MEN'S 40+ 大人の男のためのプラス情報 お洒落をプラス 男の格上げスタイル提案 MEN'S 40+ 大人の男のためのプラス情報 お洒落をプラス 男の格上げスタイル提案

40代メンズの私服コーデ事情!アラフォー男子のイケてる私服と残念な私服とは?

うまい私服とヘタな私服

スーツという名の戦闘服に身を包み、日々の激務に立ち向かっているYouたちアラフォー男子に問いたい。

――休日の私服、ヘタこいてない?

20代の若手社員ならともかく、アラフォー世代の男性で「うまい」と思えるイケてる私服コーデができている御仁は、残念ながらそう多くない。なお、ここで言う「うまい」は「上手い・巧い」であり、「とびきりオシャレ」まではいかないが誰にでも好印象を与え、うっすらセンスの良さを感じさせる私服コーデを意味している。

これはお金をかけずとも手持ちの服だけで実践できるため、それほどハードルは高くないはずなのだが、なぜ世の中こんなにも「私服下手」が多いのだろうか?実は残念な私服のアラフォー男子は、以下のどちらかに分類される。

A:カジュアル過ぎ

普段スーツを着ている反動なのか、とにかく楽チン&カジュアルな服装を好むタイプ。問題なのは全身オールカジュアルアイテムで固めてしまうところ。若いうちならそれでも良いが、加齢と共に「肉体のカジュアル化」は確実に進むため、アラフォーともなれば服も身体も全てがカジュアル尽くし……ということになり、他人の目にはただ「だらしない」「さえない」と映ってしまう。

B:がんばり過ぎ

収入もそれなりに上がってきて、ちょっといい店やブランドで服を買えるようになり、にわかにオシャレに目覚めたタイプ。しかし、この世代は知識やウンチクだけが先行しがちなため、服を「着こなす」ことができず「ただトレンド服を着てるだけで実はイケてない」になってしまう。

では、一体どうすればイケてる「私服上手」になれるのか?

では、一体どうすれば「私服上手」になれるのか?

うまい私服に格上げテクニック

ここからはアラフォー男子がついやってしまいがちな「ヘタ・ポイント」の具体例をあげつつ、改善案をレクチャーしていこう。

ヘタな私服1

いまだに大学生気分ではくダメージデニム

まだまだ気持ちは大学生だぜ! という元気なYouでも、肉体が醸し出す空気感は確実にオジサンになっている。そこに気づかず、カジュアル代表格のダメージデニムをはいてしまえば「だらしない&さえないアラフォー男子の残念な私服コーデ」一直線だ。どうか一度冷静に、客観的に今の自分を見つめ直してみて欲しい。

改善案1

ワンウォッシュ&アイロンがけ

まずは穴のあいた擦りきれデニムはあきらめて、小綺麗なワンウォッシュデニムに切り替えよう。はく前にはアイロンをかけてシワをとることも忘れずに。※大きなアイロンを出してくるのが面倒だというのであれば、私も愛用している衣類スチーマーが取り回ししやすくオススメだ。

衣類スチーマー(NI-FS540)の正しい使い方とは?

正しく使えば、ハンガーにかけたまま、サッとシワをのばせるから、忙しい時も短時間でキレイ。新しくなった 「3倍パワフルスチーム」で、さらに強力脱臭も。

ヘタな私服2

Tシャツばかりやたら派手

ちょっとだけ色気づいた中年男子がやりがちなのが、Tシャツ(冬はトレーナーやパーカー)を派手な色や柄、変わったプリント物にすること。はっきり言って、迷彩柄を着た男子を本気で「いいね」と思っている女子などこの世にいない。いたとしても、そこには必ず「ただしイケメンに限る」という注釈がついている。

改善案2

大人は色よりシルエット重視のコーデ

よほどファッションセンスの良い御仁でない限り、オジサンの派手色・派手柄はただイタいだけだ。少しでも格好良く見せたいのであれば、ヘタに色柄物に手を出すよりもまず背筋をピンと伸ばして歩くことを心がけよう。次に、着た時に「シュッとした直線」が見える服を選ぶこと。体型や皮膚にたるみ・丸みを帯びてくるアラフォー世代には、それをカバーしてくれるエッジィなシルエットの服が望ましい。同時に猫背とたるんだ膝関節をスッと伸ばし、全身のシルエットにスマートさを出してやれば、驚くほど格好よく見えるようになる。

