菜の花の昆布じめ【下ごしらえ冷凍(はやうま冷凍)】

菜の花を昆布じめにして、はやうま冷凍。ほろ苦い旬のおいしさをストックできました。

出まわる時期が短い菜の花を、八百屋さんで見つけたのでさっそく購入。あのほろ苦さが好きでよく作っていた菜の花の昆布じめを、はやうま冷凍に頼ってみることにしました。解凍しても緑が鮮やかで、昆布のうま味と塩気が浸透していることを実感。おひたしはもちろん、巻きずしもいい味わいになりました。

さっと塩ゆでする前に、冷水でパリッとさせるのがポイント。

写真:氷水に浸した菜の花

ざるにあげて冷ましたら、水気を切って等分にカット。酒でふやかした昆布ではさむ。

写真:昆布に載せた菜の花

ラップで個別に包んだらバットに並べ、急凍45分。終了後、フリーザーバッグに入れて冷凍室へ。

写真:ラップで包んだ菜の花

冷蔵室で解凍後、そのままおひたしに。ほろ苦さとシャキッとした食感が絶妙。

写真;菜の花のおひたし

家族の好物の巻きずしにも。義母が食べやすいよう、菜の花は細かくカット。

写真:巻き寿司

具材は他にどんこの甘煮、薄焼き卵。ちなみにどれもはやうま冷凍仕込み。ほろ苦さだけじゃなく、いろんな味をギュッと一つに。

写真:盛り付けした巻き寿司

葉がやわらかくしおれやすい菜の花は、買ったその日にゆでて仕込んで、はやうま冷凍。この方法なら、旬をおいしくストックできるって気づきました。店先に並ばなくなっても、うちの冷凍室からフレッシュな菜の花を取り出せるなんて、ちょっと贅沢な感じです。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。