ロボット掃除機

ついに誕生、次世代ロボット。,レーザーSLAM搭載ルーロ ついに誕生、次世代ロボット。,レーザーSLAM搭載ルーロ

部屋のスミや壁ぎわ、家具のキワまでキレイにするロボット掃除機、RULO

ラインアップ

MC-RSF1000

ロボット掃除機の不安を一掃!
間取りをすばやく正確に把握することで今まで見逃していた場所もしっかりお掃除する次世代ロボット掃除機

MC-RSF1000 搭載機能:クリーンセンサー、3種類の障害物検知センサー、稼働面積最大130畳、スマホで掃除RULOナビ、間取りを素早く認識レーザーSLAM、段差を乗り越えるアクティブリフト

NEW MC-RSF700

3種類のセンサーを搭載。間取りやゴミのたまりやすい場所をすばやく学習し、賢く丁寧にお掃除。スマートフォンアプリ「RULOナビ」で外出先などからの操作も可能。※2

MC-RSF700 搭載機能:クリーンセンサー、3種類の障害物検知センサー、稼働面積最大120畳、スマホで掃除RULOナビ、間取りを素早く認識レーザーSLAM

NEW MC-RSF600

2種類のセンサーを搭載。気になる部屋をまとめてお掃除。スマートフォンアプリ「RULOナビ」で外出先などからの操作も可能。※2

MC-RSF600 搭載機能:クリーンセンサー、2種類の障害物検知センサー、稼働面積最大50畳、スマホで掃除RULOナビ、間取りを素早く認識レーザーSLAM

MC-RSC10

充実の機能はそのままに、ルーロを小型化。コンパクトモデルのスタンダード

MC-RSC10
  • MC-RSF1000・700・600はスマートフォンのアプリを使って、遠隔操作やお掃除記録の確認ができます。万一、リコール対象(当社が無償で点検・修理、または交換などを行うこと)になった場合は、不安全を回避するため、当社がアプリの画面で事前にお知らせしたうえで、運転および充電を停止させることがあります。

ルーロ 商品特長

アップデートにより使い勝手を向上

ルーロは、本体ソフトウェア(「RULO AI」)のアップデートにより、より便利に使いやすく進化していきます。(MC-RSF1000、RSF700、RSF600)

画像:スマホでルーロを操作している様子
三角形のルーロだから、部屋のスミまでしっかり届く

パナソニック独自の三角形状だから、部屋のスミまでブラシが入り込み、本体を左右に振りながら、しっかりとゴミをかき出すことができます。

画像:ルーロが部屋の隅まで掃除している様子
障害物検知センサー搭載

障害物を検知して、家具のキワまでしっかり掃除。透明な障害物も判別し、ギリギリまで近づいてキレイにします。

画像:センサーが障害物を検知している様子
クリーンセンサーで「見えないゴミ」まで逃がさない

目に見えない約20 μmのハウスダストまで検知する「クリーンセンサー」。ゴミが多いところでは自動でパワーアップするなど、ゴミの量に応じて動作を制御。

画像:クリーンセンサーが作動してルーロのランプが赤く点灯している様子

ルーロ 機能比較

SLAM技術※3の進化

新製品に搭載の「レーザーSLAM」は、360°全方位を検知※4するレーザーセンサーにより、空間認識能力が格段にアップ。部屋の間取りを正確に把握し、走行していない約8 m先までを捉えマッピングが可能に。これにより、掃除の遂行性能があがりました。

