独自の次亜塩素酸技術と安全性

独自の次亜塩素酸技術と安全性のメインビジュアルです。独自の次亜塩素酸技術と安全性のメインビジュアルです。

次亜塩素酸とは

様々な分野の菌・ウイルス対策に活躍する除菌成分

次亜塩素酸は、菌やウイルスの表層だけでなく、内部まで浸透してすばやく作用するため、汚れやニオイなどの分解スピードが速く、除菌力・ウイルス抑制力に優れています。また、脱臭効果も高く、ペットや介護環境などの発生し続けるニオイにも威力を発揮します。

次亜塩素酸の働き

次亜塩素酸に含まれるCl+が菌やニオイから電子を奪い、分解しその働きを抑制します。

次亜塩素酸(HOCl)が菌・ニオイの電子を奪い、分解する様子です。次亜塩素酸(HOCl)が菌・ニオイの電子を奪い、分解する様子です。

幅広い分野で活躍

すでに幅広く利用され、実は私たちの身近な成分である次亜塩素酸。例えば水道水にも、浄化処理による微量の次亜塩素酸が含まれています。有機物と反応した後は水に戻るため安心して使うことができます。

プールの除菌
プールの画像です
水道水の浄化
水道から水が出ている画像です
食材の洗浄
レタスを水で洗っている画像です
「次亜塩素酸」について、学会で発表されています。

適切に使用することで安全かつ効果の高い除菌・脱臭力を示す次亜塩素酸は、室内空間の除菌・脱臭に優れた効果を発揮します。

三重大学 大学院 生物資源学研究科 福崎智司教授の画像です

パナソニックだけ!ジアイーノ独自の次亜塩素酸技術

パナソニックは、水道水と塩を電気分解することで「次亜塩素酸水溶液」を生成。高い除菌・脱臭効果を発揮しつつ、安全性にも配慮した濃度でつくることができます。

ジアイーノが次亜塩素酸水溶液を生成するプロセスの画像です。①塩タブレットを水道水に投入。②水道水を電気分解して「次亜塩素酸水溶液」を生成ジアイーノが次亜塩素酸水溶液を生成するプロセスの画像です。①塩タブレットを水道水に投入。②水道水を電気分解して「次亜塩素酸水溶液」を生成

ジアイーノ除菌・脱臭の仕組み

【浮遊菌・浮遊ウイルス・ニオイ】本体内の次亜塩素酸水溶液で洗浄★1 ★2

浮遊している菌やニオイを吸引

ジアイーノ本体に菌やニオイを吸引しているイメージ画像です

次亜塩素酸水溶液が浸透した除菌フィルターで、菌やニオイを除菌・脱臭

ジアイーノ本体が透過し、内部で菌やニオイを除菌・脱臭しているイメージ画像です

【付着菌・付着ウイルス】放出した次亜塩素酸で抑制★3

次亜塩素酸水溶液を揮発

次亜塩素酸水溶液が揮発しているイメージ画像です

キレイになった空気とともに気体状の次亜塩素酸を放出

気体状の次亜塩素酸を放出しているイメージ画像です

室内に付着した菌・ウイルスを抑制

付着している菌・ウイルスのイメージ画像です

★1: 浮遊菌の場合・約6畳の試験空間におけるF-MV3000(F-MV4100と同等性能機種)での試験において、約20分で99%以上の除菌性能を実証。※1
   浮遊ウイルスの場合・約6畳の試験空間におけるF-MV3000(F-MV4100と同等性能機種)での試験において、約20分で99%以上の抑制性能を実証。※2

★2:喫煙環境では使用しないでください。●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

★3:付着菌の場合・約18畳の居室空間におけるF-MV4100での試験において、 約12時間後に99%以上の除菌性能を実証。※3 
   付着ウイルスの場合・約18畳の居室空間におけるF-MV4100での試験において、約12時間後に99%以上の抑制性能を実証。※4

パナソニックの次亜塩素酸技術には、30年の実績があります。

長いあいだ、業務用で培ってきた高い次亜塩素酸技術を注ぎ込み、ついに家庭用 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」が誕生しました。(三洋電機での開発を含む)

30年の実績について説明する画像です。1987年 カップ式自販機用電解除菌装置。2006年 業務用空間清浄システム。2013年 業務用「ジアイーノ」2017年 家庭用「ジアイーノ」30年の実績について説明する画像です。1987年 カップ式自販機用電解除菌装置。2006年 業務用空間清浄システム。2013年 業務用「ジアイーノ」2017年 家庭用「ジアイーノ」

有人空間に適した濃度と性質

ジアイーノ内で生成される「次亜塩素酸水溶液」は、厳密には「次亜塩素酸ナトリウム」や「次亜塩素酸水」とは異なります。

ジアイーノが水曜性質8.5。次亜塩素酸濃度が次亜塩素酸水よりも低い事示したグラフですジアイーノが水曜性質8.5。次亜塩素酸濃度が次亜塩素酸水よりも低い事示したグラフです

【効果】除菌と脱臭に高い効果を誇る

除菌作用が高い「次亜塩素酸」と脱臭作用がある「次亜塩素イオン」両方の特長を持つジアイーノの「次亜塩素酸水溶液」は、弱アルカリ性。除菌と脱臭に高い効果を誇ります。

ジアイーノが除菌と脱臭に高い効果「弱アルカリ性」であることを示した画像ですジアイーノが除菌と脱臭に高い効果「弱アルカリ性」であることを示した画像です

【安全性】人体に影響のない安全な濃度で高い抑制効果

「ジアイーノ」は空気を循環させてお部屋を丸ごと洗います。空気中を浮遊する菌・ウイルスを吸引し、本体内部で生成する「次亜塩素酸水溶液」の力で抑制★1。放出した「次亜塩素酸」でお部屋の付着した菌・ウイルスを抑制★3します!

