素材の性質別 お手入れのコツ

メインイメージ メインイメージ
代表的な素材の性質や基本的な扱い方をご紹介。
正しい扱い方をマスターすることが、衣類を長持ちさせるポイントです。

基本的に洗濯機で洗える素材

洗う前に、取り扱い絵表示「水洗いできない衣類」について、よく確認してください。
<綿>
Tシャツ
特徴
  • 吸湿性、通気性、耐久性に優れ、丈夫で洗濯に強い。
 
基本の洗い方
  • 弱アルカリ性の、合成洗剤もしくは石けんを使用し、40℃以下で洗濯機洗い。
  • 色落ちしやすいものは、中性洗剤と水で洗う。
<麻>
麻の布
特徴
  • 丈夫で熱や洗濯に強く、吸湿・発散に優れている。
 
基本の洗い方
  • 弱アルカリ性の、合成洗剤もしくは石けんを使用し、40℃以下で洗濯機洗い。
<ナイロン>
ナイロンの上着
特徴
  • 丈夫で軽く、しわになりにくい素材。熱には弱いので、乾燥機は使用しないこと。
 
基本の洗い方
  • 弱アルカリ性の合成洗剤を使用し、40℃以下で洗濯機洗い。
  • おしゃれ着は中性洗剤を使用して、「おうちクリーニングコース」で洗う。
<ポリエステル>
シャツ
特徴
  • 丈夫で軽く、しわになりにくい素材。摩擦にも強い。
 
基本の洗い方
  • 弱アルカリ性の合成洗剤または石けんを使用し、40℃以下で洗濯機洗い。
  • 汚れを吸収しやすく落ちにくい、という欠点があるので、他のものと一緒に洗うのは避けて。

「おうちクリーニング」コースで洗える素材

洗う前に、取り扱い絵表示「水洗いできない衣類」について、よく確認してください。
<カシミア>
セーター
特徴
  • とてもデリケートな素材なので、「おうちクリーニング」コースがおすすめ。
 
基本の洗い方
  • 中性洗剤を使用し、裏返して洗う。
<テンセル>
特徴
  • 木材パルプを原料とし、「繊維素系繊維(指定外)100パーセント」と表示される。
  • 丈夫で縮みにくく、吸湿性・速乾性に優れているが、摩擦で表面がすれて傷みやすいのが欠点。
 
基本の洗い方
  • 中性洗剤を使用して洗う。
<ウール>
特徴
  • 水につけると縮みやすい。
 
基本の洗い方
  • 中性洗剤を使用。
  • 洗いからすすぎまで、一定の水温(30 ℃以下)で手早く洗う(縮みを防ぐため)。
ウールが縮むのはなぜ?

ウールの表面は、たんぱく質でできた「スケール」というもので覆われています。 スケールはうろこ状で、普段は閉じています。水分を含むと開いてきます。 水分を含んでスケールが開いた状態で、もんだりこすったりして洗うと、開いたスケール同士がこすれて、からみあいます。 からみあった繊維は元の状態に戻れず、そのまま縮んで(フェルト圧縮)してしまうのです。

水に濡らした状態で摩擦を与えると、開いたスケールがからみあう
パナソニックの「おうちクリーニング」コースなら!

衣類をもんだりこすったりしません。泡の力と、繊維に洗剤液を通過させる「押し洗い」効果で、縮みや傷みを抑えて汚れを落とします。

<シルク・レーヨン・キュプラ>

「手洗い可」マークがついていたら、「おうちクリーニング」コースで洗えます。

手洗いマーク

Read more おすすめのコンテンツ

「おうちクリーニング」できる素材の見分け方
洗濯用洗剤の種類と使い分け