MEN’S SKINCARE

若々しく健やかな肌を保つために、ヒゲと肌の基礎知識を解説。

ヒゲと肌の基礎知識を解説

部位によってヒゲの生え方は違う

顔を4つに分けた場合、もっともヒゲが濃くなるのは「口の周辺」。次いで、「あごの下」、「頬(ほお)」、「ノド」と続く。 また、生える角度や毛流のパターンは、人や生える部位によってそれぞれ違いがある。

ヒゲの部位別濃さの図、部位別ヒゲの角度図、あご下の毛流パターン図右上 ヒゲの部位別濃さの図、左下 部位別ヒゲの角度図、右下 あご下の毛流パターン図

ヒゲは年齢とともに濃くなっていく

ヒゲの太さは、40歳代から50歳代でピークを迎える。また、太さだけでなく生える面積も広がり、密度も高まっていく。

年代別ヒゲの太さの変化年代別ヒゲの太さの変化

男肌は紫外線のダメージを受けやすい

メイクをしている女性と比べ、男性の顔の皮膚は、紫外線によるダメージを受けがち。 肌の弾性線維を壊し、たるみやシワを引き起こす原因となる紫外線のダメージは、「光老化」と呼ばれ、年齢を重ねるごとに蓄積されていく。 年中日光にさらされている皮膚だからこそ、シェービングの際は、肌に負担をかけないことが大切になる。

男肌は紫外線のダメージを受けやすい

男肌は皮脂量が多く、水分量が少ない

女性の肌と比べると、男の肌は皮脂量が多く、水分量が少ないのが特長。毎日のシェービングからも、肌は負担を受けている。

肌の油分量図1 肌の油分量

[皮脂量の違い]図1を見ると、30代の男性の油分量(皮脂)が一番多く、年齢が上がるにつれて女性と差が開いていく。 皮脂が多いと、見た目にも「テカテカ」した肌になり、毛穴に汚れがつまりやすくなるため、毛穴が開き、ニキビの原因になってしまう。

肌の水分量図2 肌の水分量

[水分量の違い]図2を見ると、女性に比べてどの年代でも水分量が少ないことが分かる。 特に口元は(図3)シェービングでカサカサに乾燥しがち。乾燥はシワの原因にもなり、老けた印象を与えてしまう。

シェービング部の水分量図3 シェービング部の水分量

電気シェーバーと安全カミソリの違い

安全カミソリが「つまんで」「引っぱって」「順剃り」するのに対し、シェーバーは「押して」「絞り出して」「逆剃り」する。この違いが、それぞれの剃り味の違いになっている。

  • 安全カミソリ安全カミソリ

  • 電気シェーバー電気シェーバー

  • ※ 写真・イラストはイメージです。