セラピストも「高周波治療器 コリコランで肩・腰コラン」

ボディケアのプロが、高周波治療器 コリコランを体験しました

ボディケアのプロとして、たしかな技術と知識でお客様の健康な身体づくりをサポートする「Re.Ra.Ku」のセラピストたち。しかし、その多くは「自分自身のケアまでは手が回っていない」というのが実状のようです。そこで今回は、「Re.Ra.Ku」のセラピスト120人を対象に、コリコランの3週間体験企画を実施。参加者を代表して、慢性的なコリに悩む3人の店長さんに感想を語っていただきました。

写真:「Re.Ra.Ku」のセラピストたち。左からY.Sさん、M.Oさん、C.Uさん

M.Oさん

血流が悪く冷え性。コリを意識し始めたのは中学生の頃。首、肩の慢性的なコリは姿勢の悪さが原因?

写真:M.Oさん

C.Uさん

コリを感じるようになったのはセラピストになってから。パソコン業務が急激に増え、コリが慢性化。

写真:C.Uさん

Y.Sさん

中学時代からの肩コリスト。現在は、パソコンによる眼精疲労が原因のコリにも悩まされている。

写真:Y.Sさん

人の疲れは癒せても、自分はなかなか癒せない

M.O「私は姿勢があまり良くないせいか、首の付け根あたりに疲れがたまりやすくて。あと、セラピストの業務は中腰や少し屈む姿勢が多いから、腰にも負担がきてる」

C.U「たしかに。長時間の施術になると正しい姿勢が維持しづらくなるせいか、腰だけでなく、ひどい時は肩まわりや指、手首まで疲れが出ちゃうことも…」

写真:M.Oさんによる施術の様子

Y.S「私も腰がいちばんキツいかな。それに、店長業務はパソコン作業も多いせいか、目の疲れからくる肩コリがヒドくて…」

C.U「私も!パソコン作業が重なると、目だけでなく、肩まわりまでガチガチになっちゃう」

Y.S「セラピストとしてお客様のお身体をほぐしたり、アドバイスはさせていただいているものの、自分自身のケアはなかなかできていないのが悩みの種だよね」

写真:Y.Sさんがパソコン作業している様子

使用前の肩コリ状況は?

全体の99%が「肩コリが気になる・つらい」と回答。「パソコン」や「施術」といった仕事の疲れから、日常生活での「スマホ」「運動不足」など、その原因はさまざま。コリ歴が長く、慢性化に悩んでいる方も多いことがわかりました。

円グラフ:全体の99%が「肩コリが気になる・辛い」と回答

スタッフ同士のほぐし合いやセルフケアでコリ解消。でも…

Y.S「長時間立ちっぱなしだと、足のだるさも気にならない? 私はコロコロでほぐしたり、湯船に入って温めたりしてるけど、一時的にラクになるだけで、すぐ元に戻っちゃう。みんなは普段、どんなセルフケアをしてる?」

C.U「空き時間に身体を伸ばしたり、自宅ではヨガやストレッチ。他店舗のボディケアを受けに行くこともあるけど、なかなか時間が取れなくて…。本当は週3ペースで通えるのが理想なんだけど」

写真:C.Uさんが左肩に右手を当てている様子

M.O「うちの店舗では、毎週日曜日の営業後にスタッフ同士でほぐし合いをしてる。個人的にやっているのは仕事の合間のストレッチ。あと、どうしてもツラい時のレスキューとして肩コリ用の塗り薬を常備してる(笑)」

C.U「スタッフ同士でほぐし合うこともあるけど、なかなか時間が取れないのが現状。だけど、あまりにみんなが疲れてるなと感じた時には、ミーティングの時間を使ってほぐし合うようにしてる。セルフケアもしてるけど、改善というよりは予防に近いイメージ。セルフケアをするのとしないのとでは、疲れ方もだいぶ変わってくると思う」

写真:Y.Sさんが左肩に右手を当てている様子

可愛くて、おしゃれな見た目にびっくり!

