ホームシアター基礎知識

こんな時にエコ機能

■番組のジャンルによっても消費電力を抑えます

例えばドラマ・ニュース・バラエティなど、比較的音量変化の少ない番組では、シアターシステムが自動的に消費電力を抑える「番組連動おまかせエコ*1」機能を搭載。
見えないところでもしっかりと”エコ”します。

*1 2009年モデルビエラ Zシリーズ、2010年以降のビエラ(X6シリーズ、L23X50、L19X50、L23X5、L19X5、L19X3、すべてのCシリーズを除く)と、2010年以降のシアターシステムの組み合わせに対応。ビエラとシアターシステムを、HDMIケーブルおよび光デジタルケーブル(2010年以降のビエラとシアターシステムの組み合わせでは不要)で接続する必要があります。

消費電力の通常状態とエコ状態を自動で切換えるイメージ
■ボリュームを小さくした時も消費電力の節約ができます

夜間などで比較的ボリュームを小さくして楽しむ際には、「ボリューム連動しっかりエコ」機能でジャンルを問わず消費電力を抑えることができます。

■使っていないときは自動で電源をオフ!

機器が増えると、ついやってしまうのが電源の切り忘れ。
例えば、音声の出力をシアターシステムからテレビに切り替えたときは、テレビは見ているがシアターシステムを使っていない状態なので、電源が点きっぱなしになっているのは、非常にもったいない。

そこでパナソニックでは、使用していないときは自動で電源が切れる「こまめにオフ*2」機能を搭載。
うっかり消し忘れを防止し、電気代やエコに配慮しています。

*2 ビエラとシアターシステムを、HDMIケーブルおよび光デジタルケーブル(2010年以降のビエラとシアターシステムの組み合わせでは不要)で接続する必要があります。

自動で電源オフのイメージ