All About × LED電球 プレミアX

All About × LED電球 プレミアXAll About × LED電球 プレミアX

総合情報サイトAll About(オールアバウト)で活躍する様々な分野のプロがLED電球「プレミアX」を体験! それぞれの視点から、プレミアXの魅力と使い方を語っていただきました。

LED電球「プレミアX」を使うことで、暖かい光は料理をより鮮やかに美しく彩り、スポットライトを浴びた料理のように

[ホームメイドクッキング ガイド]

黒田 民子(くろだ たみこ)

旬の食材を活かした家庭料理を紹介。様々なメディアへのレシピ提供でも活躍中。

黒田 民子(くろだ たみこ)
使用した光色:電球色、昼白色

プレミアXの電球色を食卓のペンダント照明に使いました。料理がいつもより色鮮やかになりどれもメインの一皿のように。特にカラーピーマンとベーコンの炒めものでは、赤や黄色、緑の色味が白い大皿に盛り付けられるときれいに映え、さらに立ち上がる湯気までくっきり見えて食欲が増しました
これまで使用していた蛍光灯は明るい一方で料理の暖かさを感じにくかったのですが、ペンダントでの電球色照明により料理がスポットライトを浴びているようで豪華な食卓になりました
また昼白色の「プレミアX」はキッチンの壁面に付けると素材の色合いが良く映えました

鮮やかなだけでなく、より艶やかでイキイキとした質感

※イメージです。

時間や過ごし方に合わせて使い分けられる、色の種類が豊富なLED電球「プレミアX」

[家具・インテリアコーディネート ガイド]

土橋 陽子(どばし ようこ)

自分らしく豊かに暮らしたい方の為のインテリア案内人
「暮らしを楽しみたい生活者と、ライフスタイルを提案する企業・メーカーとの通訳」として、デザイン、執筆、コーディネートの仕事をしています。有名インテリアショップでの定番家具開発を通じて得た知識と、母親の視点、一人のインテリア好きの女性の立場から、家具選びのポイントやブランドストーリーを丁寧に解説。

土橋 陽子(どばし ようこ)
使用した光色:温白色、昼光色

インテリアの印象を劇的に変えたい場合は、照らし方やあかりの色合いを変えることでグッとインテリアの質を上げることができます。例えばスポットでお気に入りの場所を照らし、他の照明を絞ればドラマチックな演出ができますし、床に近い場所を電球色で照らせば落ち着きが生まれリラックス空間に。色合いを美しく見せる温白色で食卓を囲めば、いつもの料理も見栄え良く楽しめます。
プレミアXの温白色をリビングに使用したところ、従来の電球色よりも被写体の色が自然な美味しい色合いになるので、電球色特有の黄色い色味がなくなり、より美味しそうな料理の写真が撮れます。これまではSNSに写真をアップする際に少し青みがかり、かつ美味しそうな色合いに調整するのに苦心していましたが、色味調整も格段に容易になりました。また、読書灯として使用しているフロアライトの電球を、勉強や読書に向いているといわれる昼光色に変えたところ文字の黒が浮き立って読みやすく感じました。私自身、最近読書が捗らないことが多かったのですが、照明を変えることで集中できました

現在家で使っている同じ60W相当の全方向型よりも照らす範囲が広く感じたこともあり、場所や時間、過ごし方に合わせてどの照明をつけるのかを選べるようにしてみようと思っています。

電球色と昼白色の中間色にあたる「温白色」含む4つの光色

※イメージです。

室内に自然光を灯すLED電球「プレミアX」。四季のある日本の住宅に適した「温白色」

[カラーコーディネート ガイド]

松本 英恵(まつもと はなえ)

似合う色、売れる色を提案する、カラーとイメージのエキスパート
パーソナルカラー、色彩心理、カラートレンド(流行色)、カラーマーケティングの知見を活用し、カラーコンサルティングを行っています。コラムや講演もご好評いただいています。著書に『人を動かす「色」の科学』(サイエンス・アイ新書)などがあります。 

松本 英恵(まつもと はなえ)
使用した光色:温白色

明るさと光の色を調整できる調光機能を備えた照明器具が普及してきましたが、玄関ホール、廊下、階段などは、調光機能のない照明器具をつけるのが一般的です。電球色をつけると暖かみのある空間になりますが、やや暗く、真夏はやや暑苦しく感じることも。昼白色をつけると明るさ感が増し、爽やかで活気のある空間となりますが、冬は冷え冷えとした印象になることもあります。
プレミアXの温白色の色温度は3500K。電球色(2700K)の暖かみと昼白色(5000K)の明るさ感の両方を兼ね備えており、四季のある日本の住宅に適した照明光だと思います。
カラーコンサルタントとして活動していく上で、光による色の見え方(演色性)の違いはとても関心があります。プレミアXの平均演色評価数は、自然光に近いRa90。美術館や手術室などに設置される照明光と同じ水準なので、室内でも自然な色を見ることができます
私自身は商品やコーディネートの撮影は昼白色、オンライン会議は昼白色か昼光色、オンライン飲み会や料理を撮影するときは温白色か電球色というように、電球を付け替えて雰囲気の違いを楽しんでいます。

断熱材施工器具対応だからダウンライトにも使える

※イメージです。

光の色で大きく変わる?LED電球「プレミアX」のシーン別おすすめの使い方光の色で大きく変わる?LED電球「プレミアX」のシーン別おすすめの使い方

LED電球「プレミアX」のあかりの色は4種類。
お部屋での服選びやオンライン会議などシーン別の使い方や使い分けのコツについて。

マスク時代のメイクにもぴったり。自然光で血色メイク

[ビューティティップス ガイド]

NANA (なな)

ヘアメイクアップアーティスト。OL時代の経験を活かした実用的なメイクや、大人のカラーメイクなどに定評がある。美容雑誌や広告、化粧品開発アドバイザーなど幅広く活躍中。 

NANA (なな)
使用した光色:昼白色

外で自分の顔をみてギョッとしたことはありませんか? 「チークが濃すぎた!」「肌のあらが隠れてない!」と私はふと鏡に映った自分の顔に絶望したことがあります。 メイクを上手に仕上げるポイントは自然光に近い光を顔に満遍なくあてること。多くの失敗の原因は、自然光が全く入らない場所で白熱灯のオレンジ色が強い中でメイクをすること。 赤みの認識がしづらく、濃いメイクになってしまいます。 といっても常に自然光が入る環境でメイクができるとはかぎりません。
自然光の再現性が高いプレミアXなら、部屋の明かりと外での見え方が近くなるため、ナチュラルなメイクに仕上がります。マスクが欠かせない昨今、目元に温かみをだすメイクが流行しています。この明かりのもとでメイクをすれば思った通りの血色感の仕上がりを実現できます。

平均演色評価数(Ra)は、自然光に近い「Ra90」※1

※イメージです。

E26口金 一般電球タイプ 全方向タイプ プレミアXE26口金 一般電球タイプ 全方向タイプ プレミアX

ピックアップ

パルックLED
スペシャルサイト
パルックLEDスペシャルサイト
LED電球の選び方
LED電球の選び方
あかりの歴史
パナソニック あかりの歴史
あかりの取り組み
あかりの取り組み

※1 赤・黄・緑・青の平均的なあざやかさを表す数値が基準光と同じ100です。
•Ra(平均演色評価数):色の見え方(演色性)を示す数値。100に近いほど、本来の自然の色を出せる性質が高くなります。

•使用シーンはイメージです。
•写真はイメージです。ご使用の環境により、色味や雰囲気は異なります。