Digital FUN! 濱正悟×プライベート・ビエラ 15TD8

濱正悟×プライベート・ビエラ 15TD8 濱正悟×プライベート・ビエラ 15TD8

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」のルパンブルー / 宵町透真役などで知られる俳優・濱正悟さんが、防水テレビ「プライベート・ビエラ 15TD8」をキッチンに持ち込み、大好きなカレーを作る様子に密着。煮込む間の待ち時間は「プライベート・ビエラ 15TD8」を使って、“好きな料理が登場するドラマ”を視聴してもらいました。

★抽選でサイン入りチェキをプレゼント!7月9日まで!

デジナタ Panasonic presentsデジナタ Panasonic presents
濱正悟がオリジナルレシピでカレー作り!

濱正悟の「プレッシャーアクセントカレー」と名付けたオリジナルカレーを作る様子を動画レポート!
自らスパイスを持参したり、ナッツやセロリを加えて食感にアクセントをつけるなどのこだわりぶりをたっぷりお見せします。

──手際よくカレーを作っていただきましたが、普段から料理をされているんですか?

現在放送中の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」というドラマで、自分はルパンブルー / 宵町透真という役をやらせていただいているのですが、透真はシェフという役どころなので、去年の12月にクランクインをしてから料理を始めました。

ただ、カレーだけはその前からけっこう作っていたんです。昔は本当にただカレーが好きで、それも食べるだけだったんですけど、好きすぎて自分で作ってみようと思って。事務所の公式サイトで企画しているavexカレー部(※AAAの浦田直也が部長を務める、カレー好きアーティストによる“部活”)にも所属しているんです(笑)。

──本日はオリジナルレシピを教えていただきました。こういったレシピはどのようにして生み出すんですか?

人から教えてもらったり調べたりしたものに、自分で何かオリジナリティをプラスしています。2年前に「ZIP!」のレポーターをやっていたんですが、速水もこみちさんの「MOCO'Sキッチン」がすごく勉強になって、家で実際に作ってみたりしました。やっぱり料理はまねから入るって言いますよね。

普段、自分はけっこう目分量で作ってしまうところがあるんですが……まあ最後にはだいたいカレーになるので(笑)。そこがカレーのいいところでもありますよね。インドカレー、欧風カレー、タイカレー、いろんなカレーがありますが、1つひとつ全然が味が違うし、具も違うので、僕は全部別料理だと思っています。

プライベート・ビエラは手軽に持ち運ぶことができます。
──「ルパパト」がきっかけで料理を勉強し始めてから、カレー以外によく作るメニューがあれば教えてください。

最近は食生活をきちんとしようと思って、家に野菜を買いためているんです。オリーブオイルやバターを使って炒めて……結局「なんか味足りないな、スパイス入れちゃおう」と言ってカレーになっちゃったりもするんですけどね(笑)。

──今回「プライベート・ビエラ」を体験していただきましたが、家ではどんなテレビをお使いですか?

4、5年前、大学に入った頃にDVDレコーダー内蔵のものを買いました。でも「プライベート・ビエラ」みたいなセカンドテレビ、本当にいいですよね。キッチンでもお風呂でも使える、防水機能が付いているところがいいなと思います。あと僕はけっこう神経質なほうなので、汚れが気になっちゃうところがあって。(中性)洗剤でパッと洗えるのがいいなと思いました

──本日「プライベート・ビエラ 15TD8」を使ってみて、ほかに便利だと思ったポイントはありますか。

家で映画やドラマを観るときにもよく使うんですが、30秒送りや10秒戻しの機能は便利で、最高です! スマホに比べて画面が大きめなので、横に置いて料理番組を観ながら作るときもわかりやすくていいなと思いました。あとスマホで映像を観ているとすぐバッテリーが落ちちゃいますけど、「プライベート・ビエラ」は再生し続けても約3時間電池が持つと聞いて、魅力的に感じました。

──3時間まではカレーも煮込めますね。

はい。どんなカレーでもいけますね(笑)。

──今回は“好きな料理が出てくるドラマ”を視聴していただきましたが、ほかに「料理の合間に観たい作品」を挙げるとしたら?

料理にも注力したいので、そこだけにガッツリ集中していなくても楽しめるようなコメディものがいいですね。「勇者ヨシヒコ」シリーズとか「33分探偵」とか。福田雄一監督の作品は特に好きで、何回観ても笑えるのがすごいですよね。

──普段からコメディがお好きなのでしょうか。

はい。アクション系の邦画も好きですが、笑えるものが好きで、お笑いライブも観に行ったりしますよ。ラブストーリーでも、コメディ要素がある作品が好きですね。僕はdTVに入っていて、この間は映画版「モテキ」を観ました。

──今日使っていただいた「プライベート・ビエラ 15TD8」はVODサービスもご利用いただけるんですが、ほかにVODではどんな作品をご覧になっていますか?

