチーマーをかける前とかけた後の比較
◆実演いただいた方はこちら
⽥中慎⼀さま
⻄陣織⼯業組合総代/
西陣 田中伝店主
⽥中慎⼀

伝統の良さを残しつつも現代的な感覚で楽しめる、モダン柄や洋柄を積極的に取り入れており、展示イベントなどで披露されるそのバリエーションは300種類を超える。一方で、従来の帯地だけでなくジャケット、バッグなど洋品雑貨の製造にも取り組み、西陣織の魅力をより多くの人に伝えるべく日々、邁進している。 その熱意やと新しい取り組みから2008年からは西陣織工業組合理事に就任、現代の西陣織の伝統と革新を担う人物の一人である。

◆実演の様子と使った感想を動画でチェック

\最新の衣類スチーマーはこちら/

NI-FS750

たっぷり使えてサッとシワとり タンク2倍モデル

*NI-FS550との比較。

ni-fs750商品写真

NI-FS550

手軽にサッとシワとり ベーシックモデル

ni-fs550商品写真

使い方をチェック

衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

●実演で使用している商品は2017年発売NI-FS530です。