パナソニック ワイルドナイツ 稲垣 啓太さん・福岡 堅樹さん | 感じる、ラムダッシュ

パナソニック ワイルドナイツ 稲垣 啓太さん・福岡 堅樹さんパナソニック ワイルドナイツ 稲垣 啓太さん・福岡 堅樹さん

パナソニックのラグビーチーム、ワイルドナイツのチームメイトとして、またラグビー日本代表の主力として共に戦った稲垣啓太さんと福岡堅樹さん。それぞれのラグビーへの想いを語りながら新型ラムダッシュを体感する。

世界を驚かせた、日本の技と力。

ラグビーの強豪国を次々と倒し、世界を驚かせた日本。
その中心選手として活躍した稲垣啓太さんと福岡堅樹さんは、日本のモノづくりの技で世界のライバルと戦うラムダッシュに何を感じるだろう。

世界ベスト8がもたらしたもの。

昨秋、日本で開催されたラグビーの国際大会。国民の期待を背負って挑んだ日本代表“ブレイブブロッサムズ”は、予選リーグを全勝。悲願のベスト8進出という快挙を成し遂げた。ベスト8進出をかけたスコットランド戦で2トライし、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた福岡堅樹さんはこう振り返る。
「日本代表がずっと目標にしてきたことを自分たちで達成できたことは、光栄だと思います。そして、ラグビーというスポーツの面白さを、日本中に知らしめることができたのは、ラグビーの未来につながる成果だったと思います」。

 

福岡堅樹さん

フォワードとして全試合に先発出場。116kgの巨体で日本のスクラムを牽引、精神的支柱としてもチームに貢献した稲垣啓太さん。大会後の変化について尋ねると、「僕自身は何も変わってないですが、周りの方々のラグビーに対する考え方が少し変わってきた気がします。ファンの方にかけていただく言葉が、『試合見ましたよ』ではなく、『ありがとう』って言われることが多くなりましたね。今まで、ラグビーやってきて感謝されることはなかったので、『ありがとう』って言われるのは一選手として本当に嬉しいですね」。

稲垣啓太さん

自粛生活を、新たな目標の準備期間に。

今年、東京大会の延期を受け、セブンズ日本代表を辞退した福岡さん。自身のセカンドキャリア、医師への道に進むための決断だった。「あと一年延期するという選択肢もありましたが、医学部進学が1年遅れますし、自粛生活のため自分の納得のいくパフォーマンスまで持っていけるか不安もありました。悩みましたが、自分が一番後悔しない道を選びました。将来は、怪我や病気で苦しんでいる患者さんの心に寄り添ってあげられるドクターになりたいと思っています」。

福岡堅樹さん

コロナの影響でラグビートップリーグは中止。試合もチーム練習もできない自粛期間中、稲垣さんは何を考えどう過ごしていたのか?「試合がなくなって、これからどこに向かえばいいのかっていう思いはありましたね。でも、この環境の中でできることを100%やっていけば、次のステージで必ず発揮される。今は、その準備期間なんだと思うようにしたら、モヤモヤがなくなって、逆にいい時間と捉えることができましたね。これから少しずつ国際試合とかも増えてくると思いますが、ラグビーをもっとメジャーにするためにも、力強いプレイをお見せして、しっかりと結果を出していきたいですね」。

稲垣啓太さん

ラグビー選手として、清潔感のある身だしなみを意識。

昨今のラグビー人気の高まりから、街で声をかけられることが増えたというお二人。テレビ出演など人前に出る仕事も多く、清潔感のある身だしなみを大切にしているという。

普段はT字型カミソリをお使いで、電動シェーバーは初体験という稲垣さん。「おー、バンバン剃れる!しかも深く剃れてる!朝とか急いでる時も、これは楽ですね。T字で剃ってるとですね、ジェルとかつけても肌が赤くなったりするんですよ。今、何もつけずに剃ってるんですけど、ひりつくような感覚がないです。癖になりそうですね」。

稲垣啓太さん

以前、3枚刃を試したことがある福岡さん。「剃りやすいですね。やはり5枚刃の方が、キレイに剃れてる感じがします。家ではラムダッシュを使っていますが、僕も肌が弱いのでものすごく助かってます」。

福岡堅樹さん

新型ラムダッシュは、髭の濃さを感知し瞬時にパワーをコントロールする、ラムダッシュAIを搭載。さらに、ラムダッシュ史上最速、1分間に1万4000ストロークで、瞬く間に剃り上げる。そんな日本のモノづくりの技に、世界を驚かせたラグビー日本代表が驚いた。

左から、稲垣啓太さん、福岡堅樹さん

今、別々の道を歩きはじめた福岡堅樹さんと稲垣啓太さん。お二人は、この先どんな活躍を見せてくれるだろう。

稲垣 啓太さん
ラグビー選手

1990年6月2日生まれ。パナソニック ワイルドナイツ所属。スクラムの最前線で戦いながらタックル数も多く、豊富な運動量で攻守に活躍。「笑わない男」として知られている。

福岡 堅樹さん
ラグビー選手

1992年9月7日生まれ。パナソニック ワイルドナイツ所属。50m5.8秒の爆発的スピードでディフェンダーを置き去りにするトライゲッター。

リニアシェーバー ラムダッシュ 5枚刃 ES-LV9FX

ラムダッシュ史上最高の早剃り、深剃り、肌へのやさしさ。

※当社ラムダッシュ(5枚刃・3枚刃)従来品とのリニアモーター、外刃システム、ヘッドの動き、センシング機能での比較。2020年8月3日現在。

リニアシェーバー ラムダッシュ 5枚刃 ES-LV9FX