NEW 4Kチューナー TU-BUHD100 10月中旬発売予定

2018年12月1日からスタートする
「新4K衛星放送」に対応※1

特長

フルハイビジョンの4倍も高精細「新4K衛星放送」に対応※1

2018年12月1日に放送開始予定の「新4K衛星放送」に対応※1。4Kならではの精細感や、HDR(HLG)※2による広範囲の明暗表現など様々な高画質化技術により、臨場感のある映像が楽しめます。

■高精細

「新4K衛星放送」は、フルハイビジョンの約4倍の解像度で視聴できます。

高精細
■色鮮やか

従来よりも色表現力が広がった「BT.2020」規格を採用。鮮やかな色彩が楽しめます。

色鮮やか
■細やかな色表現

階調表現が8bitから10bitに進化。きめ細やかで豊かな色彩を表現します。

細やかな色表現
■光の表現力

高輝度化技術「HDR(HLG)」※2に対応。従来のSDRに比べ、眩しい光や暗部のディテールまで表現します。

色鮮やか
■動きの情報量アップ

動きの情報量がさらに増え、スポーツやアクション映画など、動きの速い映像を滑らかに表示します。

動きの情報量アップ

4Kビエラのリモコン1つで、快適に操作

「ビエラリンク」に対応。4Kビエラと連動して自動的に電源を入/切※3します。さらに、4Kビエラのリモコン1つで操作が可能。リモコンを持ちかえる手間がなく、快適に視聴ができます※4

「新4K衛星放送」を受信するには

●BS4K/110度CS4KおよびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。
●詳しくは放送サービス高度化推進協会(A-PAB)のホームページやリーフレット等をご覧ください。

BS・110度CSによる4K・8K放送に関する一般的なお問い合わせ

※1 BS4K/110度CS4KおよびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送は受信できません。
※2 Hybrid Log-Gamma/ハイブリッド・ログ・ガンマの略。HDR(HLG)コンテンツをHDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p、HDR(HLG)に対応する機器や接続端子に接続してください。また、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
※3 事前に設定が必要です。
※4 一部機能は本機のリモコンでの操作が必要です。
●ワンセグ放送は受信できません。
●4KビエラTH-L65WT600との接続には、テレビ側がアップグレードサービスを実施いただいている必要があります。

※オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。
●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。