フルーツアイスバー【自家製冷食(はやうま冷凍)】

旬のフルーツがアイスバーに変身!手作りの楽しさを、はやうま冷凍が教えてくれました。

はやうま冷凍を使って、暑い夏にぴったりなフルーツアイスバー作りに挑戦しました。主役はキウイ、オレンジ、パイン、ぶどう。完熟の果肉と果汁をたっぷり使って急凍すると、わずか1時間でアイスバー専用型からスッと外せる凍りっぷりはさすが!目にもさわやかで、かじるたびにフルーティなおいしさを堪能できました。

アイスバーの主役は4種のフルーツ。皮をむいたキウイとカットパインは細かく切って、オレンジは果肉をほぐす。皮ごと食べられるぶどうは薄くスライス。

写真:カットしたフルーツ

まずは、キウイ味を下ごしらえ。フリーザーバッグに、カットしたキウイとレモン汁、オリゴ糖シロップを入れ、袋ごともんだり上から押して、果肉を細かくつぶしながら混ぜ合わせる。

写真:下ごしらえしたキウイ

次はパイン味。オリゴ糖シロップで甘みを加え、果肉をつぶしながらよく混ぜ合わせる。

写真:下ごしらえしたパイナップル

オレンジ味は、加糖ヨーグルトドリンクと練乳を加えて、フルーツヨーグルト風味に。

写真:下ごしらえしたオレンジ

ステンレストレイにアイスバー専用型を置き、フリーザーバッグの液をそれぞれ流し入れる。ぶどう味はスライスしたぶどうに、ぶどうジュースを加える。スティックのセットも忘れずに。

写真:アイスバーの型に入れたフルーツ

ステンレストレイごと、クーリングアシストルームに入れて急凍60分にセット。きれいに固まりますように!

写真:アイスバーの型に入れたフルーツ

急凍終了の音を合図に、恐る恐るチェック。おぉ、型からスッと外せる!ちゃんとできてる!

写真:アイスバー

完成!自家製フルーツアイスバー。左上から、オレンジ、ぶどう、パイン、キウイ。「まぁ、おいしい!」と義母もびっくり!

写真:アイスバー

フルーツアイスバー作りでこだわったのは、かじった瞬間の味わい。冷たくなるほど舌に甘みを感じなくなるので、あらかじめ甘味料などで糖分を足したのは正解でした。何度か試すうちにハマってしまい、頂きもののフルーツもアイスバーに変身!はやうま冷凍のおかげで、手作りの楽しみがまた一つ増えました。

機能について

業務用レベル※1の急速冷凍でおいしく時短「はやうま冷凍」

はやうま冷凍

すばやく冷ましてゆとりの時間を生み出す「はやうま冷却」

はやうま冷却

掲載内容は使用者の個人的な意見および感想を含んでいます。また、運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なります。

※1最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。クーリングアシストルーム内、またはパーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上に置いて急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(当社測定)。