洗濯前のシミ抜きのコツ

画像:食べこぼしイメージ画像:食べこぼしイメージ
シミはなるべく早く落とすのがポイント。
洗濯機に入れる前のケアが大切です。

まずは、タオルを準備しましょう

イラスト

白いタオルを敷き、そこにシミがついた面を重ねます。
このタオルに、汚れを移していきます。

シミの種類別 落とし方

コーヒー
水溶性のシミ

コーヒー・お茶・墨汁・お酒・しょうゆ・血液・化粧水など

1. 歯ブラシに水をつけて、シミをたたき、タオルに移していきます。シミのまわりから真ん中へたたくと輪ジミ防止になります。
2. たたいてもシミが残っているときは、洗濯用中性洗剤を10倍くらいに薄めた洗剤液を歯ブラシにつけてたたき、汚れをタオルに移します。

口紅
油溶性のシミ

口紅・ファンデーション・バター・マヨネーズ・チョコレートなど

1. ブラシか専用タオルにベンジンを含ませてたたき、下のタオルに油分を移しとります。
2. ベンジンが蒸発したら、洗濯用中性洗剤を10倍くらいに薄めた洗剤液をブラシにつけて、たたきます。
3. 水でつまみ洗いをします。

ミートソースパスタ
混合性のシミ

ミートソース・ケチャップ・カレー・牛乳・アイスクリームなど

1. キッチン用の中性洗剤を水100 mLに数滴たらした洗剤液をブラシか専用タオルにつけて、シミ部分をたたきます。
2. 落ちなければ、原液をブラシかタオルに直接たらして、再度シミをたたきます。
3. シミが消えたら、歯ブラシに水をつけてたたき、洗剤分を取り除きます。

CHECK! 何のシミか分からないときは?
イラスト

霧吹きで水をかけて水溶性か油溶性か確かめます。
水をはじいたら油性。
はじかなければ水性のシミです。

こちらもおすすめ

家庭用洗濯洗剤の種類と使い分け
あきらめていた黄ばみは「温水スゴ落ち泡洗浄」で!