HZ2000 65v/55vHZ2000 65v/55v

操作や機器連携が手軽にできる

リモコン、スマートスピーカーの音声操作に対応。スマートフォンや録画機器と連携、番組連携など楽しみ方が広がります。リモコン、スマートスピーカーの音声操作に対応。スマートフォンや録画機器と連携、番組連携など楽しみ方が広がります。

音声操作

[リモコン音声操作]

音声入力が手軽にできる

[リモコン音声操作]  音声入力が手軽にできる

リモコンに音声操作マイクを内蔵。マイクボタンを押すことで手軽に音声入力ができます。番組やインターネット動画の検索、録画予約、またチャンネルや音量変更といった基本的な操作も行えます。

●音声操作機能は、音声による検索などを行う場合に、音声認識サーバーとインターネットを経由して通信しています。
●ご利用にはテレビのバージョンアップが必要な場合があります。詳しくはサポートサイトにてご確認ください。

[スマートスピーカー連携]

スマートスピーカーに話しかけて操作ができる

OK GoogleやAmazon Alexaを搭載したスマートスピーカー(別売)などを使って、ビエラを声で操作できます。手がふさがっている時も、電源オンやチャンネル切替、音量の調整などをリモコンなしで行えます

[スマートスピーカー連携]  スマートスピーカーに話しかけて操作ができる[スマートスピーカー連携]  スマートスピーカーに話しかけて操作ができる

※ご利用にはインターネットの接続が必要です。ご利用にはテレビのバージョンアップが必要な場合があります。 OK Google搭載のスマートスピーカー(別売)、またはAmazon Alexa搭載のスマートスピーカー(別売)が必要です。
●Googleは、Google LLCの商標です。
●Amazon、Alexaおよび関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

番組表・転送機能

[テレビ番組ガイド]

新聞のテレビ欄のように一覧表示できる

デジタル放送(BS4K・110度CS4K、地上・BS・110度CS)の番組表を新聞のテレビ欄のように表示します。番組をジャンルごとに色分け表示するので、お目当てのジャンルの番組をすぐに探し出せて便利です。1画面の表示チャンネルを7種類(3・5・7・9・11・15・19チャンネル)からお好みに応じて切替えられます。

選択した番組をわかりやすく黄色で表示

選択した番組をわかりやすく黄色で表示

番組のジャンルと色分け

番組のジャンルと色分け

[過去未来番組表]

過去の録画番組も未来の番組も探しやすい

[過去未来番組表]いつもの番組表で過去も未来も表示【パナソニック公式】

対応のディーガ※1と接続すれば過去の録画番組もこれから放送される番組も、いつもの番組表ボタン1つで見られる「過去未来番組表」※2
たとえば、放送中の番組やこれから放送される番組をチェックして録画予約したり、過去に録画した番組※3を選んで再生するなどの操作が、ひとつの番組表で行えます。画面を切替えずに操作できるため、見たい番組を簡単に探せます。

連続ドラマなどは録画分と放送予定分を一括表示

連続ドラマなどは録画分と放送予定分を一括表示

同じ番組をまとめて表示する「毎週一覧」機能を搭載しました。

●動画内のビエラは2017年モデルです。機種の発売年によって実際の内容と異なる場合があります。
●全自動ディーガと接続した場合の番組表の例。録画のない場合は番組名等が表示されません。
●新4K衛星放送はディーガに録画された番組のみ対応。USBハードディスクに録画した番組は非対応です。
※1 対応機器:2013年秋以降発売のネットワーク対応ディーガ。詳しくはこちらをご覧ください。
※2 「過去未来番組表」を利用するには、本機をインターネットに接続する必要があります。
※3 番組表には、最大30日前までの録画番組を表示できます。

見たい番組を別の部屋でも楽しめる

[4Kお部屋ジャンプリンク]  見たい番組を別の部屋でも楽しめる

対応の機器を家庭内の有線LANや無線LANでつなげると、ビエラやディーガに録画した番組を別の部屋やお風呂でも楽しめます。放送中のテレビ番組や裏番組も転送できるので、アンテナ線のない部屋でも地デジ・BS・110度CSデジタル放送を楽しめます。
さらに新4K衛星放送の録画番組の受信にも対応。4Kお部屋ジャンプリンク対応のディーガと接続すれば、離れた部屋のディーガで録画した新4K衛星放送の番組を4K解像度のまま受信できます。

