白花豆のマリネ【時短味付け(はやうま冷却)】

はやうま冷却で味つけチャレンジ。白花豆がほっこりマリネに。

他の豆よりも大粒で、皮も肉厚な白花豆。時短でマリネにするならばと、はやうま冷却を試してみました。豆の表面は塩気と酸味がしっかりなじんでいる印象。白花豆らしい自然な甘さも感じられ、30分で十分なおいしさになりました。

白花豆のマリネ

一晩水で戻した白花豆を圧力鍋でゆでる。

圧力鍋の中に一晩水で戻した白花豆が入っている

少量の煮汁とマリネ液に豆をひたし、パセリと紫たまねぎをトッピング。

少量の煮汁とマリネ液に豆をひたし、パセリと紫たまねぎをトッピングした状態

表面をラップでピタッと密着させ、急冷15分を2回セット。

容器に入れたマリネの表面にラップを密着させた状態

大好きな白花豆のマリネが完成。

白花豆のマリネ

日持ちするマリネを数日味わった後は、豆をペースト状に。味がしみこんでいるから、バター代わりにパンに塗るだけでもおいしい。きゅうりやツナをはさんで、サンドイッチとしても楽しみました。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。