NEW 4Kパススルー対応 シアターバー SC-HTB01 2019年1月下旬発売予定

SC-HTB250-K コンパクトサイズでパワフルな重低音を再現。 SC-HTB250-K コンパクトサイズでパワフルな重低音を再現。

「ファイナルファンタジーXIV※1」推奨
世界初Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)、DTS:X®/Virtual:X™
3つの先進技術を採用

*市販のシアターバーとして、2019年1月25日発売予定。

Bluetooth Dolby Atmos DTS:X
DTS:X/Virtual Hi-res AAC 1080p入出力対応

【株式会社スクウェア・エニックス共同開発のゲームモード】 ゲームジャンルに合わせて選べる3つのサウンド

株式会社スクウェア・エニックスと共同開発したゲームユーザー向けの3つ「ゲーム」モードを搭載。「ファイナルファンタジーXIV※1」のプレイにおける検証基準をクリアしました。プレーするゲームソフトに適した音響効果に切り替えることができます。

●ゲーム1 RPGモード
世界の中にいるかのような臨場感と迫力が楽しめます。

*ロールプレイングゲーム

RPGに適したモード

●ゲーム2 FPS*1モード
正確な音の定位置が得られ、足音などが聞き取りやすいので、FPS*1やTPS*2、マルチプレイゲームに最適です。

*1 ファーストパーソン・シューティングゲーム
*2 サードパーソン・シューティングゲーム

●ゲーム3 ボイス強調
人の声が聞き取りやすく、シナリオに没頭できます。

その他のサウンドモード

●スタンダード
ドラマ・バラエティに最適

サウンドモード スタンダードのイメージ画像

●ミュージック
広がり感のあるサウンド

サウンドモード ミュージックのイメージ画像

●シネマ
立体的・迫力を満喫

サウンドモード シネマのイメージ画像

【ドルビーアトモス、DTS:X®/Virtual:X対応】 3Dサラウンドが楽しめる先進の音声処理技術を採用

音像の移動感や位置情報を表現するオブジェクト信号を加えたドルビーアトモス、DTS:X®/Virtual:X™に対応。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、上方向からの音に包み込まれるリアルな音響空間を楽しめます。

Dolby Atmos®、DTS:X®/DTSVirtual:X™対応
ドルビーアトモス、DTS:X®/Virtual:X

ドルビーアトモスや、DTS:X®はスピーカーに音を割り当てるチャンネルベースとは異なり、物体に音を割り当てることでその動きを表現するオブジェクトベースなので、コンテンツ制作者の意図通りに、高さ方向を含めた3次元空間に音を正確に定位・移動させることができます。これによりトップスピーカーやイネーブルドスピーカーを使わずに2.1chのスピーカーで立体的な音響効果が得られます。

■上下の立体的な移動感も表現できる3Dサラウンド

従来の前後左右の音像の移動だけでなく、上下方向の動きを加えた立体的な音像を体感できます。

従来のサラウンド

前後左右の動きを表現し、ステレオでは得られない臨場感を味わえます。

従来のサラウンド
3Dサラウンド

高さ方向の音場を仮想的に表現し、立体的な音響効果を実現します。

3Dサラウンド

【高音質設計】 1台で3Dサラウンドとハイレゾ音源に対応

■複雑なシアターシステムを組まずに楽しめる

ツイーターとフルレンジを左右2基、そしてウーハーを上方のスリット部に配置した2.1chのスピーカー構成で迫力あるサウンドを実現。複雑なシステムを組まなくても、コンパクトなボディひとつでドルビーアトモスなどに対応した臨場感あふれる3Dサラウンドを楽しめるほか、CDよりも情報量の多いハイレゾ音源も味わえます。

複雑なシアターシステムを組まずに楽しめる。
■コンパクトなのに高音質なスピーカー設計

・パッシブラジエーター
上下対向配置により低音を増幅するとともに、スピーカーボックスの共振を抑え、歪みやノイズを低減した豊かな音を再生。
・サブウーハー
上向きに配置し、上方スリット部から前向きに再生。薄型ながら迫力の重低音を実現。
・ハイレゾ対応ツイーター
50kHzまでの高音域を再生でき、高音を細部まで表現。
・フルレンジスピーカー
ネオジウムマグネットを使用し、サイズを超えたレスポンスの良さとクリアでパワフルな中域再生を実現。

