明るさ・省エネ

LEDに切り替えて明るく省エネなくらしへ LEDに切り替えて明るく省エネなくらしへ

私たちの家庭では、照明器具が多くの電力を消費しています。
LEDシーリングライトに切り替えて、明るく省エネなくらしを送りませんか?

家庭における照明器具の消費電力量

照明は家庭における消費電力量の第2位をしめており、その割合は全体の約13.4%にも達しています。

■家庭における機器別エネルギー消費量の内訳について(平成21年)

電気冷蔵庫14.2%、照明器具13.4%、テレビ8.9%、エアコン7.4%、電気温水器5.4%、エコキュート3.8%、温水洗浄便座3.7%、食器洗い乾燥機3.7%、その他家電39.5%

・世帯当たり電気使用量4,618kWh/年(平成21年)
※資源エネルギー庁 平成21年度民生部門エネルギー消費実態調査(有効回答10,040件)および機器の使用に関する補足調査(1,448件)より日本エネルギー経済研究所が試算

LEDシーリングライトは、従来の蛍光灯器具と比べてこんなに違う

節電
消費電力が低く、使い続けるほど電気代がお得になります。

■消費電力比較
適用畳数~12畳の場合

蛍光灯器の消費電力89Wに比べて、LEDシーリングライトは32.3Wと約63%ダウン。

■電気代比較
適用畳数~12畳の場合

10年後の電気代を比較すると、蛍光灯器具は約48,000円、LEDシーリングライトは約17,000円と約3.1万円の差。

【電気代の算出条件】1日5.5時間、年間2,000時間点灯、電力量目安単価を27円/kWh(税込)

※当社2006年発売100形ツインパルック蛍光灯器具(HHFZ5335)と2018年発売LEDシーリングライト(HH-CD1244A)との比較を参考として表記
※100形ツインパルック蛍光灯器具(HHFZ5335)は生産完了

調光・調色
1台で明るさや光の色を調整できます。

調光

約5%、約50%、100%での部屋の見え方の比較写真です

調色

昼光色・電球色の調節可能
長寿命
面倒なランプ交換の必要※1もありません。

■光源寿命比較

[LEDシーリングライト]40,000時間(※2)[蛍光灯パルックプレミア20000]20,000時間[丸型蛍光灯(3波調型)]6,000時間

※1 故障時には修理が必要です。
※2 光束維持率70%

パナソニックのLEDは、畳数基準内で最大光量の明るさ※3

LED照明器具の明るさは、日本照明工業会によって定められた基準があります。

パナソニックのLEDシーリングライトは独自の技術で、畳数基準内で最大光量の明るさ※3と高い省エネ性能を両立しています。

■LEDシーリングライトの適用畳数の表示基準とパナソニックのLEDの明るさ

各畳数基準内で最大光量の明るさ!(※1) 各畳数基準内で最大光量の明るさ!(※1)

[表の見方]

パナソニックのLEDシーリングライトの明るさ ~14畳の基準内で最大光量の明るさ(※3)6099lm パナソニックのLEDシーリングライトの明るさ ~14畳の基準内で最大光量の明るさ(※3)6099lm

LED照明器具の明るさの表記について

lm(ルーメン)

lm(ルーメン)で表します。

これは、LED照明器具から放出される初光束のことです。数値が大きいほど明るい照明ということを表します。

(一社)日本照明工業会による

■適用畳数の表示基準

「適正畳数」の表示基準(おすすめ畳数は、天井高さ2400mm、1畳の広さ1820mm×910mmの条件下での数値です。)

●「適用畳数」は、居間・応接室・寝室などの居室の全般照明に使用する器具に表示しています。
●この表はあくまでも目安です。セードのデザインや材質によっては異なる場合があります。詳しくは各商品の仕様にある畳数表示をご参照ください。
●高齢者の方には、実際のお部屋の畳数値より1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。またお部屋の内装色は濃い場合にも、1ランク上の畳数表示の器具をおすすめします。

