考えつくされたカタチ「ルーロ―の三角形」とは

ルーローの三角形 ルーローの三角形

小回りが利く! 隅に強い!

「ルーローの三角形」とは、運動学の父と呼ばれる19世紀のドイツの機械工学者「フランツ・ルーロー」が開発した定幅図形です。
回転したときの径が変わらないので、正方形に内接して回転できます。

正方形に内接して回転

こんなトコロにも「ルーロ―の三角形」

ドリル

回転させると、正方形に近い形の穴を開けられます。

ロータリーエンジン

自動車のエンジンにも使われています。

ロボット掃除機こそ「ルーロ―の三角形」に!

吸込口の幅180mm吸込口の幅180mm
1

三角形だから、壁際や部屋の隅までしっかり届く!狭い場所でもスムーズに方向転換できる。

2

180mmのワイドな吸込口を前方に配置。2本のサイドブラシで集めたゴミを吸込口中央にかき入れる。

ルーロ ラインアップ

MC-RSF1000

3種類の障害物センサー搭載。間取りの学習(マッピング機能)や、スマホ操作も可能*1。「アクティブリフト」で段差もスムーズに乗り越える*2プレミアムモデル。

MC-RSF1000
NEW MC-RSF700

3種類の障害物センサーを搭載。間取りの学習(マッピング機能)や、スマホ操作も可能*1なハイスペックモデル

MC-RSF700
NEW MC-RSF600

2種類の障害物センサーを搭載。気になる部屋をまとめてお掃除。スマートフォンアプリ「RULOナビ」で外出先などからの操作も可能*1なスタンダードモデル

MC-RSF600
MC-RSC10

充実の機能はそのままに、ルーロを小型化。コンパクトモデルのスタンダード

MC-RSC10

*1 MC-RSF1000・RSF700・RSF600のすべての機能をお使いいただくためには、スマートフォン及びWi-Fi環境が必要です。通信環境や使用状況によっては、ご利用できない場合があります。
*2 床面の材質や形状によって乗り越えられない場合があります。