FLORAL PLATE PROJECT

FLORAL PLATE PROJECT

口内に残った食べかすは様々なトラブルを引き起こします。歯みがきしてるから大丈夫?そんなあなたは、きっと目を疑うはず。

キレイだと思ったら大間違い!食後の口内を再現するお皿

歯形から柄をつくり、お皿に歯の隙間と同様の細かい溝を彫って制作したFL”ORAL” PLATE。

実際にこのお皿で食事をすると、
細かい食べカスが溝に詰まっていく様子に気づくはず。

FL”ORAL” PLATE 1
 FL”ORAL” PLATE 2
FL”ORAL” PLATE 3
FL”ORAL” PLATE 4
EAT,BRUSH,FLORAL?

お皿を歯ブラシで磨いても、隙間に詰まった食べカスは全く取れません。展示されていた美しいお皿は、実はブラッシングした後のものなのです。実際に歯ブラシだけでは、約40%の汚れが残ると言われています。残った汚れを口腔洗浄器「ジェットウォッシャー ドルツ」の超音波水流がキレイに取り除き、お皿を真っ白に戻すのです。

*出典「日本歯科保存学雑誌,48,272(2005)」

+αの「歯周ポケット洗浄」で歯の磨き方改革!

動画からわかるように、一般的な歯ブラシでの歯みがきとうがいだけでは、まだ汚れが歯周ポケット内に残ってしまいます。“+α”のケアというと歯間ケアが一般的ですが、同様に重要なのが「歯周ポケット」のケアです。 口腔洗浄器を使い、歯周ポケット内に残った汚れをしっかり洗い流すことが大切です。

そこで覚えておきたいのが、オーラルケアの「FBI」。「FBI」とは、「F」=歯と歯のすき間ケア「フロッシング」、「B」=歯の表面のケア「ブラッシング」、「I」=口内の洗浄「イリゲーション」の3つの頭文字で、歯ブラシで歯面のブラッシングを行い、すき間をデンタルフロスでフロッシングしたあと、最後に歯周ポケット内の汚れを口腔洗浄器で汚れを十分に洗い流しましょう。

歯の磨き方改革 歯の磨き方改革

歯みがきしても残る汚れを、超音波洗浄が強力除去!

ブラッシングで残った汚れもジェットウォッシャーの独自技術である超音波水流なら、歯と歯の間の細かい隙間に詰まった食べカスを気持ちよく除去します。

超音波洗浄が汚れを強力除去

※バブルが弾ける際の衝撃波により超音波が発生する水流。