「The Roast」がある暮らし

おうちで焙煎を楽しむ、「The Roast」がある暮らし

世界中の豆をプロの焙煎士の技で楽しめる、「The Roast」。自宅で焙煎することで、新鮮な豆の味わいを楽しんだり、好みの焙煎度を見つけたり、コーヒーの楽しみ方がより一層広がります。
「The Roast」がある暮らしとはどんなものなのか、実際に使っているお宅へ伺い、コーヒーライフを拝見してきました。

理想のコーヒーを求めて、自宅での焙煎が夢でした

理想のコーヒーを求めて、自宅での焙煎が夢でした

鹿児島のシンボルともいえる桜島を対岸に望む、高台の住宅街。「学生時代にコックのアルバイトをしていたからか、美味しいものにこだわりがある」という前山さんは、奥様との2人暮らし。約20年前、転勤先の屋久島で、焙煎したてのコーヒーを初めて味わったのだそう。その香りのインパクトに衝撃を受けて以来、理想のコーヒーの香りや味わいを求めて、自宅での焙煎にも挑戦してきたのだとか。
「今までも、専門店で焙煎されたコーヒー豆を買ってきては、ハンドミルで挽きドリップして飲んでいたんです。でも、焙煎されてから日にちが経ってしまっているのか、本来の香りや味わいがぼけているように感じられ、なかなか満足できなくて。新鮮なコーヒーを飲みたい、以前に衝撃を受けた、あの香りが楽しめるコーヒーを飲みたい!という思いから、『自分で焙煎したい』と夢を抱くようになったんです」
「コーヒーに詳しい友人に話を聞いたり、インターネットで調べたりして知識を得ていく中で、焙煎機を買おうかと考えたこともありました。でも、機械が大きくて、収納場所に困ってしまう。手軽な方法として、茶こしを使った直火焙煎を試してみたこともあるんです」

大変だけど諦められない…そんな時に出会った「The Roast」

大変だけど諦められない…そんな時に出会った「The Roast」

しかし、茶こしでの焙煎は、想像以上に大変なものだったそう。
「まず、生豆を販売しているお店が見つからなくて。茶こしに生豆を入れて、ガスコンロの直火で煎っていくのですが、焙煎加減にムラが出ますし、焦げた匂いだけが目立って炭くさいコーヒーになってしまうんです。焙煎時に飛び散るチャフ(薄皮)の掃除も、とても大変でした。『焙煎なんかしなければよかった』と思うほど(笑)素人にはやっぱり難しいんだなあ、と思いながら、それでも自宅での焙煎を諦められずにいたところ、『The Roast』のことを知ったんです」
「『The Roast』は場所も取らず、 自宅の食器棚に入るくらいの大きさ。焙煎も、アプリでプロファイルを選んで本体のボタンを押すだけですから、手間もかかりません。焙煎後のお手入れも簡単。新鮮なコーヒーを飲むために余計な手間や時間がかかることなく、それでいてプロの焙煎工程が気軽に楽しめ、香り高いコーヒーが味わえます」

自宅で焙煎するから楽しめる、五感を刺激する香り高いコーヒー

自宅で焙煎するから楽しめる、五感を刺激する香り高いコーヒー

「生豆が焙煎されていくうちに艶のある深い色に変化し、一回り大きくなる過程を見守るのは、感慨深いものがあります。焙煎をしている10分ほどの間にも、香りが部屋中に広がって。朝、焙煎することが多いんですが、香りで目が覚めますね。焙煎を待つ間にカップを温めたり、コーヒーに合うパンを用意したりと、楽しみの範囲も広がりました。そして、新鮮な豆を挽いてハンドドリップする時の、粉のふくらみ。五感が震える思いでしたね。まるでドームのようにムクムクとふくらむのは、自宅で焙煎するからこそです」

「『Journey Paper(ジャーニーペーパー)*』はファイリングしてあって、コーヒーを飲みながら見返しています。焙煎士さんのこだわりを感じたり、豆の産地の写真を見ながら、そこへ旅したような気分になったりして。『噛みしめる』ならぬ『飲みしめる』とでも言うんでしょうか(笑)毎月届く豆は、種類によって形や大きさなどが違っていて、地域性があるんだな、と。コーヒーは農産物なんだと改めて感じましたね」

* 2018年5月より、初回購入時に同梱されるジャーニーブックに変更

家族から「お父さんのコーヒーが飲みたい」とリクエストも

家族から「お父さんのコーヒーが飲みたい」とリクエストも

「『The Roast』が我が家にやって来てから、ドリップ時のお湯の温度にもこだわりが出てきました。『極める』ということをしたい性格なんですよね。温度の調整、蒸らし方、カップへの注ぎ入れなど、口に入るまでを楽しんでいます。コーヒーを飲む回数も、以前の3倍ほどに増えました。1日に3、4杯ほど飲みますが、不思議なことに飽きないんです」

「以前は、コーヒーを飲むならお店で、と思っていたのですが、今は『コーヒーは我が家で飲むのが一番』です。それぞれ独立している2人の娘も、帰ってくるたびに『お父さん、コーヒーが飲みたいな』とリクエストしてくるんですよ。家族が飲んでくれるから、私も作り甲斐があります」
「職場の知人や友人に、『The Roast』で焙煎した豆を少しずつ差し上げて飲んでもらうと、ほぼ全員が『今まで飲んできたコーヒーとは違う』と。その味に感動しているようです」
「最初は、毎月届く生豆3パック(600g)を飲み切れるか心配していたんですが、今では足りないくらい。少しずつ豆を残して、オリジナルブレンドを作ったりも。もう、自分で焙煎したコーヒーのない生活は考えられません。『The Roast』で毎日、至福の時を味わっています」

01.おうちで上質なコーヒーを楽しむ
01. おうちで上質なコーヒーを楽しむ
02.おうちで焙煎を楽しむ
02.おうちで焙煎を楽しむ
03.ゲストも笑顔に変える、「The Roast」がある暮らし
03. ゲストも笑顔に変える、「The Roast」がある暮らし
04.ハイロック流 「The Roast」の楽しみ方
04.ハイロック流 「The Roast」の楽しみ方
05.「The Roast」で出会ったコーヒー体験がお菓子やお料理レシピの世界を広げています
05.「The Roast」で出会ったコーヒー体験がお菓子やお料理レシピの世界を広げています
サービス・製品に関するお問い合わせ

パナソニック The Roast カスタマーセンター
0120-872-313(10:00-17:00※土日祝除く)