大根おろし【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

大根おろしを鮮度そのまま、はやうま冷凍。いろいろな料理の引き立て役に。

忙しい日も大根おろしを料理に添えたい。そこで隙間時間に、はやうま冷凍してみました。後日、鍋ものの薬味に使うためレンジで解凍すると、期待以上のみずみずしさに感激!お鍋がより一層おいしく味わえて幸せでした。

大根をおろすのは時間がかかる。料理好きの子どもが助けてくれた。

写真:カットした大根をピーラーで皮を剥いてる手元のイメージ

「手が疲れる~」と子ども。あとはママがやるよ。ありがとう。

写真:おろし金で大根おろしを作ってる手元のイメージ

バットにカップを並べ、大根おろしを小分けに。

写真:バットに並べられたカップに大根おろしを入れていってるイメージ

バットごとクーリングアシストルームに入れて、急凍45分。

写真:バットに並べられたカップに入ってる大根おろしが急凍されたイメージ

容器に入れてふたを閉め、冷凍室で保存。

写真:容器に入れられた大根おろし入りカップのイメージ

平日の夕食にレンジで解凍。ポン酢と合わせて、お鍋の薬味に。おろしたてのようなみずみずしさに感激!おいしくて食がすすむ!

写真:小皿に取り分けられた鍋料理のイメージ

焼き魚のあしらいものにも。レンジで解凍するだけで、いろいろな料理に使えてうれしい。

写真:焼き魚と大根おろし

さっと焼いた油あげに添えれば、手間なくおいしい副菜に。

写真:焼き油揚げと大根おろしの和え物

解凍した大根おろしを添えただけで、なんの変哲もない料理が普段よりおいしく感じられてびっくり。あまりのみずみずしさに感動して、冷凍ストックを数日で使い切ってしまいました。また、はやうま冷凍しなくっちゃ!

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。