MEN'S 40+ 大人の男のためのプラス情報 美をプラス 大人の美活チェック MEN'S 40+ 大人の男のためのプラス情報 美をプラス 大人の美活チェック

ミネラル不足は薄毛や肌荒れに現れる!体調不良に繋がる「ミネラル不足」リスクチェック

薄毛や肌荒れから見た
体調不良に繋がる「ミネラル不足」リスク度
あなたはいくつ該当しますか?

ミネラルを意識して、日々の食事に取り入れてますか?
ミネラル不足の症状が薄毛や肌荒れに出ていないかチェック!

ミネラル不足は薄毛や肌荒れに現れる!体調不良に繋がる「ミネラル不足」リスクチェック
リスク10%

「国が行う調査の結果でも年代・性別を問わず、ミネラルは不足しがちです。」

Check1 3食しっかりと食べているから大丈夫

Check2 ミネラルがどう働いているか考えたことがない

Check3 鉄分の不足は女性の問題だと思っている

日本の土にはミネラルが少なく、通常の食事ではミネラルが不足する可能性が高いのです。まずは必須ミネラルの働きについて調べてみませんか?

リスク30%

「皮脂は頭皮を守るもの。取り過ぎると頭皮は乾燥します。」

Check1 揚げ物ばかり食べている

Check2 カロリーを気にして食事をしており、体型維持できている

Check3 加工食品をよく使う

乾燥は皮脂の過剰な分泌を引き起こしたり、ふけの原因になったりします。環境をコントロールすることも頭皮を守るために大切です。

リスク70%

「ミネラル不足が続くと、体に貯蔵されているミネラルでは補えなくなってきます。」

Check1 最近疲れやすい

Check2 爪が割れやすい

Check3 痩せにくくなった

リスク90%

「ミネラルバランスが崩れている可能性が高いでしょう。」

Check1 抜け毛が多い

Check2 肌に湿疹がよくできる

Check3 アレルギーが年々ひどくなっている

基本的な食事を見直すことはもちろん、専門のクリニックでどのミネラルが不足しているか調べることをお勧めします。

どれもあてはまらなかった方は

上記のような習慣や変化をチェックしてケアしてきましょう。

リスク0%

+コラム ミネラルについて学んで、不足しがちな日々の食事に取り入れよう!

ミネラルの摂取量が実はとても不足している事実

頭皮に欠かせないミネラル、診療の現場でも必要性をお伝えしているのですが、まだまだご存知ない方が多いのが現状です。美容に必要なミネラルは、健康にも大切なミネラルばかりです。

しかし、厚生労働省から発表されている、日本人の食事摂取基準(2015 年版)と平成27年国民健康・栄養調査の結果を比較すると摂取量が不足しているミネラルが多いことが明らかです。

フレッシュジュースをおうちで楽しもう!

さらっと飲みやすいフレッシュジュースが楽しめる高速ジューサーです。パナソニック独自のフルメタルスピンナーを採用。フィルター部分にかすがたまりにくく、目詰まりが少ないから、従来機種に比べて短時間でたくさん絞れます。シンプルな構造だから組み立てもカンタンでお手入れもラクラク。

ミネラル不足の症状はじわじわと現れる

身体には貯蔵されているミネラルがあるので、1度の食事で不足していても、いきなり症状が出ることは稀です。じわじわと貯蔵されている余力を減らしてしまっていると、ある限界を超えた際に症状が出ると考えるのが自然なのではないでしょうか。そのミネラル不足を始めに気付くことができるのが肌や髪、爪といった美容面での症状なのです。

不足しがちなミネラルを日々の食事に取り入れよう

注目すべきミネラル

今回はその中でも注目すべきミネラルについて解説します。

亜鉛

40代男性の食事摂取基準量10㎎/日に対し、摂取量は9.0㎎と不足しています。牡蠣に豊富に含まれていますが、肉、魚介類、野菜、マメ類、卵黄など多くの食品に含まれています。体内で300種類以上の酵素反応に関与していると言われており、特に細胞内代謝機能に重要です。亜鉛が不足し細胞の代謝が低下すると、まずは肌荒れや情緒不安定と言った症状が見られ、次第に味覚障害や鬱といった重篤な症状に繋がっていきます。

40代男性の食事摂取基準量7.5㎎/日に対し、摂取量は7.5㎎と何とか必要量は維持されていますが油断するとすぐに不足してしまいます。鉄というと貧血と思ってしまいますが、実はミトコンドリアにおけるエネルギー産生に大きくかかわっており、不足すると代謝が悪くなり痩せにくくなったり、肌の調子が悪くなったりします。シジミやレバー、小松菜などに多く含まれています。

ケイ素

食事摂取基準量は定められていませんが10㎎以上は必要ではないかと言われています。コラーゲンを束ねる性質があり、骨や爪、髪、肌などに多く含まれています。日本の土壌にはもともと含有量が少ないため摂取不足になりやすく、更に、加工食品を多く摂取することで消費されていきます。不足すると爪が割れやすくなったり、髪のコシがなくなり、さらに不足すると肌のタルミ、抜け毛へと繋がったりしていきます。野菜や海外製のミネラルウォーターに多く含まれています。

カルシウム

40代男性の食事摂取基準量650㎎/日に対し、摂取量は459㎎とかなり不足しています。カルシウムは体内で最も豊富なミネラルなので、不足している場合は骨や歯といった貯蔵部位から補充されることになります。体内での主な働きは神経の伝達や筋肉の収縮なので、不足した場合には疲れやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなったりしります。魚介類や海藻、小魚に多く含まれています。

マグネシウム

40代男性の食事摂取基準量370㎎/日に対し、摂取量は249㎎とかなり不足していると言えます。抗酸化物質の活性化やミトコンドリアでのエネルギー産生に係っています。飲酒や糖質や脂質の多い食事、周防レスにさらされると消費されてしまいます。不足していると疲れやすくなったり、いらいらしやすくなり、痩せにくくなります。青のりやひじき、昆布などに多く含まれています。

アルミニウム

アルミニウムは摂り過ぎに注意しなければならないミネラルです。先ほど紹介したケイ素と負の相関をすることが示されており、アルミニウムの摂取が多いとケイ素の細胞への吸収が悪くなってしまいます。使い込まれたアルミ鍋などはアルミニウムが溶け出しやすい可能性がありますので気を付けましょう。

関連商品

スチームオーブンレンジ Bistroビストロ

焼く・煮る・蒸す・揚げるがこれ一台。10分でちゃんとごちそう。

高速ジューサー MJ-H600

さらっと飲みやすいジュースが短時間でたっぷり。

芦屋美容クリニック院長 小西和人

芦屋美容クリニック 院長
小西 和人(こにし かずひと)

形成外科専門医、美容外科医。神戸大学及び関連施設にて形成・美容外科診療に10年間携わる。神戸大学美容外科にて毛髪外来を立ち上げるなど毛髪治療にも積極的に取り組み、これまで4000人以上の薄毛治療に取り組んできた。過度な手術治療よりも「自然なキレイさ」を引き出す事を心がけている。

芦屋美容クリニック

知識をプラス 一覧

美をプラス 一覧

お洒落をプラス 一覧