標準車(充電制御車)用C8/J8シリーズオープン価格*

製品保証:3年

オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

10月初旬より、順次発売

めざしたのは、電子化・電動化が進む現代の車に最適なカーバッテリー

モーター駆動やエンジン始動をはじめ、エアコン・ライトなどの電気部品の他にも、メーターまわりの電子化やナビの 大画面化、スマートフォンなどUSB機器への充電機能、安全運転支援システム などにより、最新の車ほど多くの電力を必要としています。
こうした車の電子化・電動化が進むなか、省燃費を実現するアイドリングストップ車や充電制御車、ハイブリッド車などの環境対応車が一般化しています。

caos が、充電制御車の課題を解決!

課題1

バッテリーへの充電時間が短く、電力不足に陥りやすい。

充電制御車は、カーバッテリーへの充電時間を短縮することで燃費を向上。
充電が回復しないうちにオーディオやクーラーなど必要以上に電力を消費すれば、電力不足に陥りやすくなります。

課題2

充電・放電がひんぱんでバッテリーが劣化しやすい。

一定量充電されると充電を制御する仕組みの充 電制御車では、ひんばんに充電・放電を繰り返すことになり、バッテリーヘの負担が大きくなり ます。そのため、耐久性の高いバッテリーでなければ劣化しやすく、省燃費性能が発揮されにくく なります。

\ これらの課題を解決 /

課題1

充電制御車で選ぶべきカーバッテリーの要件を満たした大容量と高速充電性能

充電量が抑えられても、電力量に余裕がある
安心の大容量
充電制御車に最適化した充電性能
高速充電性能

当社標準品【N-40B19L/SB】との比較において。数値は当社独自の高温軽負荷寿命試験によるものであり、実車走行による試験ではありません。
また、数値はあくまで目安であり、搭載車種や使用条件により結果は異なります。

充電制御車はアイドリングストップ車と違い、ひんぱんにエンジンをかけなおすことがないため、充電量がたくさん残っている状態でもひんぱんに充電が行われます。また、充電制御車は走行中でもバッテリー電力の残量が設定値を維持するように、充電と放電を繰り返しています。

caosが求める高速充電性能

充電制御車の使用状況を想定し、充電量が98%という高い充電状態からの充電性能を評価対象としています。

試験条件:充電状態(SOC)98%までの放電を想定

充電制御システムとは

充電制御システムは、バッテリーの残量をコンピュータで監視し、一定量充電されると、発電機からの電気の供給を自動的に停止することで、エンジンの負荷を軽減し、燃費を向上させるしくみです。

カーバッテリーの容量が大きければ、電力不足のリスクは軽減します。「caos標準車(充電制御車)用」は、大容量最高水準※2を実現。充電不足に陥りにくく、電装品の利便性を失わないドライビングを提供します。

国内製造カーバッテリーの同一性能ランク(カーバッテリーの始動性能や容量等の総合性能を表す)表示の公表値において。2021年12月1日現在、当社調べ。

新形状の液口栓「イエロープラグ」を採用。C7シリーズで使用していた減液抑制シートの機能をプラグ内に埋め込むコンセプトで、シートを廃止したシートレスデザインでありながらも、雨水がバッテリー内部に浸入しにくいプラグ構造。
また、傾きによる液漏れ発生率を70%減少し、液漏れトラブルを低減しました。

当社独自の傾斜液漏れ試験にて液漏れが起こるまでの回数(A3シリーズ比較)

特許出願中

「caos」はその高性能を維持するため、原料である鉛の加工から組み立てまで、国内生産にこだわり、最新鋭の自動化生産ラインで作られています。

caos をご購入されたお客さまだけの特典。Q4/J8 シリーズを搭載された車両が対象となります。

サービスの流れ
ロードサービスを利用した場合の一般的な費用(例)

大容量で長もちなカーバッテリー「caosアイドリングストップ車用」が搭載された車は、カーオーディオの音も変わります。
鮮明かつパワフルな音質で、コンサートホールなどの大空間で聴いているかのような臨場感が味わえます。

長谷川 圭 Review

“オートサウンドのプロ”が、caosの生み出す高音質サウンドを解説。caosの性能・品質が、カーオーディオの音質向上にどう関係しているのか。自身がcaos愛用者でもあり、その魅力を存分に語ります。

長谷川 圭 <Hasegawa Kei>

フリージャーナリスト。株式会社ステレオサウンドが運営するオーディオ専門ウェブサイト、Stereo Sound ONLINEの“Auto Sound Web” マネージャーも務める。 同サイト主催のオートサウンドウェブグランプリにおいて、選考メンバーのひとり。

長くカーオーディオの製品レビューに携わってきた私が、試聴テストで愛用しているカーバッテリーがcaosです。理由は初めて使用したときの、音のすごさ。何世代か前のモデルになりますが、電源ひとつでここまで音が変わるのかと、認識を新たにしたほどのインパクトがありました。以来、私の試聴テストにはなくてはならない存在です。
今回の「caosアイドリングストップ車用 A4シリーズ」の音も、さすが最新モデルということで、これまでよりも鮮明でパワフル。内部抵抗の低さや電圧の安定感からきているのでしょうか。電気の流れをスムーズに安定して供給することで、カーオーディオ本来のポテンシャルが引き出され、アーティストの声や楽器の音色が実にリアルに聴こえます。さらに素晴らしいのが音の拡がり。他社のカーバッテリーと比べて、音場がひと回りもふた回りも大きく感じられ、臨場感がとてつもない。車のなかでも、コンサートホールで聴いているかのような印象です。
大容量や長寿命などカーバッテリーとして優れた要素を備えているだけでなく、必要な電気を安定して供給し続ける、その基本性能がきわめて高いレベルにあるのがcaosなのだと思います。
caosが搭載された車で、お気に入りの楽曲を聴いてみてほしいです。
私の言うことが真実だとわかってもらえるはずですから。

さらに詳しい話をお知りになりたい方はこちら

カーオーディオ専門メディアによる、カーオーディオプレイヤーでの当社従来品との聴き比べテストによる。

標準車(充電制御車)用
NEWC8シリーズ

オープン価格*

C8シリーズ5サイズ10品番

表は左右にフリックしてご覧いただけます。

標準車(充電制御車)用
NEWJ8シリーズ

オープン価格*

J8シリーズ5サイズ10品番

表は左右にフリックしてご覧いただけます。

長さは取っ手取付け部の凸部を除いた寸法になります。

フラット液栓より約2mmの凸があります。取付けの際は、車両の搭載可否をご確認ください。

◎要項表の値は、日本産業規格(JIS D 5306)に基づく試験結果であり、保証値ではありません。

専用オプション品