※「新4K衛星放送」のクライアント機能(受信)のみに対応しています。
●お部屋ジャンプリンク対応機種は、一部機種を除き、DLNAに対応しています。ビエラやディーガで「BDビデオ再生中、録画中、ダビング中、ビエラのアプリなどのネットワークを使用中」などの場合、お部屋ジャンプリンクを使って再生することはできません(機種によって条件は異なります)。詳しくはこちらをご覧ください。
●一度に複数の部屋からお部屋ジャンプリンクを使って再生することはできません。
●サーバー機器は、有線LAN接続をおすすめします。
●直接LANケーブルで接続する場合は、クロスケーブルをご使用ください。
●無線LAN対応の機器をご使用の場合は、無線LANアダプターが必要です。
●回線事業者やプロバイダーが採用している接続方式・契約約款により、ご利用いただけない場合があります。
●ご利用のルーター、モデム、ハブなどの設定には、パソコンが必要となる場合があります。ルーターの接続、設定方法についてご不明な場合は、ルーターをお買い上げの販売店へご相談ください。
●お部屋ジャンプリンクをするには、無線LANブロードバンドルーター(アクセスポイント)との接続が必要です。シンプルWi-Fi搭載ディーガと接続する場合は不要です。
●当社製お部屋ジャンプリンク対応レコーダーやDLNA対応機器などと家庭内無線LANで使用される場合は、IEEE802.11nもしくは11ac(5GHz/2.4GHz同時使用可)の無線LANブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選びください。また暗号化方式は「AES」にしてください。また、無線電波状況により、接続できない場合もあります。
●無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用して無線LANアダプターと無線アクセスポイントの間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能であるという利点があります。その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くためセキュリティに関する設定を行っていない場合、通信内容を盗み見られる/不正に侵入されるなどの可能性があります。説明書の手順に従って、セキュリティ設定を行った状態でお使いください。
●無線LANはすべてのご利用環境での動作を保証するものではありません。

スマホアプリ

[TVシェア]

スマートフォンの動画や写真、Webを画面で見たり共有できる

[TVシェア]スマートフォンの動画や写真、Webを画面で見たり共有できる

無料のスマホアプリ「TVシェア」なら、スマホで見ているネット動画やWebブラウザ画面、保存してある写真・動画などを、画面上でスワイプするだけで、かんたんにテレビに表示。大画面で表示することで、家族や友人と楽しめます。さらに、リモコン代わりにビエラの基本的な操作もできます。

●「TVシェア」のインストールが必要です。
対応スマートフォンについてはこちらをご覧ください。
●すべてのスマートフォンにおいて、動作を保証しているわけではありません。スマートフォンのOSをバージョンアップした場合は、現在ご利用の「TV Remote2」が使用できなくなる場合があります。その際は、新アプリ「TVシェア」をご使用ください。
●ビエラの機器登録や「TVシェア」をご使用する場合は、スマートフォンをビエラが接続されているホームネットワークに無線LAN接続する必要があります。

TVシェアTVシェア

●ご利用には、インターネットの接続が必要です。FTTH(光)などのブロードバンド回線を推奨。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。

[Panasonic Media Access]

スマートフォンやタブレットで番組や録画が見られるアプリ

外からどこでもスマホで視聴「Panasonic Media Access(パナソニック メディア アクセス)」【パナソニック公式】

専用の無料アプリ「Panasonic Media Access」を使うとスマートフォンやタブレットがテレビに早がわり。放送中の番組や録画番組を外出先で手軽に楽しめます。録画を忘れた場合にリアルタイムで見たり、移動中の空き時間に録りためた番組を楽しめるなど、時間を有効に使えて便利です。

●上記動画の商品はイメージです。
●「Panasonic Media Access」のインストールが必要です。
●サービスのご利用にはCLUB Panasonic(無料)への会員登録と、ディモーラ(無料)への機器登録が必要です。
●HZ/HX/GZ/GXシリーズで電源オン中は、放送番組や録画番組をリモート視聴できません。
●本機能は「新4K衛星放送」には対応していません。

