チェックポイント2:決め手は乾燥スピード

チェックポイント02:決め手は乾燥スピード。のメインビジュアルです。朝、部屋干ししたワイシャツが乾いていなくて焦っているご主人と奥さんのイラストです。チェックポイント02:決め手は乾燥スピード。のメインビジュアルです。朝、部屋干ししたワイシャツが乾いていなくて焦っているご主人と奥さんのイラストです。

部屋干しは「スピード」最優先!

速く乾かしたい! 時間がない! 速く片付けたい!
衣類乾燥除湿機は「速い」のが一番。「速く乾かす」ことが、部屋干しのイヤなニオイを抑えるコツでもあるんです。

時間がない!
部屋干ししたワイシャツが乾いていなくて焦っているご主人のイラストです。
速く片付けたい!
部屋干しした洗濯物を早く片付けたくて焦っている奥さんのイラストです。
梅雨時で乾きにくい…
梅雨時に洗濯物を干せなくて困っている奥さんのイラストです。
雪で乾きにくい…
外が雪でなかなか乾かない洗濯物のイラストです。

ハイブリッド方式だから1年中スピード衣類乾燥!

パナソニックのハイブリッド方式衣類乾燥除湿機なら、洗濯物が乾きにくい梅雨時や、寒さと雪が続く冬場も、すばやく乾かすことができます。しかも、夏も冬もパワフルに除湿できるため、1年中すばやく乾かすことができます。

約2kgの洗濯物が約75分※1でカラッと乾く!

約2.0kg相当の衣類の量:Tシャツ3枚・Yシャツ2枚・パジャマ1組・下着7枚・靴下2足・タオル3枚が、梅雨時(20℃時)には約75分、冬(10℃)でも約97分で乾きます。約2.0kg相当の衣類の量:Tシャツ3枚・Yシャツ2枚・パジャマ1組・下着7枚・靴下2足・タオル3枚が、梅雨時(20℃時)には約75分、冬(10℃)でも約97分で乾きます。

カタログ表記はココをチェック!

家電のスペック表記は、メーカーによって試験の基準が異なる場合がありますが、衣類乾燥除湿機の「乾燥スピード」に関しては基準が統一されており、「6畳相当の部屋で、室温20℃・湿度70%のもと、約2.0kgの洗濯物を乾燥した時間」で表示されています。だから、数値の違いが、そのまま乾燥スピード性能の違いなのです。

*日本電機工業会自主基準(JEMA-HD090:2017)

パナソニック衣類乾燥除湿機カタログの、衣類乾燥時間を掲載しているページのクローズアップ写真です。
部屋干し臭も、「速乾」が解消!

部屋干しのイヤなニオイは、洗濯の時に落としきれなかった汚れの化学変化や、菌の繁殖によるものです。 生乾きの状態が長く続くと、菌にとっては過ごしやすく、 繁殖してしまうのです。イヤなニオイを抑えるコツは、 「とにかく速く乾かすこと」なのです。

部屋干しの洗濯物の生乾きの状態が長く続いてニオイが発生しているイメージイラストです。部屋干しの洗濯物の生乾きの状態が長く続いてニオイが発生しているイメージイラストです。
ハイブリッド方式
チェックポイント01:ハイブリッド方式。のイメージ画像です。クリックすると該当ページにリンクします。
部屋干し臭対策は?
チェックポイント03:部屋干し臭対策は?のイメージ画像です。クリックすると該当ページにリンクします。
気になる電気代は?
チェックポイント04:気になる電気代は?のイメージ画像です。クリックすると該当ページにリンクします。

※1:F-YHUX120において。日本電機工業会自主基準(JEMA-HD090:2017)に基づき試験を実施【試験条件】衣類の量 約2kg相当(Tシャツ3枚・Yシャツ2枚・パジャマ1組・下着7枚・靴下2足・タオル3枚)、60Hz、室温20℃、湿度70%、部屋の広さ6畳相当【試験方法】干し方パターンA(傘干しタイプ18本)。衣類乾燥・速乾モード、風向上下:上方向、風向左右:スポット、フラップ全開【試験結果】20℃(梅雨時)約75分、10℃(冬季)約97分。なお、実使用時の運転時間は、設置環境や衣類の種類・量・干し方により異なります。