「犬」のニオイ対策

こどものフレンチブルドッグの写真です。犬のニオイの主なものは「体臭」「口臭」「排泄物臭」です。こどものフレンチブルドッグの写真です。犬のニオイの主なものは「体臭」「口臭」「排泄物臭」です。
「体臭」対策のポイントは?

犬種によっても違う、犬の独特のニオイ。人間にはワキの下など数か所にしかない「アポクリン腺」というニオイの強い汗腺が、犬には全身にあることが一因です。
対策としては皮脂を取り除くお手入れが良いでしょう。一番はシャンプー。ニオイ対策として行うのであれば、10日~2週間に1度のシャンプーがおすすめです。毎日のブラッシングでべたつき具合などを意識していると「そろそろシャンプーかな?」というタイミングがわかるようになります。一般的に、気温の高い夏は皮脂分泌が多くべたつきやすいので、シャンプーはまめに行うと良いでしょう。

[ブラッシング]
ブラッシングされているフレンチブルドッグのイラストです。
[濡れたタオルで拭く]
濡れたタオルで拭いてもらっているフレンチブルドッグのイラストです。
[シャンプー]
シャンプーしてもらっているフレンチブルドッグのイラストです。
肉球で作ったケイ線です。肉球で作ったケイ線です。
「口臭」対策のポイントは?

口臭が気になる場合、食べ物のカスが残っているほか、歯周病を起こしている可能性があります。
歯周病であれば、治療をしてもお手入れをしなければ再発してしまいます。理想は、人間と同じで歯磨きペースト(ジェルなど)を付けた歯ブラシで、毎食後に磨くこと。ただ、毎日のことなので人も犬も負担なくできることが重要です。どこまでなら嫌がらずにできるかを把握してみましょう。嫌がったらそこでストップ。少しずつできる範囲を広げていきましょう。歯磨きのやり方、ケア用品はたくさんあります。飲み水に混ぜるだけ、拭くだけ、垂らすだけなど、いろいろと挑戦して、諦めずにできるものを探してみてください。

[歯磨き]
歯磨きをしているフレンチブルドッグのイラストです。
[歯磨きおもちゃ]
歯磨きおもちゃを噛んでいるフレンチブルドッグのイラストです。
[診察]
お医者さんの診察を受けているフレンチブルドッグのイラストです。
肉球で作ったケイ線です。肉球で作ったケイ線です。
「排泄物臭」対策のポイントは?

うんちのニオイは、食べたものが腸内を通って排出される過程で、分解や発酵が行われて発生します。犬は肉食傾向が強い動物なのも、よりにおう原因です。
便臭は、フードを変えたり、いつも食べないおやつを与えても変わります。一般的に、便臭がきつい場合は腸内環境が良くないと判断して食事変更などを検討します。例えば、いつもチキンを食べているなら魚にしてみたり、ドライフード系の場合はメーカーを変えたり。正解はそれぞれで違うので、合ったものを探ってみましょう。また、腸内環境を改善するサプリメントを使って変わることもあります。

[フードを変えてみる]
ドッグフードを食べているフレンチブルドッグのイラストです。
[サプリメントを使う]
サプリメントを食べているフレンチブルドッグのイラストです。
日々のメンテナンスでニオイケアしてあげましょう。

ニオイは健康状態とも密接に関係しており、いつものニオイと違うな?と思ったら、不調なのかもしれません。ニオイがあるのは当然。もし、不快なニオイがするのであれば、原因を探ってみましょう。原因に合わせたケアすることで、上手に付き合っていくことができるでしょう。身体は食べ物でできています。食事の見直しもニオイの変化に大きく影響します。

この記事を監修していただいた獣医師、トリマー、ドッグトレーナーの箱崎 加奈子(はこざき かなこ)さんの画像です。
医療・介護の現場で選ばれている除菌・脱臭力、ついにご家庭へ。次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」のイメージ画像です。医療・介護の現場で選ばれている除菌・脱臭力、ついにご家庭へ。次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」のイメージ画像です。
次亜塩素酸で空気を洗うジアイーノ

