チョコホットサンド【自家製冷食(はやうま冷凍)】

はやうま冷凍した板チョコのホットサンドが、アレルギー対応の菓子パンとして大活躍。

板チョコでホットサンドを作った休日の朝、残った分をはやうま冷凍。子どもたちが卵使用の市販の菓子パンを食べたがった日に、卵アレルギーのある子には、このホットサンドをレンジで温めて出してあげたら、とても喜んでくれました。

板チョコを割って、ホットサンドの具に。

写真:板チョコが載った食パン

焼き上がると、板チョコが溶けていい感じ。

写真:ホットサンドメーカーで焼いた食パン

当日の朝食に取り分け、残った分をバットの網の上にのせて、クーリングアシストルームへ。

写真:チョコサンド

急凍45分。

写真:チョコサンド

一切れずつラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍室へ。

写真:フリーザーバッグに入ったチョコサンド

レンジで温めて食卓へ。写真を撮る間もなく、一瞬で子どもの胃袋の中へ。

写真:チョコサンドを食べる様子

市販の菓子パンのほとんどは卵使用です。兄弟が食べるとき、卵アレルギーのある子はシリアルで済ませていました。大好きなチョコのパンにかぶりつく姿を見たら、もうストックがやめられない。食卓に出すと毎回おかわりしてくれて、ママはうれしいです。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。