香味野菜ミックス【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

夏野菜のさっぱり感と栄養をミックスして、はやうま冷凍。箸休めや薬味に重宝します。

夏の食卓で出番の多い野菜を刻んで合わせ、はやうま冷凍してみました。香味野菜のしそ、みょうが、しょうが。さらに、きゅうり、オクラ、梅干し、塩昆布をミックスして冷凍すると、さわやかな香りはもちろん、ネバネバ、カリコリとした歯ごたえも楽しい!自然解凍するだけで、乙な箸休めや薬味になりました。

しそ、みょうが、しょうが、きゅうり、オクラはみじん切りに。梅干しは種を取り、包丁で細かくたたく。

写真:カットした野菜

刻んだ材料を全てボウルに合わせ、塩昆布を加えてざっくりと混ぜる。

写真:混ぜ合わせた野菜

香味野菜ミックスをフリーザーバッグに入れて平らにならし、急凍45分。終了後、冷凍室で保存。

写真:フリーザーバッグに入った野菜

凍ったままフリーザーバッグの上からサクッと割って、使いたい分だけ取り出せる。

写真:フリーザーバッグから出した香味野菜

解凍してお皿に盛り付けると、さっぱりとした味わいの箸休めに。

写真:盛り付け

冷奴にのせれば、ネバネバ、カリコリとした歯ごたえが楽しいオリジナル薬味に。

写真:豆腐に載せた盛り付け

蒸し暑い日には、さっぱりとしたものを口にしたくなるから、香味野菜ミックスの冷凍ストックは重宝しますね。そうめんや涼飯(冷やしごはん)とも相性ぴったりで、食の細い義母も喜んで食べてくれます。しそやみょうがなど余らせがちな香味野菜も、はやうま冷凍すれば風味そのままで最後までおいしく食べ切れます。この活用法は、おすすめです!

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。