使いやすい便利な機能

ジアイーノ使いやすい便利な機能。サイトトップ画像です。 ジアイーノ使いやすい便利な機能。サイトトップ画像です。

NEW 塩タブレット自動投入機能

次亜塩素酸を生成するためには、「水道水」と「塩タブレット」が必要です。「塩タブレット」は週に2回程度の補充が必要ですが、F-MV4100、F-MV2100なら、塩自動ユニットが補充タイミングを検知して、自動で塩タブレットを投入します。

※F-MV1100には塩タブレット自動投入機能はありません。


塩タブレットの補充方法

本体のサイド扉を開けると

本体のサイド扉を開けている画像です

側面の上部に塩自動ユニットが設置されています。

塩自動ユニットが本体に格納されている画像です

塩自動ユニットのふたを開けて、塩タブレット60~70粒程度を入れてください。

塩自動ユニットのふたを開けている画像です

最適運転

お部屋の状態を解析する高性能なセンサーを搭載。 お部屋の明るさや空気の汚れに合わせて最適な風量に調整します。

おやすみ自動運転

照度センサーでお部屋の明るさを検知し、風量([自動]のみ)、操作パネル・運転サインのランプの明るさを自動で切り換えます。

深夜の寝室にジアイーノがあるイメージ画像です。
ニオイセンサー

空気の汚れを検知し、運転サインで空気の汚れ具合をお知らせします。「風量」設定が[自動]のときは、 汚れの種類に応じて最適な風量に調整します。

室内に犬がいてとジアイーノがあるニオイセンサーのイメージ画像です。

静音運転

静音モードに設定すると「深夜の郊外」や「ささやき声」よりも小さな約28dB★1で運転が可能。
眠りを妨げることなくお部屋の空気をキレイにします。

★1:F-MV4100の場合。F-MV2100では約20dB、F-MV1100では約19dBとなります。

乳幼児が寝ている静音モードのイメージ画像。運転音約28㏈
騒音値の目安
騒音目安画像。深夜の郊外30㏈。図書館40㏈。静かな事務所50㏈ 騒音目安画像。深夜の郊外30㏈。図書館40㏈。静かな事務所50㏈ 騒音目安画像。深夜の郊外30㏈。図書館40㏈。静かな事務所50㏈

省エネ運転

月々の出費はなるべく抑えたい!
そんな方にも「ジアイーノ」はオススメ。1日12時間運転しても、1か月あたり約180円★2さらに、静音運転時は1時間あたり約0.3円★3。電気代や消費電力量を抑えて除菌・脱臭できます。

電気代比較画像です。1時間約0.5円。1日あたり約6円★2。1か月あたり約180円★2。1年間(365日)あたり約2,190円★2。5年間あたり約10,950円★2。 電気代比較画像です。1時間約0.5円。1日あたり約6円★2。1か月あたり約180円★2。1年間(365日)あたり約2,190円★2。5年間あたり約10,950円★2。

★2:F-MV4100の場合。風量・中モード。1日12時間運転の場合。
★3:F-MV4100の場合。風量・静音モード。1日12時間運転の場合。

らくらく移動

4輪キャスター付きで移動がスムーズ。
部屋を移動して使用する時にも便利です。

※F-MV1100には搭載しておりません。

ジアイーノが横に移動しているイメージ画像。キャスター付きでスッと運べる!
ストッパー

本体下部のストッパーをロックすると、キャスターを固定できます。 お子様による不意の誤動作を防ぎます。

本体下部のストッパーの画像です。 本体下部のストッパーの画像です。 本体下部のストッパーの画像です。

その他の特長はこちら

「ジアイーノ」とは?

空気清浄機ではありません。次亜塩素酸で空気を洗う「ジアイーノ」

次亜塩素酸生成技術

生成から揮発まで。パナソニックだからできた、独自の次亜塩素酸生成技術。

除菌・脱臭に優れた効果

本当にお困りのあなたのお家を「ジアイーノ」で除菌★4、脱臭★5。清潔空間に。

★4:F-MV4100の場合。約18畳での約12時間後の効果です。※1※2
★5:喫煙環境では使用しないでください。
●脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気によって異なります。

次亜塩素酸の安全性について

「ジアイーノ」が生成する次亜塩素酸の安全性に関する疑問にお答えします。

●写真、イラストはすべてイメージです。

●実使用空間での実証効果ではありません。使用環境・お部屋の条件により効果は異なります。

◎性能低下を招くため、喫煙環境では使用しないでください。

※1:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付着させた菌数を測定【除菌の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 (F-MV4100) を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】 シャーレに付着した1種類の菌【試験結果】約12時間で99%以上抑制 〈試験番号〉 北生発 2019_0058号
※2:【試験機関】(ー財)北里環境科学センター【試験方法】約18畳の居室で、室内中央と室内奥に置いたシャーレに付若させたウィルス数を測定【抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV4100)を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】シャーレに付藩した1種類のウィルス【試験結果】約12時間で99%以上抑制〈試験番号〉北生発2019_0058号 ■浮遊菌・浮遊ウィルスの場合:【試験機関】(ー財)北里環境科学センタ一【試験方法】〈浮遊菌〉約6畳の試験空間で菌数の変化を測定〈浮遊ウイルス〉約6畳の試験空間でウイルス数の変化を測定【除菌・抑制の方法】次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(F-MV3000[F-MV4100と同等性能機種])を風量「強」・電解強度「強」運転で実施【対象】〈浮遊菌〉浮遊した1種類の菌〈浮遊ウイルス〉浮遊した1種類のウィルス【試験結果】約20分で99%以上抑制〈試験番号〉〈浮遊菌〉北生発2016_0436号〈浮遊ウィルス〉北生発2016_0435号