弁当用野菜ミックス【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

野菜やウインナー、ちくわをカットして、はやうま冷凍。スピード調理で、野菜たっぷりのお弁当が完成!

慌ただしい平日の朝のお弁当作りはできるだけ時短したい。そこでお弁当用に、炒めものとスープの材料をカットして、はやうま冷凍。包丁を使わずにフライパンや鍋に直行で、野菜たっぷりのお弁当ができました!

炒めもの用に小松菜、しめじ、ちくわ、ウインナーをカット。ラップを敷いたバットの上に並べ、クーリングアシストルームで急凍45分。

写真:カットされた食材

フリーザーバッグに入れて冷凍室へ。

写真:フリーザーバッグに入った食材

スープ用に小松菜、さつまいもをカット。ラップを敷いたバットの上で急凍45分。

写真:カットされた野菜

フリーザーバッグに入れて、冷凍室で保存。

写真:フリーザーバッグに入った野菜

朝、凍ったままフライパンと鍋に直行!

写真:調理中の食材

包丁を使わずに、野菜たっぷりのはやうま弁当が完成!ちなみに、焼きたらこもはやうま冷凍のストック。

写真:弁当とスープ

はやうま冷凍を使ってカットした野菜などを冷凍室にストックするようになったら、朝のお弁当作りが格段にラクになりました。包丁を使わなくていいだけで、気持ちに余裕が生まれます。また、一度にいろいろな野菜を使えて、ヘルシーなお弁当が手軽に作れるのもメリットです。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。