パナソニック ワイルドナイツも認めた!ボディトリマー

見た目の美しさだけでなく、ケガをした際の処置のしやすさやパフォーマンスの向上など、さまざまな理由から体毛ケアに取り組むアスリートたち。日本ラグビーの野武士軍団・パナソニック ワイルドナイツでも、所属選手の多くが日常的にケアを行っているといいます。そこで今回は、若手選手3名に「ボディトリマー」をご使用いただき、その感想をうかがってきました!

パナソニック ワイルドナイツも認めた!ボディトリマーパナソニック ワイルドナイツも認めた!ボディトリマー

パナソニック ワイルドナイツ

ジャパンラグビートップリーグに加盟するパナソニック ワイルドナイツは、何度倒れても前に進み続ける肉体的強さと、何事にも砕けない精神的強さを誇る“野武士軍団”。単に勝利を追求するのではなく、「次代を担う子どもたちに夢を持つことの素晴らしさを伝える」ことをチームミッションに、ラグビーの楽しさ、スポーツの喜び、夢を持つ素晴らしさを、試合や各種活動を通じて発信し続けている。

WILD KNIGHTSWILD KNIGHTS

パナソニック ワイルドナイツの若手選手が、ボディトリマー初体験!

藤田慶和選手

1993年生まれ。ポジションはWTB ウイング、FB フルバック。男子セブンス日本代表。体毛は薄いタイプで、太もも裏側のみ処理している。

藤田慶和選手の使用実感を見る
森谷圭介選手

1994年生まれ。ポジションはFB フルバック。体毛ケアをはじめたきっかけは、ケガをしないための「願掛け」。

森谷圭介選手の使用実感を見る
竹山晃暉選手

1996年生まれ。ポジションはWTB ウイング、FB フルバック。2019年4月、パナソニック ワイルドナイツに入団。毛深いのが悩み。

竹山晃暉選手の使用実感を見る

藤田慶和選手×ボディトリマー

勝つだけでなく、ラグビーの魅力を伝えていくことも僕たちの使命。

藤田慶和選手藤田慶和選手
すべてを整えた状態で試合に臨みたい

試合前は眉毛やヒゲなど身だしなみを整えるだけでなく、部屋もきれいにするのがルーティンです。そうすることで、すっきりした気持ちで試合に臨むことができるんです。体毛で気になるのは太ももの裏。特に濃い方ではないのですが、ここに汗がたまるとすごく気になるので、まめに処理するようにしています。ただ、眉用の小さいシェーバーを使って剃っているので、結構時間がかかるんですよね(笑)。

きれいに剃れて、肌にも優しいのがいいですね

ボディトリマーは初めて使いましたが、想像以上にパワフルで、細かい産毛まで一気に剃れて驚きました。剃り上がりもツルツルで、自分の肌じゃないみたい(笑)。ラグビー選手は足の毛を剃る人が多いので、このボディトリマーは絶対に喜ばれますよ。肌当たりも優しいし、早くきれいに剃れるし、言うことなしです。充電式で、遠征先にも手軽に持って行けるのがいいですね。

ワールドカップが開催される今年は、より多くの人にラグビーを知ってもらえるチャンス。日本代表として出場できるように、そして、ラグビーの魅力をみなさんに伝えられるように、身体も心も整えて、しっかり準備していきたいと思います。

写真:藤田慶和選手がボディトリマーを使用
写真:藤田慶和選手のプレイ中の様子

森谷圭介選手×ボディトリマー

ラグビーのためにできることを常に探しています。

森谷圭介選手森谷圭介選手
体毛ケアのきっかけは“願掛け”でした

体毛ケアをはじめたのは社会人1年目。きっかけはいわゆるゲン担ぎ…“ケガ(毛が)なし”という願掛けです。だいたい週1ぐらいのペースでスネ毛を中心に処理していますが、ヒゲ剃りと兼用のT字カミソリを使っているので、刃の消耗が早いんです(笑)。肌を傷つけないためにもマメに交換するべきなんですけど、つい後回しにしがちです。

体毛ケアのメリットは、テーピングをはがすときに痛くないこと。メディカルトレーナーいわく、毛が長いとテープが密着しないためずれやすく、巻きにくいそうです。

森谷圭介選手
写真:森谷圭介選手がテーピングを施されている様子
ドライとウェット、両方使えるのは便利ですね

今までの剃り方だと、カミソリの柄の部分に泡がついて手がすべりそうになったり、早く剃ろうとして肌を切ってしまうことがありました。でもこれはドライでも使えるので、気が向いたときにすぐに使えて便利ですね。ボディトリマーは初めて使いましたが、刃をしっかり当てても痛くないし、一気に剃れて、剃り残しもありません。僕の場合、体毛ケアは願掛けの意味合いが大きいので、短時間でここまできれいにできると気持ちも上がりますね。

今年はワールドカップイヤーなので、これを機に、ラグビーに興味を持ってくださる方が増えるとうれしいです。ラグビーのために自分ができることを探して、プレイ以外の面でも貢献していきたいです。

写真:森谷圭介選手がボディトリマーを使用
写真:森谷圭介選手のプレイ中の様子

竹山晃暉選手×ボディトリマー

体毛ケアはモチベーションの向上にもつながると思う。

竹山晃暉選手×ボディトリマー竹山晃暉選手×ボディトリマー
筋肉のキレをきれいに見せたい

実は、体毛処理ってしたことがないんです。毛深いのがコンプレックスで何とかしたいと思いつつも、一度はじめたら年がら年中処理しなくちゃいけなくて、逆に大変そうというイメージがあって…。でも、うちのチームで足の毛を処理している人って、みんな筋肉の見え方がすごくカッコいいんですよ!僕も足の筋肉が結構発達してるんで、剃ったらいい感じになるんじゃないかな〜って(笑)。あと、ファッションも大好きなので、夏なんかは短パンもカッコよく履けるんじゃないかなって期待してます。

感覚で使えて、毛深くても一発で処理できるのがすごい!

見てください、この足。自分の足とは思えないぐらいきれい!毛が濃いから時間がかかるのは覚悟してたんですけど、一発で気持ちよく処理できました。操作もしやすくて、見えにくい太ももの裏側なんかも感覚でサーッと剃れました。膝上の筋肉のキレもばっちり見えるし、肌も色白になったみたい。心なしか足も長く見えませんか?(笑)。ちょっと気になったときにすぐ使えるし、本体を丸ごと水洗いできるのも便利でいいと思います。

自分に自信が持てると、モチベーションも上がりますね。練習とボディトリマーで自分を磨きつつ、みなさんの期待や声援に応えられる華のある選手を目指して、これからも頑張ります!

写真:竹山晃暉選手がボディトリマーを使用
写真:竹山晃暉選手のプレイ中の様子

パナソニック ワイルドナイツの選手も認めた「ボディトリマー」の実力

3選手とも、ボディトリマーの使用感に大満足の様子。ときに面倒に思えるお手入れも「肌を傷つけず、しかも短時間でできるのがいい」「お風呂剃りもできて、そのまま本体水洗いOKなのもうれしい」と、その実力に太鼓判を押してくれました。
パナソニック ワイルドナイツの選手も認めた「ボディトリマー」で、あなたも全身グルーミングをはじめてみませんか?

ボディトリマー ER-GK80

スポーツに、ファッションに。剃りやすさ、使いやすさを追求したボディトリマー。

詳しく見る