独自の次亜塩素酸生成技術の画像です。 独自の次亜塩素酸生成技術の画像です。

除菌力、ウイルス抑制力に優れた 次亜塩素酸とは

様々な分野の菌・ウイルス対策に活躍する除菌成分です。

次亜塩素酸は、菌やウイルスの表層だけでなく、内部まで浸透してすばやく作用するため、有機物の分解スピードが速く除菌力、ウイルス抑制力に優れています。また、脱臭効果も高く、ペットや介護環境のニオイなどの発生し続けるニオイにも高い威力を発揮します。

次亜塩素酸の使用用途の画像です。プールの除菌・ほ乳瓶の除菌・水道水の浄化・食材の洗浄。 次亜塩素酸の使用用途の画像です。プールの除菌・ほ乳瓶の除菌・水道水の浄化・食材の洗浄。
プールやほ乳瓶の除菌、水道水の浄化、野菜の洗浄など幅広い分野で活用されています。

すでに幅広く利用され、実は私たちの身近な成分である次亜塩素酸。例えば水道水にも、浄化処理による微量の次亜塩素酸が含まれています。また、厚生労働省のウイルス対策マニュアルでも、介護施設や保育所でのウイルス対策としても紹介されている成分です。有機物と反応した後は水に戻るため安心して使うことができます。

「次亜塩素酸」について、学会発表されています。

次亜塩素酸は、適切に使用することで安全かつ高い効果を示します。
室内空間の除菌・脱臭にも優れた成分です。

三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授の画像です。

 

パナソニックだからできた 独自の次亜塩素酸生成技術

次亜塩素酸を安定して生成

パナソニックは、水道水と塩を電気分解することで「次亜塩素酸」を生成。高い除菌効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度でつくることができます。さらに次亜塩素酸が揮発することにより、付着した菌・ウイルスにも効果を発揮します。★1

★1:F-MV3000の場合。約15畳空間での約12時間後の効果です。※1 ※2 ※3 ※4

パナソニックの次亜塩素酸生成技術のしくみを解説する画像とジアイーノで生成される次亜塩素酸の電解水の濃度を解説する画像です。 パナソニックの次亜塩素酸生成技術のしくみを解説する画像とジアイーノで生成される次亜塩素酸の電解水の濃度を解説する画像です。
パナソニックの次亜塩素酸生成技術には、30年の実績があります。

長いあいだ、業務用で培ってきた高い次亜塩素酸生成技術を注ぎ込み、ついに家庭用 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」が誕生しました。(三洋電機での開発を含む)

30年の実績について説明する画像です。1987年 カップ式自販機用電解除菌装置。2006年 業務用空間清浄システム。2013年 業務用「ジアイーノ」2017年 家庭用「ジアイーノ」 30年の実績について説明する画像です。1987年 カップ式自販機用電解除菌装置。2006年 業務用空間清浄システム。2013年 業務用「ジアイーノ」2017年 家庭用「ジアイーノ」 30年の実績について説明する画像です。1987年 カップ式自販機用電解除菌装置。2006年 業務用空間清浄システム。2013年 業務用「ジアイーノ」2017年 家庭用「ジアイーノ」

【ジアイーノ除菌・脱臭の仕組み】

ジアイーノ除菌・脱臭の仕組みについて解説する画像です。 ジアイーノ除菌・脱臭の仕組みについて解説する画像です。

【ジアイーノ除菌・脱臭の流れ】

塩タブレットを水道水に投入している画像です。
塩タブレットを水道水に投入
食塩水を電気分解して「次亜塩素酸」を生成している画像です。
食塩水を電気分解して「次亜塩素酸」を生成
汚れた空気を側面から吸引している画像です。
汚れた空気を側面から吸引
保護エレメントで粗ゴミを捕集している画像です。
保護エレメントで粗ゴミを捕集
次亜塩素酸が浸透した除菌フィルターで、汚れた空気を除菌・脱臭している画像です。
次亜塩素酸が浸透した除菌フィルターで、汚れた空気を除菌・脱臭
キレイになった空気とともに揮発した次亜塩素酸を放出している画像です。
キレイになった空気とともに揮発した次亜塩素酸を放出
反応臭は、効果の証!

次亜塩素酸が有機物と反応した際に発生します。反応臭(塩素臭)がしたら、それは今まさに空間をキレイにしている最中だと思ってください。※3

反応臭は、効果の証のイメージ画像です。

※リンク先は業務用「ジアイーノ」を使用した感想になります。

その他の特長はこちら

「ジアイーノ」とは?

空気清浄機ではありません。次亜塩素酸で空気を洗う「ジアイーノ」

除菌・脱臭に優れた効果

本当にお困りのあなたのお家を「ジアイーノ」で除菌※1 ※2、脱臭。清潔空間に。

★:喫煙環境では使用しないでください。
●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

使いやすい便利な機能

お部屋の状況に合わせて最適運転。

●写真、イラストはすべてイメージです。

●実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・お部屋の条件により効果は異なります。

◎性能低下を招くため、喫煙環境では使用しないでください。

※1:【試験機関】 (一財)北里環境科学センター【試験方法】約15畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させた菌数を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV3000) を風量「強」 ・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着した1種類の菌 【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発2016_0438号
※2: 【試験機関】 (一財)北里環境科学センター【試験方法】 約15畳の試験空間で、 室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させたウイルス数を測定 【抑制の方法】 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV3000) を風量 「強」 ・電解強度 「強」 運転で実施 【対象】 シャーレに付着した1種類のウイルス 【試験結果】 約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発2016_0384号
※3:作用していても、反応臭を感じられない場合があります。感じ方には個人差があります。
※4:【試験機関】 (一財) 北里環境科学センター 【試験方法】 約6畳の試験空間で浮遊菌数の変化を測定 【除菌の方法】 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV3000) を風量 「強」 ・電解強度 「強」 運転で実施【対象】 浮遊した1種類の菌 【試験結果】 約20分で99%以上抑制 〈試験番号〉北生発2016_0436号
※5:【試験機関】 (一財) 北里環境科学センター 【試験方法】 約6畳の試験空間で、 浮遊ウイルス数の変化を測定 【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000) を風量「強」 ・電解強度 「強」 運転で実施【対象】 浮遊した1種類のウイルス 【試験結果】 約20分で99%以上抑制 〈試験番号〉北生発2016_0435号