スピーカー図

【4Kパススルー(HDCP2.2)対応】 4K対応レコーダー・プレーヤーなど4K機器の映像を送信

4Kコンテンツの著作権保護技術HDCP2.2に対応したHDMI端子を搭載。4K出力対応のパソコンやレコーダーやUltra HD ブルーレイディスクプレーヤー、ゲーム機などの機器から受け取った4K映像信号、HDR信号を4Kテレビに送信できます。

●本機に4K/60p対応のブルーレイ機器などを接続する場合は、18Gbps対応の「ハイスピードHDMIケーブル(別売)」が必要です。

【デザイン】 パソコンデスクにも設置しやすいコンパクトサイズ

幅43cm、高さ5.2cmのコンパクトな設計で、パソコンデスクやテレビの足元に置いても画面が見やすく、視聴の邪魔になりません。4K液晶ビエラFX780/FX600シリーズのスタンド部分にぴったりと収まります。

・スタンド幅が選べる4K液晶ビエラ「FX780シリーズ」
・機能を絞ったシンプルな4K液晶ビエラ「FX600シリーズ」

*バージョンアップ専用端子は、本機をUSBメモリーでバージョンアップするときに使います(通常は使用しません)。バージョンアップについて、詳しくはサポートサイトをご確認ください。

【Bluetooth®対応】 スマートフォンに保存した音楽をワイヤレス再生

スマートフォンやタブレット端末などのBluetooth®対応機器に保存した音楽をワイヤレス再生可能。ハイレゾ音源にも対応し、迫力あるサウンドが手軽に楽しめます。

パナソニックの音楽再生アプリ「Panasonic Music Streaming」対応。

【使いやすさ】 テレビのリモコン1つでシアターバーもかんたんに操作可能

HDMI-CEC※2対応によりテレビに連動し、テレビリモコンの操作で本製品の電源オン/オフや音量調節ができます。

その他の特長

●ドラマやニュース、バラエティ番組のセリフが聴き取りやすい「明瞭ボイス」
●「光デジタル音声入力端子」搭載
●対応のブルーレイディスクレコーダーと組み合わせて高音質を楽しめる「ブルーレイ リニアPCM」入力対応
●サウンドモードを自動で切り換える「番組ぴったりサウンド」
●番組のジャンルに合わせて消費電力を抑える「番組連動おまかせエコ」

無線機能のご利用にあたって

■使用周波数帯

内蔵無線機器は2.4 GHz帯の周波数帯を使用しますが、他の無線機器も同じ周波数を使っていることがあります。他の無線機器との電波干渉を防止するため、以下の事項に留意してご使用ください。

■周波数表示の見かた

周波数表示は、定格銘板に記載しています。

周波数表示は、定格銘板に記載しています。

① 2.4 GHz帯を使用

② 変調方式がFH-SS 方式/電波与干渉距離40 m 以下

③ 2.400 GHz~2.4835 GHzの全帯域を使用

この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用されている移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)が運用されています。

1.この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2.万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用する場所を変更するか、または電波の使用を停止した上、下記連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(たとえば、パーテーションの設置など)についてご相談ください。
3.その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、次の連絡先へお問い合わせください。

連絡先:パナソニック株式会社 DIGA(ディーガ)・オーディオご相談窓口

フリーダイヤル 0120-878-982

●携帯電話・PHSからもご利用になれます。

※オープン価格商品の価格は、販売店にお問い合わせください。
※1 株式会社スクウェア・エニックスが開発したファイナルファンタジーシリーズの第14作目にあたり、壮大な“エオルゼア”という世界を舞台に、ネットワークを通じて世界中のプレイヤーと共に冒険ができるオンラインゲーム。
※2 HDMI-CEC規格に対応したテレビとのHDMIケーブル接続が必要です。本機はHDMI-CECに対応していますが、すべてのHDMI-CEC対応機器との動作保証をするものではありません。

●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。
●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
●Dolby、Dolby Audio、Dolby Atmos、ドルビー、Pro Logic及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの登録商標です。
●DTS、シンボルマーク、DTSとシンボルマークとの複合ロゴ、DTS:X、DTS:X ロゴ、Virtual:X、DTS Virtual:X ロゴは米国およびその他の国におけるDTS,Inc.の登録商標または商標です。DTS Digital SurroundはDTS,Inc.の商標です。©DTS,Inc.無断複写・転載を禁じます。
●DTS の特許については、http://patents.dts.com をご参照ください。DTS Licensing Limited からの実施権に基づき製造されています。
●©2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD.
●写真・イラストはイメージです。
●写真のテレビ、テレビ台、キーボード、マウスは別売です。

ピックアップ