MC-RSF1000

MC-RSF700

MC-RSF600

MC-RSC10

クリーンセンサー
障害物検知
センサー

360°レーザー(幅約2 cm※4)/赤外線/超音波センサー

360°レーザー(幅約2 cm※4)/赤外線/超音波センサー

360°レーザー(幅約2 cm※4)/赤外線センサー

赤外線/超音波センサー
最大稼働面積※1 約130畳※1 約120畳 約50畳 約20畳
スマホで掃除
RULOナビ※2

間取りを学習し効率掃除

掃除結果がわかるゴミマップ

※1 当社試験環境による試験結果。床の材質、部屋の形状、家具の配置、充電台の位置、ゴミの量により異なります。MC-RSF1000は専用アプリ「RULOナビ」による本体ソフトウェアのアップデートが必要です。アップデートは2020年10月下旬より開始予定。
※2 Android5.0以上、iOS10.0以上をお使いください。「RULOナビ」アプリはタブレット端末には対応していません。Wi-Fi環境が必要です。セキュリティ対策のため、必ず暗号化方式WPA2またはWPA(いずれもTKIPまたはAES)の設定ができる無線LANルーターをご使用ください。通信環境や、使用状況によっては、ご利用できない場合があります。「RULOナビ」アプリのサービスのご利用にはパナソニックの会員サイト「CLUB Panasonic」への登録が必要です。Androidは、Google LLCの登録商標です。MC-RSF1000・RSF700・RSF600のすべての機能をお使いいただくためにはスマートフォン及びWi-Fi環境が必要です。通信環境や使用状況によっては、ご利用できない場合があります。
※3 SLAM(スラム)技術…Simultaneous Localization and Mapping (自己位置推定と地図作成を同時に行う技術)
※4 環境や家具の配置・色・素材により検知しない場合があります。

【リアルタイムマップについて】
<運転時のお知らせ>
・スムーズに本体が動くように部屋を整えると、実際の間取り、ロボットの動きに応じたリアルタイムマップが表示されます。
・ロボットはレーザーセンサで測定した壁までの距離とタイヤの回転情報などからリアルタイムでマップを作成して自分の位置を認識し、掃除ルートを決めています。次のような場合には、実際の間取りと異なる壁や床が表示されたり、ロボットが実際と異なる位置に表示されたり、部屋全体をうまくお掃除できないことがあります。

  • じゅうたんや段差などで本体のタイヤがスリップしたり、本体が傾いたとき

  • 掃除中にドアを開閉したり、家具などの配置を変えたりしたとき

・レーザーを透過するガラスや反射する鏡などがある場合は壁や床が正しい位置に表示されない場合があります。
・充電台周辺の部屋の形状をもとにマップの向きを決定しています。次のような場合はマップが斜め向きに回転して表示されることがあります。物、もしくは充電台の置き場所を変更して再度運転してください。

  • 充電台周辺に斜めに物を置いた時

ロボット掃除機がよくわかる!

おまかせ!RULOじっけん室

子どもから大人まで実力を認めたルーロの魅力とは?さまざまな角度から最新ルーロを徹底検証。

おまかせ!RULOじっけん室
考えつくされたカタチ「ルーローの三角形」とは

パナソニックのロボット掃除機に採用されている、「ルーローの三角形」って? その特徴やどのようなところで使われているのかをご紹介。

「ルーローの三角形」のイメージ画像です。クリックすると考えつくされたカタチ 「ルーローの三角形」とはページへ移動します。
買ってみたら、こんなに変わった。ロボット掃除機 ルーロ

ロボット掃除機に対するさまざまな疑問を、ご使用いただいている皆さまの声から解消いたします。

買ってみたら、こんなに変わった。ロボット掃除機 ルーロ
開発ストーリー/ロボット掃除機 RULO(ルーロ)

日本人の美意識に応えるために。ロボット掃除機「ルーロ」開発の経緯に迫ります。

開発ストーリー/ロボット掃除機 RULO(ルーロ)
まるわかり!RULOナビ

新しいルーロはスマホで操作!設定方法や機能をご紹介。

まるわかり!RULOナビ

新着情報

商品ラインアップ

NEW スティック掃除機

フロアもすき間も壁ぎわもスイスイお掃除

【バナーリンク】スティック掃除機TOP

NEW ロボット掃除機

独自の三角形状で、隅の掃除に強い「ルーロ」

【バナーリンク】ロボット掃除機TOP

床拭きロボット掃除機

回転式ローラーでキレイな面で拭いて、拭き残しを抑える。市販の拭きシートも使える

【バナーリンク】床拭きロボット掃除機 MC-RM10

サイクロン式掃除機

お手入れもカンタン!パワフルな吸引力が長く続く

【バナーリンク】サイクロン式掃除機TOP

NEW 紙パック式掃除機

ゴミすては紙パックをすてるだけ。軽量でお掃除ラクラク

【バナーリンク】紙パック式掃除機TOP

ふとん掃除機

センサー搭載で、キレイが見える

【バナーリンク】ふとん掃除機TOP