LED電球 徹底解明!よくわかる良質設計の裏側!

LED電球徹底解明!よくわかる良質設計の裏側! LED電球徹底解明!よくわかる良質設計の裏側!

【チャンスは毎週】
豪華プレゼントが当たる!
LED電球クイズキャンペーン実施中!

LED電球の中身がどうなっているか知っていますか?
下の写真が、組み立てる前のLED電球。高度な電子部品が使われていて、部品の数は約60個です!
部品数は白熱電球の約7.5倍 部品数は白熱電球の約7.5倍
それでは、このLED電球をより長く安心してお使いいただくために、パナソニックが取り入れている工夫を私たちと一緒に見ていきましょう!

よいLED電球の条件1 長寿命

長寿命のために、パナソニックが工夫しているポイントは?

部品段階から一つ一つ妥協しない選定!

パナソニックのLED電球は、長寿命を実現するために、部品も素材も厳しい基準を設けて一つ一つテストをしています。さらに、テストをクリアした部品は、組み上げた状態でも厳しい基準を設けて試験。両方の試験をクリアした部品でないと、パナソニックのLED電球の部品としては採用されません。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
この小さな点灯回路に、こだわりの部品が約40個も使われているんですね!
部品単体でも、組み上げた状態でも、採用のための試験をしています。

見えない部分も美しく!
美しい部品の配列がLED電球の長持ちのヒミツ​

次にこだわっているのが、実際の使い方もふまえて長寿命を実現できるかということです。
LED電球が短寿命になる原因の一つに電源回路の故障があります。
LED電球の中身は意外と高温。点灯・消灯の繰り返しにより電源回路、特に電子部品はダメージを受けます。パナソニックのLED電球は小型化を実現しながら電子部品へのダメージを抑えるよう部品の配置を工夫しています。
見えない部分も「整理・整頓」された美しい配置が品質向上につながっています。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
ダメージが少なくなるよう部品を配置することで、電子回路へのストレスを軽減しています。
基板の美しい配置が、部品の劣化を抑えるのにつながっているんですね。

開発に妥協なし!
部品選定・設計・組立て全てにおいて高い品質基準!

LEDと部品は、長寿命とはいえ使っているうちに少しずつ劣化します。
特に周囲温度の影響を受けやすいため、温度がこもりやすい器具でランプを使用した場合に劣化しやすい傾向があります。

パナソニックではさまざまな種類の器具でランプをご使用いただいても、劣化の度合いが寿命の基準を守れるよう部品の選び方やランプの設計、組立てなどそれぞれに高い品質基準を設定しています。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
これは、LED電球の光の量と質を測定する「積分球(球面光束計)」です。
LED電球をさまざまな条件下で点灯させることで、実際の使用中の変化を確認しています。

よいLED電球の条件2 スイッチとのマッチング

どのスイッチと組み合わせても使えますか?

スイッチも作るパナソニックだから、電球との相性もばっちり!

パナソニックは、LED電球だけでなく「スイッチ」や「照明器具」も開発・製造しています。そのため、スイッチ部門や照明器具部門と連携して、さまざまな適合試験を実施しています。
LED電球がスイッチに適合していない場合、スイッチ内のランプが点滅したり、スイッチがオフなのにLED電球がうっすら点灯したりなどの不具合が起きる可能性があります。
パナソニックのLED電球は、「高機能スイッチ対応回路」を搭載することで、さまざまなスイッチに対応する設計になっています。

LED電球がスイッチに適合していない場合 LED電球がスイッチに適合していない場合
開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
さまざまなスイッチとLED電球の相性を考えながら開発を進めています。
調光機能付きスイッチは、調光器対応用のLED電球を使う必要がありますよ!
左のマークが調光器対応マークです。調光機能付きスイッチにはこのマークのついたLED電球を選んでください。

パナソニックのLED電球は、ほたるスイッチとの適合もOK!

