Digital FUN! 「THE LIMIT」岩崎う大×4K有機ELビエラ

Huluオリジナル「THE LIMIT」岩崎う大×4K有機ELビエラ テレビ1台で映画館気分、4K有機ELビエラでカオス極まる20分間を目撃せよHuluオリジナル「THE LIMIT」岩崎う大×4K有機ELビエラ テレビ1台で映画館気分、4K有機ELビエラでカオス極まる20分間を目撃せよ

Huluオリジナル「THE LIMIT」が独占配信中。今回は、第3話「ユニットバスの2人」と第5話「切れない電話」の脚本を担当し、第3話ではキャストも務められたかもめんたるの岩崎う大さんが「4K有機ELビエラ」で同作を鑑賞。高画質を堪能していただきつつ、撮影エピソードを語ってもらいました。

[撮影 / 清水純一]

★抽選で3名様に岩崎う大さんのサイン入りチェキをプレゼント!4月16日まで!

趣のあるクリアさ

──ご自宅ではどんなテレビをお使いなんでしょうか?

実は最近買ったんですよ。テレビを買うこと自体がすごく久しぶりですし、家電にも疎いのでそんなにわかってないんですけれども。ある一定のサイズを超えると一気に値段が高くなるラインってありますよね。一応4K対応ではありますけど、そのラインを越えないように選びました。

──なるほど。ちなみに、番組を観る以外にも映画鑑賞やゲーム、最近は配信サービスをテレビで利用する方も多いですが、普段どのようにテレビを使用されていますか?

僕は映画を観ることが多いですね。映画は本当にいい息抜きというか、脳と心のマッサージになると思います。疲れているんだけど「寝る前に何か少し観たい」というときに。

 

──ちなみに、こちらの「4K有機ELビエラ」はたくさんの配信サービスに対応しているんですよ。こちらがアプリ選択画面です。

わ、すごい。たくさんアプリがあるんですね。ラジオまで聴ける……すごいなあ……。

※機種により機能は異なります。

 

──では早速「有機ELビエラ」で4K映像をご覧いただいて、高画質映像を体感していただこうと思います。

うわー、すごくきれいですね……。(雨のシーンで)雨粒とかサッシの質感がすごくリアルです。

 

──今回使用しているテレビの大きな特長なんですが、高精細な4K有機ELパネルが搭載されているんです。有機ELパネルテレビは1つひとつの画素が光る自発光方式なので、広色域、高コントラストな映像を表現でき、鮮やかで繊細な色表現を堪能していただけます。

「天空の城ラピュタ」のようなアニメも観てみたいですが、実写の映画もどうなるか試したいです。趣のあるクリアさというか、いろんな映像を観てみたくなるテレビですね。

 

──ちなみに音にもぜひ注目していただければと思います。映画館でも採用されている音響技術Dolby Atmos®に対応しているので、迫力の音響を楽しめるんですよ。

なんだか、奥行きがあるように感じます。確かに迫力がありますね

 

──テレビの前側に加えて上部に上向きのスピーカーが設置されているので、天井や壁にもスピーカーが付いている映画館のように、音が上から降ってくるような体験もできます。

なるほどー、本当に映画館みたいです。子どもの頃、うちの親父がスピーカーをリビングに置いて、テレビで「ロボコップ」を映して「映画館みたいだ……!」って言ったことがあったんですよ。それを思い出して、家のテレビにスピーカーをつないでみようかなと思ったこともあるんですけど、僕あまりそういうのに詳しくないので……。テレビ1台でこういう体験ができるなら多少値が張ったとしてもいいですよね。

きれいな黒だなあ

──それでは「THE LIMIT」から脚本をご担当された第3話、第5話をご覧いただこうと思います。

────────────────────
【「ユニットバスの2人」あらすじ】

テレビで人気の芸人・マジカル島田(細田善彦)は、女優の妻がいるにもかかわらず、ある夜若い女性のアパートにいた。事を終えた島田は、ユニットバスで身を潜めていた泥棒の桑元(岩崎う大)に遭遇し、運悪く人気芸人であることがバレてしまう。女性の家にいることが発覚することを恐れて通報できない島田の弱みに付け込み、「のどが渇いた」「ネタを見せろ」「金をよこせ」と桑元の要求は徐々にエスカレート。しまいには島田に妬み混じりの説教をし始める。
────────────────────