C.U「コリコランのデザインは高級感があるよね。本体のカットがキラキラしていて、可愛くておしゃれだなぁというのが第一印象」

Y.S「ブロンズゴールドのカラーも素敵だよね」

M.O「うん。メイク用コンパクトみたいな充電ケースも、治療器っぽくないデザインだから抵抗なく持ち歩ける」

写真:M.Oさんが「高周波治療器 コリコラン」一個を左手で持っている様子

93%が気に入ったデザイン

「スタイリッシュ」「キラキラして高級感がある」「思っていたより小さくて薄い」など、全体の93%が「高周波治療器 コリコラン」のデザインを高く評価。「プレゼントに最適!」という声も聞かれました。

円グラフ:全体の93%が「高周波治療器 コリコラン」のデザインを高く評価。

付けている感覚がなく、ノンストレス!

Y.S「テープとリングで好みの貼り方ができるのもいいよね。私は汗で取れちゃうのが心配だったから、リングを使ってみたけど、二人は?」

C.U「私もリングにしてみた。最初はやり方がちょっとわかりにくかったけど、一度やれば次からはカンタン」

M.O「私はテープにしたんだけど、元々肌が弱いからテープかぶれが心配だったの。でも、仕事中ずっと貼りっぱなしでも平気だったし、施術中に落ちちゃうこともなかった。粘着力は強いのに、肌にはやさしい。しかも、つけている感覚がなくてノンストレス!」

C.U「そう、つけていることを忘れちゃう!」

写真:M.Oさん(左)とC.Uさん(右)がそれぞれ「高周波治療器 コリコラン」を持って会話している様子

M.O「そういえば、コリコランを使い始めてから塗り薬を一度も使ってない。」

Y.S「そういえば私も、自分で肩を押したり、もみほぐすことが少なくなってきたかも」

C.U「劇的な変化はないけど、“最近調子良さそうだね“って周りに言われるようになったんだよね。モニターで借りたのが2個入りだったから、4個入りが欲しい!(笑)」

写真:C.Uさんが左肩に右手を当てている様

セルフケアのひとつとして使い続けたい!

C.U「コリコランは、ただ貼るだけで、痛みもなくコリ治療ができるのが魅力。セルフケアのひとつとしてこれからも続けていきたい。充電が長持ちするから、長時間つけられるのもうれしい」

Y.S「仕事をしているとどうしても肩がこってしまうので、継続して使い続けたい。家族にも使ってほしいから、欲張りに2個入りを2個買っちゃおうかな」

M.O「コリコランなら無理なく続けられそう。施術との併用で、セルフケアを充実させたい」

写真:左からY.Sさん、M.Oさん、C.Uさんがそれぞれ「高周波治療器 コリコラン」を持って会話している様子

93%が今後も使い続けたいと回答

モニター終了後の感想では、「使っていて気にならなかった」「かんたんに続けることができた」「コンパクトで持ち運びやすかった」など好意的な意見が多数。また、「継続して使うことに意味があると痛感」「使ってみて初めて自分の身体が疲れていることに気付いた」「セルフケアのいい習慣ができた」など、全体の93%が「継続して使いたい」と回答しました。

円グラフ:全体の93%が「継続して使いたい」と回答

【調査対象】リラクゼーションセラピスト計120名
【調査期間】2018年7月9日(月)~29日(日)
【調査方法】高周波治療器 コリコランを約3週間使用してもらい、使用実感のアンケート調査を実施。当社調べ。
個人の主観的な感想です。

NEW 高周波治療器 コリコラン EW-RA518(4個入り)

仕事時間がコリの治療時間に。肩・腰コリ改善を目的とした家庭用高周波治療器 コリコラン。腰アタッチメントがついて新登場!

高周波治療器 コリコラン EW-RA518

おすすめコンテンツ

肩コリストの高周波治療器 コリコラン体験談

総勢100人のモニターさんを代表して、4人の“肩コリスト”さんにお話を伺いました。

肩コリストの高周波治療器 コリコラン体験談