暗がりでもスイッチの位置がわかるようにスイッチに小さいランプがついていると、スイッチの位置がわかって便利ですよね!パナソニックでは、「ほたるスイッチ」と呼んでいます。
ほたるスイッチにはさまざまなタイプがあって、それぞれ適正な電流値じゃないとスイッチ内のランプが点滅したり、動かないことがあります。
スイッチの特性をわかっていないと対策がとれない、ということですよね。パナソニックではほたるスイッチも適合しているんですね。

●ほかにもパナソニックにはいろいろなスイッチがあります。スイッチに関する詳細はコチラ
●機種によりご使用可能な灯数制限がございます。
  ・ 高機能スイッチについてはコチラ
  ・ 調光機能付きスイッチについてはコチラ

よいLED電球の条件3 光の色の均一性

電球色って商品によって光の色味が違いませんか?

パナソニックのLED電球の電球色は、
どれも色の印象が一緒です!

公的な色規格では、「電球色」について規定されている色の範囲が広いので、同じ電球色の商品といっても色範囲の端と端になってしまうと、色の印象が違ってしまいます。
パナソニックでは、商品によって色のバラつきが出ないように、同じ品番はもちろん、タイプが違う商品でも電球色の「色の範囲」を、公的な色規格よりも狭い範囲に絞り込んで、その中に収まるように設計しています。だから、パナソニックのLED電球は、同じ品番はもちろん、一般電球タイプもボール電球タイプも色の印象は一緒です。

※ 2016年以降に発売の電球色のLED電球。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
色味にかなり幅がありますが、公的な色規格では、これがすべて電球色です。
複数の電球を使う照明器具で一つだけを交換する場合も、色の印象が異なることがありませんよ。
お部屋のあかりの色がそろうと雰囲気もいいですね!

よいLED電球の条件4 モノの色の見え方

モノの色の見え方もLED電球選びには大切なの?

食事が美味しそうに見えたり、肌の色が自然に見えます!

お店で見た洋服の色が家や外では違う色に見えたことはありませんか?これは、光によって色の見え方が変わるのが要因です。この色の見え方の指標を「演色性」と言います。
パナソニックのLED電球は、自然な色に見えるように、ほとんどのLED電球で、Ra84の高い演色性を実現しています。食べ物はおいしそうに、花や植物は美しい色に、メイクやお洋服の色も自然に見えます。LED電球選びでは、演色性もぜひチェックしてください。

※演色性の単位は、Ra(平均演色評価数)を使い、100に近いほど、演色性が高く、自然光で照らされた時に近い色を再現できます。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
演色性が高いLED電球なら、毎日の食事がおいしそうに見えますよ。
お洋服の色、肌の色も自然に近く見えるのもいいですね。

よいLED電球の条件5 省エネ

省エネについてこだわっているポイントは?

商品ごとに、部品配置等の最適化による省エネを実現しています!

LED電球で省エネを実現するためには、LEDをいかに効率の高い状態で使うかがポイントとなります。そのためには、熱の影響をできるだけ減らすことが必要です。パナソニックのLED電球は、商品ごとにLEDの数や配置を最適化して、LEDモジュールへの熱の影響を減らすことで省エネを実現しています。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
この小さなパーツの中で、省エネのために工夫がされているんですね。
商品ごとにLEDの数や基板の配置を変えて、省エネに最適な構造にしているんです。

よいLED電球の条件6 高い品質

長く使うものだから、万が一のことも心配ですよね。

長く、安心して使えるように約120項目の試験を実施しています!

パナソニックは、LED電球を長く、安心して使っていただくために、公的な試験項目(約25項目)を100項目近く上回る数の試験をしています。性能、寿命、安全性、照明器具との適合など、さまざまな面から厳しい試験を実施しています。
たとえば、使用範囲は0~40℃ですが、それを超える厳しい温度環境下でも、安全面では問題がないか、発煙事故を起こさないかをLED電球単体だけでなく、照明器具に入れた状態で高温な環境に放置して、確認しています。
安全性の面では、仮に寿命の40000時間を超えて使い続けた場合も想定し、異常時には回路の動作を止めるなど、安全性をとことん追求した設計にしています。

※当社の試験項目120項目の中で公的な試験項目に該当しているのが25項目。

開発者のココだけの話 開発者のココだけの話
高温な環境にLED電球の部品を入れているところと、昼夜続けての連続点灯をしているところです。
寿命が過ぎた後のことも想定し、安全性が確保できるかをチェックしています。
安心・安全に使えるLED電球をお届け 安心・安全に使えるLED電球をお届け

LED電球のことがもっとよくわかる 良質設計のヒミツやクイズキャンペーンも公開中!