空気清浄機は空気中に浮遊するハウスダストや花粉などの集じんを主な目的とし、お部屋に付着した菌やウイルスの抑制には時間がかかります。また、発生し続けるニオイでは脱臭効果を実感しにくい場合がありました。
「ジアイーノ」は、空間の除菌・脱臭に特化し、菌やウイルス、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮します。※1※2※3※4★1

★1:喫煙環境では使用しないでください
●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

「ジアイーノ」の除菌・脱臭のしくみをイラストで説明しています。「ジアイーノ」が食塩水を電気分解し、除菌作用のある「次亜塩素酸」を内部で生成。お部屋の空気中に揮発した「次亜塩素酸」が菌やウイルス、ニオイにすばやくすぐれた抑制力を発揮します。「ジアイーノ」の除菌・脱臭のしくみをイラストで説明しています。「ジアイーノ」が食塩水を電気分解し、除菌作用のある「次亜塩素酸」を内部で生成。お部屋の空気中に揮発した「次亜塩素酸」が菌やウイルス、ニオイにすばやくすぐれた抑制力を発揮します。
発生し続けるニオイにも高い効果を発揮※5

料理中だけ発生する料理臭など、一時的に発生するニオイは比較的脱臭しやすいもの。しかし、ペットや赤ちゃんのおむつ、介護環境などの発生し続けるニオイは、なかなか脱臭が困難です。「ジアイーノ」の洗浄脱臭なら、発生し続けるニオイも次亜塩素酸が発生源から分解。すばやく強力に脱臭します。

ジアイーノを使わない(自然減衰の)場合とジアイーノF-MV3000(F-MV4100と同等性能機種)を使った場合のペットのニオイの脱臭効果の比較グラフです。自然減衰の場合は90分後にはほとんど臭気濃度が下がりませんが、ジアイーノを使った場合は90分後に臭気濃度が「4」から「2」(難のニオイであるかがわかる弱い臭い)まで下がっています。ジアイーノを使わない(自然減衰の)場合とジアイーノF-MV3000(F-MV4100と同等性能機種)を使った場合のペットのニオイの脱臭効果の比較グラフです。自然減衰の場合は90分後にはほとんど臭気濃度が下がりませんが、ジアイーノを使った場合は90分後に臭気濃度が「4」から「2」(難のニオイであるかがわかる弱い臭い)まで下がっています。

★2 :喫煙環境では使用しないでください。
●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

さまざまな分野の菌・ウイルス対策、脱臭対策に活躍する成分です。

次亜塩素酸は、除菌力、ウイルス抑制力に優れ、厚生労働省のウイルス抑制マニュアルでも、介護施設や保育所でのウイルス対策として紹介されている成分。プールやほ乳瓶の除菌、水道水の浄化、食材の洗浄など、幅広い分野で活用されています。

次亜塩素酸の用途1「プールの除菌」の画像です。
プールの除菌
次亜塩素酸の用途2「ほ乳瓶の除菌」の画像です。
ほ乳瓶の除菌
次亜塩素酸の用途3「水道水の浄化」の画像です。
水道水の浄化
次亜塩素酸の用途4「食材の洗浄」の画像です。
食材の洗浄
「次亜塩素酸」について、学会で発表されています。

適切に使用することで安全かつ高い効果を示す次亜塩素酸は、室内空間の除菌・脱臭に優れた成分です。

三重大学 大学院 生物資源学研究科 福﨑智司教授の画像です。
効果を実感するから続けられる。自宅と会社で使っています。

会社を経営しているのですが、以前から何か対策をと考えていました。次亜塩素酸が良いというのは知っていたので、CMを見て「これだ!すぐ買おう」と思いました。
また、自宅用も購入しました。こちらは、犬のニオイ対策と除菌のためです。先日、嫁いだ娘が遊びに来た際に「犬のニオイがしなくなった!」と驚いていました。自分達は家のニオイに慣れてしまっていますが、娘が言うなら効いているのだろうと思います。空気がすがすがしい感じがして、まさに“お部屋の空気を洗う”というのがぴったりですね。

 

