「凍ったままグリル」×「はやうま冷凍」

レンジからグリル皿を取り出す写真レンジからグリル皿を取り出す写真

時間のあるときにまとめ買いして、下ごしらえ。「はやうま冷凍」でおいしさキープ。忙しい日の夜は、「凍ったままグリル」で一気に焼き上げ。

「凍ったままグリル※1」肉や魚と野菜が一緒のバランスよいメニューを冷凍から一気に焼き上げて時短調理。

忙しい平日は、解凍の手間なく一気に焼き上げる「凍ったままグリル※1」が大活躍!

グリル皿に乗せたお肉と野菜(左画像:冷凍状態、右画像:焼き上げ後)グリル皿に乗せたお肉と野菜(左画像:冷凍状態、右画像:焼き上げ後)グリル皿に乗せたお肉と野菜(左画像:冷凍状態、右画像:焼き上げ後)

「凍ったままグリル」肉や魚と野菜が一緒のバランスよいメニューを冷凍から一気に焼き上げて時短調理。

さらに業務用レベルの急速冷凍※2ができる「はやうま冷凍」搭載冷蔵庫なら、おいしさも食感もキープ*しながら素早く冷凍。

* 当社調べ。運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

時間があるときに下ごしらえ。

お肉をジップロックへ入れる様子お肉をジップロックへ入れる様子お肉をジップロックへ入れる様子

クーリングアシストルームで急速冷凍後、冷凍室で保存。

お肉を冷凍する様子お肉を冷凍する様子お肉を冷凍する様子

冷凍室から出して、凍ったままグリル皿に並べて、あとはビストロにおまかせ。

グリル皿に肉を乗せる様子グリル皿に肉を乗せる様子グリル皿に肉を乗せる様子

解凍しながら一気に焼き上げ。裏返さなくても両面こんがり。

グリルされたお肉をレンジから取り出す様子グリルされたお肉をレンジから取り出す様子グリルされたお肉をレンジから取り出す様子

ビストロは、こんなときも便利!

2品同時あたため※3

忙しい朝にとても便利。独自の3Dアンテナでマイクロ波をコントロールし、温度の異なる2品を同時に効率よくあたためます。

2品同時温めをしているイラスト2品同時温めをしているイラスト2品同時温めをしているイラスト
ゆで卵&温泉卵もおまかせ※4

お弁当などに1品追加したいとき、夕食のサラダやパスタへのトッピングに便利。殻のついたままの卵をグリル皿にのせたら、あとは自動メニューにおまかせ。(NEBS2700/BS9007/BS807/BS656)

ゆで卵ゆで卵ゆで卵
芯までほぐせる解凍※5

サイクロンウェーブ加熱で、食品の中央部からおだやかに、ムラを抑えて解凍。さらに高精細・64眼スピードセンサーが分量や種類を見分けて※6自動で解凍を制御。

ボウルに入ったひき肉ボウルに入ったひき肉ボウルに入ったひき肉

おすすめ商品

パナソニック冷蔵庫NR-F656WPX

業務用レベルの急速冷凍※2を実現した「はやうま冷凍」搭載。
幅75cm、大容量650Lのラグジュアリーモデル。

パナソニック冷蔵庫ビジュアルパナソニック冷蔵庫ビジュアルパナソニック冷蔵庫ビジュアル
スチームオーブンレンジ NE-BS2700

スマホ連携※7のハイグレードモデル
買った後も、スマホ※7でメニューが増やせる

Bistro「BS2700」ビジュアルBistro「BS2700」ビジュアルBistro「BS2700」ビジュアル
■「はやうま冷凍」で、「凍ったままグリル」をもっとおいしく
はやうま冷凍で、凍ったままグリルをもっと便利においしく。該当ページにリンクします。はやうま冷凍で、凍ったままグリルをもっと便利においしく。該当ページにリンクします。

おすすめコンテンツ

ビストロにおまかせ!

毎日バタバタ大忙しな等身大の共働き主婦のビストロ活用法を公開。

ビストロにおまかせ!
ビストロ電子レンジ科

ユーザーの声やレンジのスゴ技をチェック!

ビストロ電子レンジ科
User's Voice

買ってみたら、こんなに変わった。

User's Voice

※1. 取扱説明書の対象レシピに従って下ごしらえしたもの。市販の冷凍食品には対応していません。
※2. 最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内のアルミプレートの上において急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)
※3. 食品2品の分量はほぼ同等。ただし汁物、ソース、タレがかかった食品、冷凍カレー、冷凍シチューなどは2品あたために向きません。
※4. 自動メニュー、または取扱説明書の該当メニューページに記載されている手動スチームのみ対応。
※5. 食材や形状、環境などにより出来栄えは異なります。 
※6. マイクロ波による食品の温度上昇特性や、面積、温度上昇速度により、食品を分類し見分けます。
※7. Android™ OSバージョン6.0以上、iOSバージョン11.0以上のスマートフォンでご利用になれます。(2020年6月現在)ただし、すべてのスマートフォンで、アプリの動作に保証を与えるものではありません。また、「キッチンポケット」アプリはタブレット端末では見づらい場合があります。