もち麦【下ごしらえ冷凍(はやうま冷凍)】

もち麦をゆでて、はやうま冷凍。栄養も食感も料理に生かすのがマイブームになりました。

もともと炊飯用に買い置きしていたもち麦を、ゆでてはやうま冷凍でストック。自然解凍すると、一粒一粒ぷっくりした表情になり、あの独特なにおいはしなくなりました。炒めものにして味わうと、もちもち食感がダイレクトに感じられ、食べ応えがアップ。料理にもち麦がマイブームになりました。

炊飯用に買い置きしていたもち麦。ゆでてはやうま冷凍したら、もっと料理に活用できるかも。

写真:ガラスボウルに入ってるもち麦

もち麦をたっぷりの熱湯でゆで上げたら、流水で洗い、ざるにあげ水気をよく切る。

写真:茹で上げたもち麦

フリーザーバッグにもち麦を入れ平らにならし、袋の上から菜箸で筋を付けたら、クーリングアシストルームへ。急凍45分後、冷凍室で保存。

写真:フリーザーバッグに平らにしていれたもち麦に筋をつけて急凍させるイメージ

後日、炒めものの具に。使いたい分だけパキッと割って自然解凍。あの独特なにおいが抜けてうれしい。

写真:冷凍させたもち麦のイメージ

フライパンで豆腐をそぼろ状に炒めた後、もち麦を加え、さらに炒める。

写真:そぼろ状に炒めた豆腐ともち麦のイメージ

冷凍ストックのきのこやねぎも加え、酒、ナンプラーなどで味つけしたら完成。

写真:冷凍してあったきのこ、ネギ、ナンプラーを合わせ炒めてるイメージ

もち麦のもちもちした食感がアクセントになって、腹持ちのいい一品に。

写真:もち麦などを合わせ炒めたものを小鉢に盛り付けてあるイメージ

凍ったままのもち麦をヨーグルトやフルーツとあえてデザートにも。意外だけどイケる!

写真:もち麦入りのフルーツやヨーグルトのデザートのイメージ

からだにうれしい栄養素がギュッと詰まって食感もいい。そんなもち麦を白米と一緒に炊くだけじゃもったいないってことを、はやうま冷凍が気づかせてくれました。餃子やハンバーグのたねに混ぜたり、スープやデザートに加えたり。下ごしらえ済みならではのもち麦の楽しみ方が広がりそうです。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。