・適用畳数の表示基準の表は、一般社団法人日本照明工業会ガイドA121:2014住宅用カタログにおける適用畳数表示基準をもとに作成したものです。

※3 パネルシリーズ(シンプルモデル)/目覚めのあかり搭載タイプ(HH-CB1071A、0871A)/フレーム装飾タイプ(HH-CD1232A、0832A/CD1237A、0837A/CD1238A、0838A)/和風シリーズは除く。初期光束の場合。明るさは使用により徐々に低下します。一般社団法人日本照明工業会ガイドA121:2014住宅用カタログにおける適用畳数基準より。

明るさはそのまま、省エネ性能アップ※4

従来品と比べて、約9%エネルギー消費効率がアップ※4

■固有エネルギー消費効率比較

従来品HH-CB1233Aと新光拡散レンズ搭載HH-CD1244Aの固有エネルギー消費率比較グラフです。従来品に比べ、約9%アップ

固有エネルギー消費効率について

lm/W(ルーメンパーワット)

lm/W (ルーメンパーワット)で表します。

消費電力1Wあたりで、どれくらいの明るさ(lm)を生み出すことができるかを表した数値です。lm/Wの数値が大きいほど、エネルギー効率が良いあかりということを表します。

※4 当社2016年発売LEDシーリングライト(HH-CB1233A)と2018年発売LEDシーリングライト(HH-CD1244A)との比較を参考として表記。LEDシーリングライト(HH-CB1233A)は生産完了

エコナビ

ECONAVIでお部屋の明るさを1日中自動でコントロール。 ECONAVIでお部屋の明るさを1日中自動でコントロール。 ECONAVIでお部屋の明るさを1日中自動でコントロール。
エコナビで自動で調光し節電 エコナビで自動で調光し節電 エコナビで自動で調光し節電

●写真はイメージです。

ヒミツはパナソニック独自の「明るさセンサー」。お部屋の明るさを検知して自動で調光。設定した明るさ環境を保ちながら、ムダな消費電力をカットします。
検知範囲

●器具取付時には、外光がない状態(夜間)でのお部屋の環境設定(初期設定)が必要です。
●明るさセンサーに入る光の量は、お部屋の環境に大きく左右されますので、お部屋のレイアウト(絨毯、机の色や配置)が変わったときは、再度設定してください。

注) 記載の検知範囲は、あくまで目安としてお考えください。
注) 他の照明や人の動き、家具の色味や配置など、外光以外で明るさが変化する場合があります。

検知範囲

使用電力削減例

普段モード100%点灯(昼光色)とエコナビ点灯との比較
LEDシーリングライト(~12畳用:HH-LC714A)において
435円節約(16,118Wh削減) 電気代約73%カット 435円節約(16,118Wh削減) 電気代約73%カット 435円節約(16,118Wh削減) 電気代約73%カット

※5 エコナビ点灯の初期設定は100%の明るさを基準としています。
※6 1ヵ月使用電気代(1ヵ月使用電力量)。電力料金目安単価27円/kWh(税込)で算出。

測定条件

測定期間:2016年5月10日~6月9日
測定場所:兵庫県宝塚市マンション4階
リビングルーム 緯度:34°50′ 経度:東経135°21′
室条件:間口2.6m 、奥行き6.1m 、天高2.4m、カーペット床
窓条件:南向き1ヶ所、幅2.0m、高さ1.8m(日当り良好)
点灯時間:7時~23時までの16時間点灯

※ 総務省統計局 平成23年社会生活基本調査より

測定条件
立地条件、気象条件、季節による日照時間によって省エネ率は変動します。
1ヵ月天気概要:晴20日間/曇10日間/雨1日間

当社独自の基準に基づくものです。

エコナビ点灯時の最大の明るさを調整できます。

エコナビ点灯時に明るさ調整ボタンを押すごとに明るさが変化します。

エコナビ点灯時の最大の明るさを調整できます。 エコナビ点灯時の最大の明るさを調整できます。 エコナビ点灯時の最大の明るさを調整できます。

●写真・イラストはイメージです。ご使用の環境により、色味や雰囲気は異なります。