Digital FUN! 鈴木達央×ワイヤレスステレオヘッドホン HD600N

鈴木達央×ワイヤレスステレオヘッドホン HD600N 鈴木達央×ワイヤレスステレオヘッドホン HD600N

鈴木達央さんがPanasonic初のノイズキャンセリング機能付きワイヤレスステレオヘッドフォン・HD600Nを体験。Ta_2名義でボーカルを務めるバンド・OLDCODEXの新曲「Heading to Over」を、高解像サウンドやボイススルー機能などを使って聴いてもらいました。

★抽選でサイン入りチェキをプレゼント!8月10日まで!

──今回は鈴木さんにHD600Nを使って、Ta_2として音楽活動をされているOLDCODEXの新曲「Heading to Over」を聴いていただきましたが、いかがでしたか。

うちはもともとロー(低音域)が強い音作りをしているんですが、このHD600Nでもふくよかなローが再現されている印象でした。ミッド(中音域)が痛くない帯域で鳴ってくれるので、それが心地よいですね。これ、自分のiPhoneでもペアリングしてみていいですか?

──ぜひ試してみてください。

実はiPhoneも機種によって音の分離が違うので、音質も変わって聴こえるんですよ。(自身のiPhoneでペアリングを体験しながら)……今、チャーリー・プース、タイガ、メーガン・トレイナーを聴いてみたんですけど、全体的な印象としては、やっぱりミッドがふくよかだなと
ああ、Boyz II Men、クレイグ・デイヴィッドも聴いてみたんですけど、音のヌケがいいから歌ものがとにかく気持ちいいですね。ボーカルが強い楽曲にはすごく合うんだろうなと感じました。EDMや打ち込み、シンセを活かした楽曲も映えそうです。あとは「Heading to Over」のハイレゾ用、96kHz/24bitのバージョンも聴いてみました。

──HD600Nは、有線接続時はハイレゾでの再生が可能で、ワイヤレスでの再生時もハイレゾ相当の高解像サウンドで楽曲が楽しめます。

ハイレゾは音数が増えるので、普通のワイヤレスヘッドフォンだとそこが再現できずに潰れた状態で再生されちゃうんですけど、これで聴くと音像にしっかりと伸びしろがあって、ハイレゾを聴いているときの楽しさがちゃんと感じられますね

──騒音環境にあわせて3つのモードが選べるノイズキャンセリング機能も試していただきましたが、こちらはいかがでしたか。

3パターン使ってみて、「中」(モードB)が一番よかったです。「強」(モードA)にすると金物とかのハイ(高音域)の音が際立って聴こえる印象があったんですが、「中」だとそれが収まって、ちょうどいい具合にバランスが取れているなと。「強」だと少し耳が圧迫されるような音感があったので、そういった感覚が苦手な方にも「中」くらいがちょうどいいかもしれないですね。

──ワンタッチ操作で周囲の音が聴こえるようになる、ボイススルー機能はいかがでしょう。

面白いです! 右パッドにタッチすると一時的に周りの音が聴こえるようになるっていうのは、簡単だしすごく面白い機能だなと思いました。作業しながらちょっとした会話をしたいときとかにいいですよね。

──電車に乗っていて、車内アナウンスを聴きたいときにも便利な機能だと思います。

やっぱり電車の中で音楽を聴かれている方は多いですし、最近だとBluetoothのイヤフォンを首から下げている方も多くなりましたからね。そういった意味でも日常に溶け込みやすいヘッドフォンだなと思いました。

──日常使いというと、ヘッドフォンはファッションの一部としても重要な部分を担うと思いますが、こちらのデザインについての印象は?

シンプルだしカッコいいと思います。そのうえで触れていて楽しい高級感みたいなものがちゃんとありますし、マットな手触りも気持ちいいですね。カラーは3色展開されているんですね。俺はこの中だとオリーブグリーンが好きかも。あと、着け心地もすごくよかったです。いつも使っているスタジオのヘッドフォンより全然いい!(笑)

──(笑)。快適な装着感を味わえるよう研究されて作られているそうです。

ヘッドバンドの部分が当たっても気にならないですし、イヤーカフもすごく柔らかい耳疲れしないように考えて作られているんだなというのは感じました。やっぱりヘッドフォンって長時間使っていると耳が痛くなるのが難点だなと思っているんですけど、その問題はすごく軽減されてるなって。こういう細かいところまで手が込んでるというか、心意気が感じられるのはうれしいですね。
でもビックリしました。Bluetoothのヘッドフォンでここまで音がいいのは聴いたことがなかったので。

──ワイヤレスだと、手軽で使いやすいのもいいですよね。

そうですね。そういう意味でも、日常使いすることが多い方々、ポップスや歌ものをよく聴く方々には、より楽しく音楽を聴くための1つの要素となれるヘッドフォンなんだろうなと思います。

抽選で鈴木達央さんのサイン入りチェキをプレゼント!【終了】

Twitter公式アカウント「@Panasonic_cp」をフォロー&リツイートしていただいた方の中から、抽選で3名様に鈴木達央さんのサイン入りチェキをプレゼント!

◆STEP1
パナソニック公式アカウントをフォロー

◆STEP2
対象のツイートをリツイートして応募完了

◆STEP3
当選者には後日公式アカウントからDMが届きます♪

◆応募締切
2018年8月10日

鈴木達央 プロフィール
鈴木達央(スズキタツヒサ)

11月11日生まれ、愛知県出身。主な出演作は「Free!」シリーズ(橘真琴役)、「ISLAND」(三千界切那役)、「アンゴルモア 元寇合戦記」(阿比留弥次郎役)、「Butlers~千年百年物語~」(神宮司高馬役)、「ケンガンアシュラ」(十鬼蛇王馬役)など。2009年にTa_2という名義でOLDCODEXを結成。国内外問わず精力的にツアーや単独ライブを開催し、多数の大型フェスティバルにも出演している。

鈴木達央オフィシャルウェブサイト
http://tatsuhisa-s.com/

ハイレゾ相当※1の高解像サウンドを耳に伝える
ワイヤレスステレオヘッドホン RP-HD600N

・ワイヤレスでもハイレゾ相当※1の高解像度サウンド
・連続20時間再生※2
・騒音環境に合わせて選べる3つのノイズキャンセリング
・ワンタッチ操作で周囲の音が聞こえるボイススルー機能
・人間工学に基づいた快適な装着感

※1 Bluetooth®接続時はLDAC対応で最大96kHz/24bit再生(有線接続時はハイレゾ再生)
※2 ノイズキャンセリングON時。

●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

記事カテゴリー一覧

おすすめコンテンツ

鈴木達央 × RP-HD600N