木綿豆腐【切るだけ冷凍(はやうま冷凍)】

木綿豆腐をはやうま冷凍して、想定外のおいしさ体験。豆腐料理の新たな魅力にハマりそう!

木綿豆腐をはやうま冷凍でストックしてみたら、「へぇ〜!」の連続でした。カチカチに凍っても、解凍するとスポンジのように水気がしっかり絞れて面白い!試しにフリットにすると、外はサクサク、中は鶏肉のような弾力ある歯ごたえに。想定外のおいしさに、食への探求心が膨らみそうです。

木綿豆腐を食べやすいサイズにカットし水気を押さえたら、ラップを敷いたバットに並べて急凍45分。すでにカチカチ!フリーザーバッグに入れて冷凍室へ。

写真:木綿豆腐を食べやすい大きさにカットして急凍したイメージ

後日、フリーザーバッグから取り出すと、チーズ? 切りもち?木綿豆腐っぽさがまるでない。

写真:食べやすいサイズの冷凍された木綿豆腐が並べられてるイメージ

フリットにするため、まずラップをかけてレンジで解凍。おっ、お皿に水たまりが。

写真:解凍後のカットされた木綿豆腐

水びたしの木綿豆腐をキッチンペーパーではさんで、ギュッと水気を絞るとこの通り!

写真:解凍後の濡れた木綿豆腐をキッチンペーパーで水気をとったイメージ

水気がしっかり抜けた木綿豆腐に薄力粉をまぶし、高温の油できつね色になるまで揚げる。油あげのような大豆の香りが漂う。

写真:解凍後の木綿豆腐を油で揚げているイメージ

木綿豆腐のフリットが完成!スイートチリソース、パクチー、レモン、刻んだピーナッツを添えて、アジア風のスナックに。

写真:木綿豆腐のフリット

一口食べると、外はサクサクなのに中は鶏肉っぽい食感。このギャップが面白い!

写真:木綿豆腐のフリットを食べた断面のイメージ

別の日は、カレー粉と数種のスパイスをまぶして豆腐ステーキに。中まで味がしみ込んでおいしい。

写真:カレー味の豆腐ステーキ

木綿豆腐は冷蔵室で保存するものだと思っていましたが、今回の体験をきっかけに、はやうま冷凍が習慣になりつつあります。凍って豆腐の繊維がくずれスポンジ状になることで、水切りは時短になるし、味のしみ込みもいいし、お肉のように使えることも発見!フリット、豆腐ステーキ、次は何を試そうかな?

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。