ジャンパーよりテーラードジャケット。丸首Tシャツより襟つきシャツが直線的。

ジャンパーよりテーラードジャケット。丸首Tシャツより襟つきシャツが直線的。

ヘタな私服3

高いスニーカー、安い革靴

服のブランドには無頓着なのに、スニーカーにだけはこだわりとお金をかけてしまうYouもいるはずだ。もちろん個人の趣味は自由であるが、周囲からの評価や共感は意外なほど得られないのがもったいないところ。そして、こういう御仁はスニーカーには予算も手間暇も惜しまないのに、革靴は適当なもので済ませてしまうケースが多い。

改善案3

価値が分かりにくいスニーカー、安バレしやすい革靴

よほどのこだわりがない限り、私服用のキャンバススニーカーは激安品で充分だ。1,000円そこそこで買えるファストファッションのスニーカーでも、ぱっと見は全く差がないし、耐久性や履き心地的にもほとんど気にならないレベルだ。それに対して革靴やブーツは、ケチると確実に見た目に差が出てしまう。素人目にもすぐ分かるくらい、どことなく安物感が漂ってしまうのだ(※特に女性にはすぐバレる)。革靴は、ケチった分だけ男が下がる。大人の男は常に足元を見られていることを自覚しよう。

キャンバス(布製)スニーカーは安バレしにくい。

キャンバス(布製)スニーカーは安バレしにくい。

ヘタな私服4

トゥーマッチなブランドロゴ&香水

いまどき、ヴィトンの財布やグッチのベルトくらい高校生男子でも持っている。そのブランドロゴを堂々と見せびらかして悦に入っているアラフォー男子は、はたから見ていて相当恥ずかしい。香水についても同様で、これ見よがしに匂わせてるのは周りからすると痛々しいことだと肝に命じたい。ふとした拍子に近づいたらいい香りだった、くらいが望ましいのだ。接近してもいないのに「香水つけてるんですね」と表立って指摘されたなら、むしろ「くっさ!オッサン香水つけすぎ」と注意されたと考えるべきだ。

改善案4

見せるべきは必死さよりも大人の余裕

せっかくお金をかけるのなら、あえてあまり見えない部分にかけよう。人は口には出さずとも意外としっかり見ているもの、Youが物足りないと感じるくらいがちょうどよいアピール具合なのだ。がんばって買ったブランド品を見せびらかしたい気持ちはグッと抑え、良い品を人知れず身につけているという奥ゆかしさを見せてこそ、好印象な大人の男として評価される。

休日だからといってだらけ過ぎず、かといって張り切りすぎることもない。ほどよく緊張感を残したイケてる「うまい私服」こそ、大人の魅力を備えたアラフォー戦士の休息にふさわしい。

関連商品

衣類スチーマー NI-FS540

ハンガーにかけたまま、サッとシワ・ニオイとり。プレスもできる2WAY。

スタイリスト、ブランドプロデューサー 久保田 卓也(フランソワ)

スタイリスト、ブランドプロデューサー
久保田 卓也(フランソワ)

テレビ、ラジオ、雑誌出演多数。他にも新宿高島屋、東急ハンズでのトークショーや渋谷パルコでのファッションショーなど、各種イベントも精力的にこなす。服を数値化した「K値」や「カウンター理論」でおしゃれを分析・実践するという独自のスタイリング理論を確立、著書は次々に増刷、文庫化されている。

「マンガde学ぶ大人のおしゃれ(飛鳥新社)」「大人のための私服の教科書(飛鳥新社)」「カジュアル好感度アップセミナー(アルファポリス)」「はずさない男の私服コーデ術・1~8巻(以下続巻)」

知識をプラス 一覧

美をプラス 一覧

お洒落をプラス 一覧