実は昨日、映像素材をスマホで観たんですよ。おー、やっぱり全然ちがう。とても鮮やかできれいですね。

──う大さんは第3話にキャストとしてもご参加されています。あ、ちょうど登場シーンですね。

スマホで観たら僕が本当にちっちゃかったんですよ……。

 

──(笑)。今回の「4K有機ELビエラ」ですが、光をより美しく再現できるのも特長の1つなんです。有機ELなら黒をリアルに再現できるので暗い部分も真っ黒に潰れずに、暗闇の中にあるものまで見えますし、明るい場面では、まぶしく輝く光の中までも繊細に映し出してくれるんです。第3話は深夜の室内、第5話は昼間の喫茶店が舞台なので比較してご覧いただくのにぴったりだと思いました。

なるほど、見比べてみたいですね。

 

──ではお次に第5話をご覧いただきましょう。

────────────────────
【「切れない電話」あらすじ】

大橋洋介(泉澤祐希)は、4つ歳下の綾子と2週間前に付き合い始めたばかり。喫茶店で楽しくデートをしていると、携帯電話に知らない女性から着信が。浮気を疑われ、綾子に振られてしまった洋介に、女性は自分が自殺志願者であること、適当な番号に電話をかけ、相手が出たら自殺を考え直すことにしていたと告げる。そして女性は自分の命を人質に取り、喫茶店のマスター(岩松了)も巻き込みながら、洋介に理不尽で過激な指令を次々と繰り出していく。
────────────────────

このシーンにまさにぴったりですね。スマホの黒い画面に泉澤くんの顔が映るから。きれいな黒だなあ。第3話でも夜の室内の質感がすごくきれいでした。

名コンビが誕生した気がします

──それでは、それぞれの作品ついて詳しくお話を伺っていこうと思います。映像でご覧になっていかがでしたか?

「ユニットバスの2人」は「THE LIMIT」の中でもっとも密室というか、限定的なエリアでのお話なんです。その分カメラアングルに凝って撮影していたんですが、こんなに攻めた撮り方をしていたんだなと思いました。出演者が2人だけで約20分の物語を展開するという作品はなかなかないので、いい経験をさせていただいたと思っています。

──第5話「切れない電話」はいかがでしたか? 後半に向かって、衝撃的なシーンの連続でしたが……。

こっちには自分が出ていないので客観的に観ていたんですが、すごく面白かったですし、後半はずっと笑ってました。泉澤くんと岩松さんの名コンビが誕生した気がします。もしも続きがあるなら、あの2人で事件を解決したり、いろんな局面を乗り越えたりしてほしい(笑)。

 

──「ユニットバスの2人」「切れない電話」はどちらもまったく違った印象の作品ですが、どういうところから着想を得たんでしょうか?

そもそもテーマとして“リミット”という言葉があったんですが、「物理的にどこかに閉じ込められている」という設定だと、意外と話が作れなかったんです。閉じ込められて、「こういうことのせいかもしれない」とか空想するなら展開していくかもしれないんですが、今回ほかのロケーションを使わないということもお題の1つだったので。要は回想シーンや想像が使えないんです。

──あくまで、1つの現場で進行して完結することが必要だったんですね。

はい。だからこういう場合に見世物として成立させるためには、例えばAさんとBさんが関わったことによって身動きが取れなくなったり、人間同士の縛りが生まれたりするようなことじゃないといけないなと。その縛りがリミットになってドラマになる、という形がベストだろうと思いました。

 

──先がまったく読めない展開も両作品の特徴でした。一度観終わって、ストーリーをあらかた知った状態で観直すと全然意味が変わってくるシーンもありますよね。

「解釈が人それぞれちがっても面白いんじゃないか」と思ったので、あえてはっきりと書いていない部分もあるんです。人によって見方が変わりますし「こういうことだったの?」と話が盛り上がればうれしいですね。