自分が特撮作品に出演させていただいていることもあって、過去作で歴史をたどったりしています。仮面ライダーシリーズもほとんど配信されていますし。

自分がヒーロー作品を観出したきっかけは2000年の「仮面ライダークウガ」なんですが、この間「ルパパト」で「クウガ」の荒川稔久さんが脚本を手がけてくださったんです。ちょうど自分のメイン回(12話)だったので、うわー!と大興奮しました。あと次のメイン回(16話)では脚本が荒川さん、監督は「クウガ」もやっていた渡辺勝也さんが担当してくださったんです。渡辺監督が「ルパパト」の現場に入ってくださるのは初めてだったので感動しましたね。

──では最後に、この「プライベート・ビエラ 15TD8」が家にあったら、どんなシチュエーションでなんの作品を視聴したいですか?

そうですね……まず場所はお風呂ですかね。普段、お風呂で何かを観ることはあまりないんですけど、湯船に浸かっている時間は意外と使えそう。

この間「亜人」を観てガンアクションに感激したので、同じ佐藤健さんが出演されている「いぬやしき」を観たいです。やっぱりああいうアクション作品はずっと昔から楽しんでいるので、自分はバトルものが好きなんだなって改めて思いました(笑)。

抽選で濱正悟さんのサイン入りチェキをプレゼント!【終了】

Twitter公式アカウント「@Panasonic_cp」をフォロー&リツイートしていただいた方の中から、抽選で3名様に濱正悟さんのサイン入りチェキをプレゼント!

◆STEP1
パナソニック公式アカウントをフォロー

◆STEP2
対象のツイートをリツイートして応募完了

◆STEP3
当選者には後日公式アカウントからDMが届きます♪

◆応募締切
2018年7月9日

中村倫也 プロフィール
濱正悟(ハマショウゴ)

1994年8月22日生まれ、東京都出身。2015年にGirlsAward×avex「BoysAward Audition」で特別賞を受賞。2016年から情報エンタテインメント番組「ZIP!」のレポーターを務めたほか、ドラマ「下町ロケット」や映画「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」「祈りの幕が下りる時」などに出演した。現在はスーパー戦隊シリーズ第42弾「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」にルパンブルー / 宵町透真役で出演中。

濱正悟 (@unpre_) | Twitter
https://twitter.com/unpre_

"お風呂テレビ"新モデル登場!
プライベート・ビエラ UN-15TD8

・お風呂にも持っていけるバッテリー搭載の防水モニター※1
・ブルーレイディスク/DVD※2の再生に対応
・インターネット動画配信サービス※3を楽しめる
・タッチパネルでかんたん操作
・チューナー部内蔵HDDに録画できる(500GB)

[インターネットサービスに関する注意事項]
●ご利用には、インターネットの接続が必要です。インターネットのご利用には、FTTH(光)、CATVなどのブロードバンド回線を推奨。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。
インターネットサービスについて詳しくは「スマートTVアプリ」スペシャルサイトをご覧ください。
●YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
●NETFLIX(ネットフリックス)を視聴するためには、Netflix株式会社との契約が必要となります。サービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。
DAZNのサービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。
●dTVは、株式会社NTTドコモの登録商標です。dTVのサービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。
Hulu(フールー)の詳細については、公式サイをご覧ください。

※1 防水に関する性能・注意事項については、「モニター部と防水リモコン(別売)の防水性能について」や「お風呂でご使用および洗う際のご注意」をご覧ください。
※2 モニター部は市販のBDやDVD、テレビ放送やAVCHDが録画されたBDやDVDのみ対応(3DのBD、3D/ProgressiveのAVCHDは非対応、CD、写真、DVD-RAM、BD-XLは再生不可)。ディスク再生はモニター部とテレビ(HDMI接続)では同時に視聴できません。
※3 アプリのご利用には別途契約が必要な場合があります。アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。記載内容は発表時点の対応予定であり、アプリをご利用の際には製品本体のバージョンアップが必要な場合がございます。動画配信サービスはモニター部で直接受信となります。サービスについて詳しくは、見る/聴くのページをご覧ください。

●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

記事カテゴリー一覧

おすすめコンテンツ

濱正悟×15TD8