NEW VE-GDS15DL

インテリアに調和するスタイリッシュデザイン インテリアに調和するスタイリッシュデザイン インテリアに調和するスタイリッシュデザイン

デジタルコードレス電話機
VE-GDS15DL

オープン価格*

迷惑電話防止対策

警告・注意喚起・録音機能で「迷惑防止」

「迷惑防止※1」を設定すると、呼出音が鳴る前に本機が応答して、相手に通話を録音するというメッセージを流します。着信中は呼出音と注意喚起のアナウンスを交互に繰り返し、電話に出ると通話内容を自動で録音します。

※1 設定が必要です。ナンバー・ディスプレイサービスを利用している場合、付属の専用子機の電話帳に登録されている相手からかかってきたときは迷惑防止の機能は働きません。

1着信前 警告 かけてきた相手に通話を録音すると伝える この電話は迷惑電話帽子のために録音されます。ご了承ください。

呼出音が鳴る前にメッセージ

※2 着信前は、呼出音が鳴る前を指します。

2着信中 注意喚起 電話に出る前に注意喚起のアナウンス プルルル 迷惑電話にご注意ください。

着信中に繰り返し注意のアナウンス

(子機のスピーカーから呼出音とアナウンスが出ます)

3通話中 録音 電話に出ると通話内容を自動で録音 「●●商事の●●です」「怪しいから後で確認しよう」

通話内容を自動で録音

● 通話を開始して約2秒後から録音されます。本体メモリーに1件(最大約10分)録音され、電話に出るたびに上書きされます。通話後に保存の操作をおこなうことで録音を残すこともできます。

着信に気づきやすい「着信お知らせLED」を子機に搭載

着信があると光ってお知らせするLEDを子機に搭載。着信時に点滅するので、掃除機などの音で呼出音が聞き取りづらいときにも、かかってきた電話に気づきやすくなります。また、不在着信や留守録音があるときにはゆっくり点滅して、外出から戻ったときなどに着信があったことがわかり便利です。

着信お知らせLED

インテリアに調和するスタイリッシュデザイン

塗装を用いたデザインを採用することや充電台付親機の前面から品番表示を廃止し、電話機をインテリアに調和するデザインへ。

インテリアに溶け込むシンプル&コンパクトデザイン

●子機は付属の子機と合わせて6台まで増設することができます。

カラー

-W(パールホワイト)

VE-GDS15DL_ホワイト

-T(ブラウン)

VE-GDS15DL_ブラウン

あんしん機能

着信時 相手を確認してから電話に出られる「あんしん応答」

着信時、相手の名前を先に名乗ってもらうようメッセージを流します。誰からかかってきたのかわからず不安なときでも、着信中に表示される「あんしん応答」ボタン(専用子機または子機)を押せば、電話に出る前に相手を確認できるのであんしんです。

[かかってきた相手が分からない時] 誰かしら?分からないわ [あんしん応答で対応] 安心応答モードになっています。あなたのお名前をおっしゃってください。 [電話に出ないときは…] おそれいりますが、この電話はおつなぎできません。 トーンを押して「おことわり」のメッセージを流して電話を切ることができます。 [かかってきた相手が分からない時] 誰かしら?分からないわ [あんしん応答で対応] 安心応答モードになっています。あなたのお名前をおっしゃってください。 [電話に出ないときは…] おそれいりますが、この電話はおつなぎできません。 トーンを押して「おことわり」のメッセージを流して電話を切ることができます。 [かかってきた相手が分からない時] 誰かしら?分からないわ [あんしん応答で対応] 安心応答モードになっています。あなたのお名前をおっしゃってください。 [電話に出ないときは…] おそれいりますが、この電話はおつなぎできません。 トーンを押して「おことわり」のメッセージを流して電話を切ることができます。

※「あんしん応答モードになっています。あなたのお名前をおっしゃってください」または「失礼ですが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」の2種類からメッセージを選べます。
● ナンバー・ディスプレイサービスへの加入は不要です。

着信時 迷惑電話対策に便利「迷惑電話着信拒否」

迷惑電話着信拒否に登録した相手から着信があっても呼び出し音は鳴らずに相手にはメッセージで対応します。 しつこい迷惑電話などに出る必要がありません。

● NTT東日本・NTT西日本の「ナンバー・ディスプレイ」サービス(有料)のお申し込みが必要です。ひかり電話やIP電話をご利用の場合は 、回線事業者または提供元にお問い合わせください。

迷惑電話着信拒否に300件登録できます「迷惑電話に対応しないですむわね」

通話時 さらに充実の「迷惑電話対応」機能

声を変えて対応できる「ボイスチェンジ」

女性の声を男性のような低い声に変えることができます。迷惑電話やいたずら電話のときに役立ちます。

● 着信通話時のみ

「お断りします!」
メモ代わりに残せて便利「通話録音」(最大約12分)

通話中に会話の内容を録音。証拠として残しておくことができます。

※ 録音時間は、通話録音・留守録とあわせて最大約12分まで。

「通話を録音しますね」
非通知電話や迷惑電話の対策に「通話拒否」

通話中に切りたい時、拒否するメッセージを流して電話を切ることができます。また、ドアホンのチャイム音を流して電話を切るタイミングを作ることもできます。

● 着信時に拒否することもできます。

「少しお時間よろしいですか」ピンポーン!「すみません誰かがたずねてきました。」

便利機能

ドアホンとつながる

当社製のドアホンと接続すれば、音声での来客応対ができます。

DECT※3準拠方式採用のテレビドアホンに対応しています。
対応機種:VL-SWH705KL / SVH705KL / SVH705KLC / SWH705KS / SVH705KS / SVH705KSC / SWD505KS / SWD505KF / SWD303KL / SVD303KL / SWD302KL / SVD302KL / SVD302KLC / SWD220K

※別売のドアホンアダプター(VE-DA10-H)は接続できません。

ドアホンとつながる

DECT※3準拠方式採用

1.9GHz帯の無線方式を採用。2.4GHz帯に比べ、「クリアな通話」と 「省電力」にすぐれています。

中継アンテナ(別売品)

電波を中継し、電波の届きにくかった場所でも電話の使用を可能にします。

中継アンテナ(別売品)

オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。
※3 DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)はETSI(欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。当社の製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。
● J-DECTロゴは、DECT Forumの商標です。J-DECTのロゴはARIB STD-T101に準拠した1.9 GHz帯の無線通信方式を採用した機器であることを示しています。同一ロゴを搭載する機器間での接続可否を示すものではありません。
● 1.9GHz DECT準拠方式対応機器を、CSデジタル放送を受信している環境でご使用になる場合、CSデジタル放送のアンテナ伝送路にDECT準拠方式対応機器の電波が混入する  可能性があります。シールド性の高い衛星放送対応の分波器や分配器、接続ケーブルをお使いいただくことで影響を軽減できる場合があります。
● 液晶画面はハメコミ合成です。
● 写真・イラストの内容はイメージです。
● 製品の色は実際の色とは若干異なる場合があります