また、有人空間で使用するから「ジアイーノ」はさまざまな安全検証を行っています。

本体内の「次亜塩素酸水溶液」が0.1ppm未満。放出される「次亜塩素酸」が約10ppmです。本体内の「次亜塩素酸水溶液」が0.1ppm未満。放出される「次亜塩素酸」が約10ppmです。
本体内の「次亜塩素酸水溶液」

(財) 日本食品分析センターによる皮膚接触試験により、安全性が確保されていることが確認されました。

放出される「次亜塩素酸」

気体化されており空気中の塩素ガスの環境基準(0.5ppm)より低い濃度であるため、安心してお使いいただけます。

*:EUリスク評価書より

「ジアイーノ」の安全検証試験のデータからは問題があるという結果は認められません。パナソニックの「ジアイーノ」は、次亜塩素酸の吹き出し濃度を安全な範囲に制御しています。

三重大学 大学院 生物資源学研究科 福崎智司教授の画像です

呼吸器・皮膚への影響など、さまざまな安全検証を行っています。

電解水成分分析の図です。検証機関 (社) 群馬県薬剤師会環境生試験センター。条件概要 沖縄県北谷浄水場、 大阪府枚方市浄水場の水道水を電解し、 水道法に基づく水質分析を実施、電解による副生成物濃度を確認。結果 水質基準値内であることを確認。
皮膚一次刺激性試験の図です。検証機関 (一財) 日本食品分析センター。条件概要 皮膚に傷があるウサギに11±1mg/Lの 電解水を塗布し、 72時間経過を観察。結果 無刺激性の判定。
皮膚感作性試験の図です。検証機関 (一財) 日本食品分析センター 。条件概要 11±1mg/Lの電解水をモルモットの 皮内へ注射し、感作誘発処理を実施。 結果 皮膚感作性なし
コメットアッセイ試験の図です。検証機関 (一財) 食品薬品安全センター 。条件概要 1000mg/Lの電解水を揮発し、マウスに48時間吸入させた。 結果 肺の細胞にDNA障害の誘発なし
28日間反復毒性試験の図です。検証機関 群馬県衛生環境研究所。条件概要 11mg/Lの電解水を揮発し、マウスに28日間吸引させた。結果 体重変化・血液変化・呼吸器の 組織観察を行い、異常なし。
90日間反復毒性試験の図です。検証機関 群馬県衛生環境研究所。条件概要 VW-SF10C吹出口から出てくる 空気をマウスに28日間吸引させた。 群馬県衛生環境研究所 VW-SF10C吹出口から出てくる 空気をラットに90日間吸引させた。  結果 体重変化・血液変化・呼吸器の 組織観察を行い、異常なし
塩素ガス定量分析の図です。検証機関 (株) 環境技術。条件概要 開放空間および閉鎖空間にて機器を 運転し、吹出し空気中に含まれる 塩素ガス濃度を測定。 結果 いずれも検出限度以下(0.1ppm未満) 塩素ガスの環境基準は0.5ppm(TWA)
ガス成分分析の図です。検証機関 EX pornent社。条件概要 ダクト組込型VWを通過した空気を サンプリングし、空気中に含まれる 塩素化合物を定量分析。結果 いずれの塩素化合物とも基準値以下。
ガス成分分析の図です。ガス成分分析の図です。検証機関 EX pornent社。条件概要 VW10BGの噴出口から空気を サンプリングし、空気中に含まれる 塩素化合物を定量分析。結果 いずれの塩素化合物とも基準値以下。

その他の特長はこちら

早わかり!「ジアイーノ」

次亜塩素酸で空気を洗う「ジアイーノ」の魅力をご紹介します。

「早わかり!ジアイーノ」へリンクする画像です。
除菌・脱臭に優れた効果

本当にお困りのあなたのお家を「ジアイーノ」で除菌★1、脱臭★2。清潔空間に。

★1:F-MV4100の場合。約18畳での約12時間後の効果です。※3※4
★2:喫煙環境では使用しないでください。
●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

「除菌・脱臭に優れた効果」へリンクする画像です。
使いやすい便利な機能

お部屋の状況に合わせて最適運転。

「使いやすい便利な機能」へリンクする画像です。

●写真、イラストはすべてイメージです。
●使用中に身体に異常を感じたときは、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
●実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・お部屋の条件により効果は異なります。

◎性能低下を招くため、喫煙環境では使用しないでください。

※1:〈浮遊菌〉【試験機関】 (一財)北里環境科学センター 【試験方法】約6畳の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種]) を風量「強」 ・電解強度「強」運転で実施【対象】浮遊した菌【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2016_0436号
※2:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約6畳の試験空間で、浮遊ウイルス数の変化を測定【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種])を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2016_0435号
※3:〈付着菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させた菌数を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV4100) を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着した菌【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発 2019_0058号
※4:〈付着ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させたウイルス数を測定【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV4100)を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着したウイルス 【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発2019_0058号