カオスが極まっていく過程を目撃して

──う大さんいち押しのシーンをそれぞれ伺いたいです。

「ユニットバスの2人」は僕がだんだん凶暴性を増していく様子を観てほしいです。細田さんと密にやり取りする場面はほとんどセリフを変えているんですけど、現場で細田さんと合わせながら「これ本当にムカつきますね(笑)」と言っていただけましたし、演じていて楽しかったので。「切れない電話」は、カオスが極まっていく過程を目撃していただきたい。あれがまさに配信の醍醐味です。この企画を持ってきていただいたときに、「テレビドラマではできないことをやりたい」と言われていたので、まさにそういう作品になったと思います。

──今後は最終話となる第6話「高速夜行バス」の配信が控えていますが、どういう部分にご注目されていますか?

高速夜行バスという、誰しも行く可能性のある場所でどんなドラマが生み出されるんだろうなという興味があります。このドラマって、大喜利に対して作家陣がどう答えたのか?という楽しみ方もできますよね。「ユニットバスの2人」「切れない電話」もそんなふうに楽しんでもらえたらなと思います。

抽選で岩崎う大さんのサイン入りチェキをプレゼント!

Twitter公式アカウント「@Panasonic_cp」をフォロー&リツイートしていただいた方の中から、抽選で3名様に岩崎う大さんのサイン入りチェキをプレゼント!

◆STEP1
パナソニック公式アカウントをフォロー

◆STEP2
対象のツイートをリツイートして応募完了

◆STEP3
当選者には後日公式アカウントからDMが届きます♪

◆応募締切
2021年4月16日

岩崎う大(イワサキウダイ)
岩崎う大(イワサキウダイ)

1978年9月18日生まれ、東京都出身。早稲田大学のお笑いサークルで出会ったメンバーで5人組コントグループWAGEを結成。解散後、槙尾ユウスケとともに劇団イワサキマキオ(現・かもめんたる)として活動を開始した。かもめんたるは「キングオブコント2013」で優勝。単独ライブのほか、2015年に旗揚げした劇団かもめんたるの公演も精力的に行っている。俳優・脚本家としても活動しており、ドラマ「監察医 朝顔」のスピンオフ「森本刑事のオジさん監察日記」に出演し、脚本も担当。手がけた舞台「君とならどんな夕暮れも怖くない」が第65回岸田國士戯曲賞の最終候補作に選出された。

Huluオリジナル「THE LIMIT」

独占配信中

タクシーや長距離バス、ユニットバス、ベランダなど限定された空間や状況を舞台に、「半径3mの人間ドラマ」を紡ぐ1話完結のオムニバスドラマシリーズ。気鋭の脚本家と実力派俳優たちによって、サスペンス、コメディ、ラブストーリーなど 多彩なジャンルにわたる“究極”のワンシチュエーションドラマが繰り広げられる。限られた空間、限られた時間、限られた状況、リミット空間に追い込まれたときに現れる、人間の本性とは──。

スタッフ / キャスト
監督:賀内健太郎、吉田真也、中嶋駿介
脚本:玉田真也、岩崎う大(かもめんたる)、荻上直子

出演:伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰、門脇⻨、古川琴音、細田善彦、岩崎う大(かもめんたる)、岡山天音、泉澤祐希、岩松了、夏子、浅香航大、木野花ほか

©HJ Holdings, Inc.

Huluオリジナル「THE LIMIT」
4Kダブルチューナー内蔵 4K有機ELビエラ HZ1800シリーズ

4Kダブルチューナー内蔵
4K有機ELビエラ HZ1800シリーズ[65v/55v]

・BS4K/110度CS4Kダブルチューナー内蔵
・色彩豊かで高精細な有機ELディスプレイ
・テレビ一体型イネーブルドスピーカー搭載
・立体音響Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応

※取材時に使用したテレビはHZ2000シリーズ(生産終了品)です。

●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。
●記事の内容や商品の情報は掲載当時のものです。

ナタリーとPanasonicの連携企画「デジナタ」の記事まとめページにリンクしています。ナタリーとPanasonicの連携企画「デジナタ」の記事まとめページにリンクしています。

記事カテゴリー一覧

おすすめコンテンツ

岩崎う大 × 4K有機ELテレビ