れんこん【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

れんこんの薄切りをはやうま冷凍。れんこんチップスがいつでも気軽に作れます。

きんぴら作りで余った薄切りのれんこんを、はやうま冷凍したら大正解!パラパラに凍るので扱いやすく、れんこんチップスが簡単に作れました。凍ったままレンジで加熱するだけで、前菜やおつまみに早変わりです!

きんぴらを作るため、れんこんを薄切り。酢水にさらして、余った分をはやうま冷凍。

写真:れんこんを薄切りにして酢水にさらしてるイメージ

水気を拭いて、ラップを敷いたバットに並べる。その上にさらにラップを敷き、残りのれんこんを並べる。2段重ねにしてスペースを有効活用。

写真:ラップを敷いたバットに薄切りしたれんこんが並べられてるイメージ

急凍45分で板のように凍った。フリーザーバッグに入れて冷凍室へ。

写真:板のように凍ったれんこんがフリーザーバッグに入ってるイメージ

平日の夕食前、凍ったままレンジで加熱して、れんこんチップスに。

写真:お皿にれんこんが凍ったまま並べられてるイメージ

パリッパリになった!子どもたちが「早く食べたい」と急かすので、味つけは塩をふっただけ。

写真:れんこんチップス

あっという間になくなった。食後のおつまみにしたかったのに。

写真:れんこんチップスを複数人が手に取ってる手元のイメージ

お試しではやうま冷凍したれんこんが、子どもたちに大人気の前菜になってびっくり。凍っているので加熱に時間がかかったものの、とてもきれいに仕上がりました。野菜のはやうま冷凍は、スープに、炒め物に、野菜チップスに、いろいろな使い方ができて、とても助かります。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。