●A-PABの規定により視聴できないチャンネルがあります。
●ビエラ本体で下記を行っている場合に、放送番組/録画番組のリモート視聴ができない場合があります。録画/ダビング/HDMI入力視聴/マイチャンネルの表示/ひかりTV/2画面/3D表示/Webブラウザやメディアプレーヤーでの写真・動画再生/ソフトウェアの更新。

Panasonic Media AccessPanasonic Media Access

●ご利用にはインターネットの接続が必要です。FTTH(光)などのブロードバンド回線を推奨。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。
●回線事業者やプロバイダーが採用している接続方式・契約約款により、ご利用いただけない場合があります。
●ご利用のルーター、モデム、ハブなどの設定には、パソコンが必要となる場合があります。ルーターの接続、設定方法についてご不明な場合は、ルーターをお買い上げの販売店へご相談ください。
[ビエラの準備]
●ビエラを、インターネット回線に一番近い無線LANルーターに接続してください。
*UPnP対応ルーターが必要です。ご使用の無線LANルーターの取扱説明書・仕様などでご確認ください。
●IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。
●ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。
●LTEや3Gの携帯電話回線でのリモート視聴では多くのパケットが必要になります。パケット料金にご注意ください。
「メディアアクセス」利用時の制限、対応機種、動作環境について詳しくはこちらをご覧ください。

その他便利機能

[2画面表示]

気になる番組を同時に見られる

[2画面表示]  気になる番組を同時に見られる

地上/BS・110度CSデジタル放送を2番組同時に表示可能。例えば、見たい番組が同じ時間に放送していてもリアルタイム中継を見逃さず楽しめます。さらに外部入力にも対応し、地上/BS・110度CSデジタル放送と録画した番組やブルーレイなども同時に視聴することができます。

※左画面、右画面どちらか一方の音声出力となります。イヤホンとスピーカーで左画面と右画面の音声を別々に聞くことはできません。2画面両方で「新4K衛星放送」を表示することはできません。

[スイーベル(首ふり)機能]

画面の向きを変えられる

[もっと楽しむための機能]

手軽に使える便利機能

  • 就寝時の消し忘れや目覚まし代わりになる「オンタイマー/オフタイマー」

  • テレビ画面でサッと説明書を見ることができる「ビエラ操作ガイド」

  • イヤホン&スピーカーで同時に聴ける「イヤホン端子」※1

  • Bluetoothオーディオ機器とつながる「Bluetooth音声送受信」※2

  • 番組表などを音声で確認できる「音声読み上げ機能」

※1 2画面表示の場合、左画面・右画面どちらか一方の出力となります。イヤホンとスピーカーで左画面と右画面の音声を別々に聴くことはできません。
*左画面、右画面どちらか一方の音声出力となります。2画面両方で「新4K衛星放送」を表示することはできません。「新4K衛星放送」を表示する場合は左画面に表示されます。

※2 A2DPプロファイル対応機器と接続できます。無線技術の特性により映像と音声再生において遅延が発生します。すべてのBluetooth機能対応機器とのBluetooth無線通信を保証するものではありません。

[USBメモリー対応]

USBメモリーの動画や音楽も楽しめる

[USBメモリー対応]USBメモリーの動画や音楽も楽しめる

USBメモリーに保存された4K動画や静止画を手軽に再生して楽しめる「4Kメディアプレーヤー」を搭載。4K以外の動画や静止画、また音楽なども再生できます。

[4Kワールド]

高精細な4K映像やカメラ画像を見られる

[4Kワールド]高精細な4K映像やカメラ画像を見られる

4Kコンテンツを再生できるディーガをはじめ、4K画質で録画ができるカメラや4K映像にあわせて高音質で再生できるシアターなど、4Kならではの機器と連携ができます。

ビエラのリモコン1つで関連機器を操作

HDMIケーブルを使って、ビエラと関連機器を接続できる「ビエラリンク」機能なら、ビエラのリモコン1つで快適に操作ができます。ディーガに録った番組をビエラとシアターで視聴したり、テレビの大画面でムービーや写真を見るなど、楽しみ方が広がります。

●画面はハメコミ合成のイメージです。
●シーン写真、機能説明写真はイメージです。
●図は効果を説明するためのイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。