インタビュー 生体工学の観点からみた「腰痛」と「掃除」の意外な関係とは インタビュー 生体工学の観点からみた「腰痛」と「掃除」の意外な関係とは

※この記事は、2017年モデル MC-JP800G で構成しています。

大森豪教授

プロフィール

大森 豪 (おおもりごう)教授

1958年生まれ。1985年新潟大学医学部卒業。
新潟大学助教授を経て2004年より新潟大学超域研究機構教授に就任。
2013年より新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科教授。
専門:整形外科(膝関節外科)、スポーツ医学、生体工学
著書:『図解 中高年の「ひざ」の痛み―変形性膝関節症の予防と治療』
その他:アルビレックス新潟FC チームドクター

「掃除機がけ」と「前屈み」

「掃除機かけ」と「前屈み」

気づいていないうちにこんな姿勢で掃除していませんか?

掃除機がけをする時に、無意識に腰への負担の多い前屈み姿勢になっている人は意外に多いのです。無意識の姿勢の積み重ねが、あなたの「腰痛」を引き起こしているのかもしれません。

「姿勢」と「腰痛」の深い関係

「姿勢」と「腰痛」の深い関係

日頃の姿勢が腰痛に影響!もちろん掃除機がけも無関係じゃない!

頭の重さは体重50kgの人で5kgくらいあります!

腰痛のメカニズム

人間の頭の重さは体重に対し8~13%(約10%)と言われています。体重50Kgの人だと約5Kgにもなるんです。体の重心が一直線上にある場合は頭の重さを上手に支えることができますが、頭が前傾したり、前屈み姿勢になっていると、体に約2~3倍の負荷がかかる事になります。つまり、約10~15Kg分くらいの負荷が体にかかってくるのです。そうすると、首や肩、足腰に過剰な緊張が強いられるようになります。その過剰な緊張状態で頭を支えるので首こりや肩こり、腰痛が起こりやすくなります。

日本人(女30歳代)の平均身長・平均体重の推移

身長と腰痛の関係

さらに、戦後から現代までに日本人の身長は伸びています。特に女性は身長の伸びに対して体重の伸びが低くなっており、男性に比べて痩せ形の人が増えていると言えます。痩せ形の人は一般的に腰を痛めやすいと言われています。なぜなら痩せている人は体格から見た頭の重さが大きくなりますので、頭の重みによって重心位置が前方に傾いてしまいやすいのです。それを補うために日常的に腰部を後方に反らして腰に負担を強いてしまうのです。

多くの腰痛の原因は「筋肉痛」?

多くの腰痛の原因は「筋肉痛」?

腰痛の原因はさまざまですが、多くの人が「筋肉」が原因で起こる腰痛に悩まされています。
その一つに「筋・筋膜性腰痛」というものがあります。「筋・筋膜性腰痛」とは、腰周辺の筋肉疲労による痛みです。前屈みなどの腰の負担が大きい姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張して固くなります。柔軟性が低下することで筋肉が損傷しやすくなり、傷ついた筋線維を修復しようとする時に炎症が起こり、痛みを伴うと言われています。

「掃除機がけ」をラクに、楽しく!

「掃除機かけ」をラクに、楽しく!

カラダへの負担を減らす事にこだわり開発された掃除機「MC-JP800G」を大森教授に使っていただき、使用感やオススメのポイントについてお話を頂きました。

point1 アタッチメントの軽量化・形状改良

まずはアタッチメントですね、新製品のJP800Gは従来の掃除機よりも、(アタッチメント)質量がとても軽くなりましたね。手元のハンドル部分が長く、体の近くで持てるのも軽く感じるポイントですね。
例えば、物を持つ時でも体に近い所で持った方が軽く感じるように、掃除機のハンドルも体の近くで持つと少しの力で操作ができるので両手使いにならず、片手でラクに操作ができますね。

point2 LEDナビライト

つぎに「LEDナビライト」も良いですね。元来、日本の住居は、隣接する家と家の距離が狭かったり、採光性に配慮されていない場合があり、暗い場所が多く感じます。暗い場所ではゴミも見えにくく、特に前屈みの姿勢になりがちです。
この掃除機にはLEDライトが付いていて、明るくゴミを照らしてくれるので、ゴミが見えやすく、無理な姿勢を軽減してくれるのではないでしょうか。

point3 本体2.0kgの軽量ボディ

そして、この掃除機で一番驚いたのは、(掃除機本体が)本当に軽い事です。階段や敷居、高い所や狭い所が多くある日本の住居では、掃除機を持ち運びながらかける事も多いと思います。
持ち歩く際に軽量なモノの方が身体にも負担なく、毎日の家事が無理なく行えるので、この点でも体への負担に配慮した掃除機と言えるでしょう。

大森豪教授

日本人のライフスタイルや住宅事情に配慮し、少しでも家事の負担を減らしたいという想いから誕生した、Jコンセプト掃除機 MC-JP800G。今回生体工学の観点でお話をして下さった大森豪先生本当にありがとうございました。