秋田県

秋田 至高の一膳 秋田 至高の一膳

銘柄:あきたこまち

銘柄:あきたこまち

平安時代の歌人「小野小町」にちなんで名づけられた、秋田を代表するお米。
旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどバランスが非常によく、日本全国で食べられています。透明感、光沢、香りとも優秀でツヤツヤと輝くもち肌が特徴です。冷めても美味しいのでお弁当やおにぎりにもおすすめです。

こだわりの炊き技

こだわりの炊き技

本場秋田の「こまち」は、透明感があり、すっきりした風味とあっさりした触感が特徴です。このすっきり感を引き出すために、あえて吸水工程の時間を短めにし、その後の炊き上げを高火力にすることで粒の芯までの吸水と糊化を一気に進めて、必要以上の粘りを出さずにしゃっきりと炊き上げます。

至高の一膳:「あきたこまち」御膳

御膳

監修:料亭 濱乃家 女将 竹島仁子 氏

秋田の人間は、どんなごちそうでも最後は必ずごはんとがっこ(漬け物)で締めくくります。
魚塩汁(しょっつる)の汁物も合わせ、郷土を代表する一膳です。

ごはん

ごはん

あきたこまちは、粘り気ともちもち感が特徴なのですが、「Wおどり炊き」で炊いたあきたこまちは、冷めてももちもち感が続いていてびっくりしました。「Wおどり炊き」マジックですね。

ごはんのお供

ごはんのお供

彩りがっこづくし

秋田では漬け物のことを「がっこ」と呼び、なかでも王様と言っていいのが「いぶりがっこ」です。大根を燻して、ぬかと塩に漬けたもので、各家庭によって微妙に味付けが変わるのも面白味のひとつです。
この「いぶりがっこ」に、「ちょろぎ」と「なた漬け」というこれも秋田ならではの漬け物も添えた秋田づくしの逸品です。

「いぶりがっこ」「なた漬け」のご購入はこちら(外部サイト)
※「なた漬け」は冬季限定

「ちょろぎ」のご購入はこちら(外部サイト)

汁もの

汁もの

鯛の塩魚汁かやき

肉や魚、季節の魚や野菜、山菜などを、味噌、塩、醤油、魚汁などで煮込む秋田特有の汁もの料理。おすすめは「鯛」を秋田の塩魚汁(しょっつる)という魚醤で味付けしたもの。長なすやマイタケなどと一緒にいただく風味豊かな逸品です。

<材料>四人前

・鯛 切り身(約100g)2枚
・長なす 1本
・長ネギ 1本
・マイタケ 1パック
・セリ(なければ春菊)1/2束
・刻み昆布 8g
・塩魚汁 80ml
・日本酒 180ml
・水 1ℓ

<作り方>

① 鯛は3~4㎝のぶつ切りにして、軽く湯通しし、水でさらす。

② 長なすは半月切りで1㎝幅に揃え、長ネギは斜め切りで2㎝幅に切り、それをさらに半分に切る。マイタケはざっくりと手で裂き分ける。セリ(なければ春菊)は4㎝程度に切りそろえておく。

③ 鍋に1ℓの水、日本酒、昆布、塩魚汁、①、②入れて沸騰させたらできあがり。塩加減は、塩魚汁の調節で。

料亭 濱乃家

2018年に100周年を迎える秋田を代表する老舗料亭。裏千家十四代家元・千宗室氏が設計した茶室「有竹庵」など歴史的な価値ある空間の中で、懐石料理を味わえる。
女将の竹島仁子さんは、元秋田テレビアナウンサー。きめ細やかな心配りで店を切り盛りする。
http://www.hamanoya.co.jp/

料亭 濱乃家
その他エリアの「至高の一膳」 その他エリアの「至高の一膳」 その他エリアの「至高の一膳」