品質へのこだわり

ビストロものづくりSTORY No.06 長く使い続けるために 品質へのこだわり ビストロものづくりSTORY No.06 長く使い続けるために 品質へのこだわり

商品の「壊れ方」まで確かめる。

ビストロの開発では、安全性や耐久性をチェックする、厳しい品質試験も行っています。ボタンや扉などの強度は、物理的に負荷をかける耐久試験によって、徹底的にチェックします。「液晶画面は割れやすいのでは?」と思われがちですが、6万回の打鍵耐久試験をクリアしているので、通常の使い方であれば、ちょっとやそっとでは割れません。

打鍵耐久試験

打鍵耐久試験

液晶の操作部・操作ボタンを、機械で6万回ずつ押し、摩耗がないか確認。

扉開閉試験

扉開閉試験

2週間かけて、15万回開閉。(15万回=10年間の使用想定回数×1.5倍)

ハンドル強度試験

ハンドル強度試験

ハンドルに重りをぶら下げて、強度を確認。上方向も下方向もチェック。

液晶画面や基板などのパーツは、商品に組み込む前にパーツ単位で、温度・湿度の耐久試験を行います。
組み立てが終わってからも、様々な試験にかけていきます。例えば、北海道から沖縄まで、日本中のどの環境でも問題なく使えるか、温度や湿度を変える試験。長年使用しているうちに、ほこりやゴミが目詰まりして壊れないか、壊れたとしても安全に壊れるかを探る試験。これは、感電や火災のリスクを減らすためにとても大切な試験です。過酷な負荷をかけて商品を壊すことで、どのパーツが弱いかを検証して、次の開発に活かすという役割もあります。壊れないかどうかの確認だけでなく、どんな壊れ方をしたかを確認することも大事。
お客様に長く愛される、より安心な商品を世の中に送り出すため、最後の最後まで、手を抜かずに試験を行っています。

液晶パーツの耐久試験

液晶パーツの耐久試験

ビストロ本体に組み込む前に、各パーツの耐久試験を行う。液晶部分は-40℃に1000時間置く。

リント・油煙試験

リント・油煙試験

油汚れと人工のほこりで、長年使用した状態を再現。吸気口・排気口を目詰まりさせる。

複合ストレス試験

複合ストレス試験

リント・油煙試験の後、目詰まりさせたまま0℃〜40℃の環境で繰り返し使い、安全に壊れるか確認する。

※2016年度取材時の内容です。