地震に強く倒れにくい設計

もしもの時のために。デザイン性にも配慮した「転倒防止スタンド」を採用。もしもの時のために。デザイン性にも配慮した「転倒防止スタンド」を採用。

[転倒防止スタンド] 地震に強く倒れにくいスタンド

地震が多い日本ならではの心配や不安にも配慮。スタンド底面の吸盤とテレビ台など接地面との間を真空に近い状態にする独自構造の「転倒防止スタンド」※1を採用。設置面から離れる力がはたらくと、テレビ台に吸盤がピタッと吸着※2して、もしもの地震のときなど、テレビが簡単に倒れるのを防ぎます。吸着操作ボタンを押せば、お掃除や引越しの際にも簡単に移動できます。

[転倒防止スタンド]地震に強く倒れにくいスタンド [転倒防止スタンド]地震に強く倒れにくいスタンド

吸着オン/オフはスイッチ操作で簡単

吸着オン/オフはスイッチ操作で簡単

スタンドカバーでスイッチ分を隠し、デザイン性にも配慮

スタンドカバーでスイッチ分を隠し、デザイン性にも配慮

遠藤憲一さんが「転倒防止スタンド」を実験

「転倒防止スタンド」実証実験動画 (動画内のビエラはGX850シリーズです)

小さな子どもがいる家庭にもおすすめの安心設計。
小さな子どもがいる家庭にもおすすめの安心設計

台にピタッと吸着する独自構造で、子供がテレビに手をかけたり叩くなどの行為をしても、テレビが倒れるのを防いでくれます※3

●転倒防止スタンドはキッズデザイン賞を受賞しました

部門:子供たちの安全・安心に貢献する部門 主催:キッズデザイン協議会

※1 転倒防止スタンドは、いかなる条件においても転倒・落下しないことを保証するものではありません。また、当社は、災害等によるテレビの転倒・落下に伴う損害については補償いたしかねます。使用上の注意を十分ご確認のうえ、ご使用ください。
※2 凹凸のない平らな面に設置してください。凹凸のある設置面では、吸着効果を発揮しません。また、設置面の素材、使用場所や使用環境により吸着効果が弱まる場合があります。
※3 1~2歳児がテレビを押す/引く状態を想定した試験に基づく。

[省スペース設計] 大画面でもすっきり置ける

2008年 50PZ800

2008年 TH-50PZ800

2019年 55GX855

2019年 TH-55GX850

従来の50v型(2008年モデル)とほぼ同じ横幅で、画面サイズを5インチアップできます。設置スペースを気にすることなく、4K映像を大画面で楽しめます。

[コンパクトなスタンド] スリムなテレビ台にも置ける

[コンパクトなスタンド]スリムなテレビ台にも置ける

テレビのスタンド部分の設計を見直すことで、従来モデルから約10cmの省スペースとなる奥行き24.8cm(65v型除く)を実現。奥行き30cmほどのスリムなテレビ台にも置くことができます。

●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。