宮城県

宮城 至高の一膳 宮城 至高の一膳
銘柄:だて正夢

銘柄:だて正夢

「だて正夢」の名前には、宮城県を代表する戦国武将「伊達政宗公」の名前を連想させるシンボル性とみやぎ米の夢をかなえ、復興への力となるようにとの願いが込められています。
特長は、これまでのみやぎ米にはない ‘’もちもち‘’とした食感と甘みの強さ。しかも、冷めても柔らかく、お米一粒一粒がしっかりと感じられ、ごはんそのものの美味しさが際立つお米です。

こだわりの炊き技

こだわりの炊き技

粘りが出すぎないように、低めの温度で吸水させてから、高火力で一気に炊き上げることで、一粒一粒をしっかりさせています。だて正夢のもちもち感や甘さを引き出すために圧力は長めにかけており、冷めてもおいしいごはん仕上げています。

至高の一膳:「だて正夢」御膳

御膳

監修:懐石料理 東洋館 料理長 佐藤武 氏

宮城で昔からおばあちゃんの味として知られ、素朴でありながら味わい深く飽きのこない、しそ巻きと仙台味噌を使用した秋の風物詩でもある芋煮。粘りがありもっちりとした「だて正夢」を始め、どんなお米にも合うので、お米を食べ分ける時代でも充分に楽しめる、宮城の至高の一膳です。

ごはん

ごはん

だて正夢は小粒ながら味わい深く、米一粒一粒がもちもちとした食感の良さが特長のお米です。「Wおどり炊き」で炊き上げただて正夢は、お米本来のツヤ、膨らみ、甘味、旨味を引き出し、噛めば噛む程だて正夢の持っているもちもちとした食感や、粘りが充分に味わえました。

ごはんのお供

ごはんのお供

風味豊かな仙台しそ巻き

仙台しそ巻きは味噌に砂糖、クルミ、ゴマなどを加えて、甘辛く風味豊かにし、青しその葉で巻き、揚げ焼きにします。郷土の味、おばあちゃんの味の、昔ながらのごはんのお供ですね。

「仙台しそ巻き」のご購入はこちら(外部サイト)

汁もの

汁もの

野菜たっぷり具だくさん仙台芋煮

仙台の芋煮は、豚肉と味噌(仙台味噌)を使うことが特徴です。これに里芋、白菜、舞茸、シメジ、長ネギ、にんじん、ゴボウなどたっぷりの野菜とキノコ類を加えた汁ものは、宮城の秋の風物詩。河原で大きな鍋で具沢山の汁を作り、大き目のどんぶりによそって、みんなでいただきます。

<材料>四人前

・豚バラ肉 150g
・長ネギ 60g(斜め切りにする)
・出汁(かつお出汁) 1600ml
・サラダ油 小さじ1
・生姜汁 小さじ1/2
・仙台味噌 50g
・白味噌 10g
・酒 大さじ2
・みりん 大さじ1
・七味唐辛子少々

(A)
・里芋 240g(1/2に切る)
・大根 100g(厚さ1㎝くらいの銀杏切り)
・にんじん 60g(厚さ1㎝くらいの銀杏切り)
・ゴボウ 60g(ささがき)
・こんにゃく 80g(手でちぎり、あく抜きをしておく※)
※塩を振り、よく揉む。ぬめりを取るようにしっかり流水で洗う。沸騰したお湯で、3分ほど茹で、ざるにあげてしばらく置く。

(B)
・舞茸 60g(石づきを取り、手でほぐす)
・シメジ 60g(石づきを取り、手でほぐす)
・白菜 60g(色紙に切る(長さ2㎝、厚さ1mmくらい))
・シイタケ 4ヶ(1/2に切る)
・豆腐 100g(1/8に切る)

<作り方>

① 豚バラ肉は3㎝くらいに切り、熱したフライパンにサラダ油を入れ、炒めながら生姜汁少々を入れ、さらに出汁を加えて中火で3分煮る。

② ①に(A)の材料を入れ、酒、みりん、仙台味噌、白味噌を、2~3回に分けて加えて中火で25分煮て、味を馴染ませていく(アクは適宜取り除く)。

③ ②に(B)の材料を入れ、さらに中火で5分煮込む。

④ 最後に長ネギを加えて中火で3分煮る。

⑤ 器に盛り、七味唐辛子はお好みで。

懐石料理 東洋館

創業は明治40年。仙台市内から広瀬川を隔てた丘陵地の向山にある老舗料亭。当時のままの木造建築は、歴史の重みを伝える重厚さとあたたかなくつろぎを醸し出す。料理長の佐藤武氏は20年前より、東洋館で腕を奮う。
http://www.toyokan.jp/

懐石料理 東洋館
その他エリアの「至高の一膳」 その他エリアの「至高の一膳」 その他エリアの「至高の一膳」