静岡県 K様

静岡県 K様と2頭の愛犬、犬小屋のそばに置いたジアイーノの画像です。
肉球で作ったケイ線です。肉球で作ったケイ線です。
愛犬のおしっこ臭が激減!これなら来客もあんしん

チワワを2匹飼っています。共働きなので日中は家にチワワだけ。トイレのしつけをしているつもりでもマーキングをしたがるので、会社から帰ってくるとニオイがこもっていました。このままだとお客さんを家に呼べない!と思い購入しました。それからは、ニオイが気にならなくなったので、消臭剤も買わなくなりました。犬のイベントに行くと、ドッグオーナーの中で「ジアイーノ」が話題になっています。今後も季節に関係なく使っていきたいです!

 

東京都 S様

ジアイーノの前でくつろぐ東京都 S様ご夫妻と2匹のチワワの画像です。
肉球で作ったケイ線です。肉球で作ったケイ線です。
ウイルス対策のために購入。ペットや食事のニオイにも効果を実感!

空気清浄機を買い替えるタイミングで「ジアイーノ」を知り、興味を持ちました。妻が、児童クラブという子ども相手の仕事をしているので菌やウイルスには気を遣っています。ニオイに関しては、今まで、夕飯のニオイが朝まで残っていることもありましたが、今はありません。部屋の中の犬のニオイも取れています。

 

徳島県 R様

2頭の愛犬を抱き上げる徳島県 R様の画像です。
たむら動物病院院長 田村兼人様の画像です。画像の右側に院内の様子が表示されています。 たむら動物病院院長 田村兼人様の画像です。画像の右側に院内の様子が表示されています。
たむら動物病院

当院は、1944年の開業以来、ペットの病気の早期発見と最適治療を目指し、最新機器を導入してきました。「ジアイーノ」の採用は、動物臭の脱臭と除菌を期待してのことです。病気の動物は匂いが強く、そのニオイは換気だけでは消えなかったようです。しかし、私たちは慣れから気付かないでいたところ、来院した子供さんが「臭い」と鼻をつままれました。そんな姿を見て導入を決定。その後は、こうした姿も見かけなくなりました。また、終診後も運転を続けることで、翌朝の空気がさわやかになるように感じます。

※業務用「ジアイーノ」を使用した感想になります。
※業務用「ジアイーノ」は、家庭用「ジアイーノ」とは適用畳数が異なります。
※コメントはあくまで個人の感想によるものです。

NEW F-MV4100(~18畳) 
F-MV4100の画像です。クリックするとF-MV4100の品番ページへリンクします。
NEW F-MV2100(~12畳) 
F-MV2100の画像です。クリックするとF-MV2100の品番ページへリンクします。
NEW F-MV1100(~9畳) 
F-MV1100の画像です。クリックするとF-MV1100の品番ページへリンクします。
肉球で作ったケイ線です。肉球で作ったケイ線です。

●写真、イラストはすべてイメージです。
●実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・お部屋の条件により効果は異なります。

◎性能低下を招くため、喫煙環境では使用しないでください。

※1:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させた菌数を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV4100) を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着した1種類の菌【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発 2019_0058号
※2:【試験機関】 (一財)北里環境科学センター 【試験方法】約6畳の試験空間で浮遊菌数の変化を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種])を風量「強」 ・電解強度「強」運転で実施【対象】浮遊した1種類の菌【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2016_0436号
※3:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させたウイルス数を測定【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV4100)を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着した1種類のウイルス 【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発2019_0058号
※4:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約6畳の試験空間で、浮遊ウイルス数の変化を測定【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種])を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】浮遊した1種類のウイルス【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2016_0435号
※5:【試験機関】(株)環境管理センター【試験方法】臭気強度表示法による検証【脱臭の方法】 次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (2017年度F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種]) を風量「強」・電解強度「強」 運転で実施 【対象】約6畳の試験空間の発生し続ける空間臭。【臭気成分】 擬似ペット臭、硫化水素【試験結果】〈擬似ペット臭〉 約90分後に臭気強度1.8に低減(自然減衰3.8)〈硫化水素〉約60分後に臭気強度0.3に低減(自然減衰3.9)