お客様サポート

補水の必要性と手順

準備するもの

カーバッテリーを取扱う前に、金属(車体)に触れて静電気を逃してください。

また保護メガネ、ゴム手袋を着用してください。

  • 保護メガネ

  • ゴム手袋

  • 10mm
    スパナ
    ※1

  • バッテリー
    補充液
    (精製水)

  • バッテリー
    メンテナンス用
    ドライバー

  • ライト

  • 雑巾※2

※1:車両により、大きさが異なる場合があります。※2:固くしぼった濡れ雑巾など

バッテリー液を入れ過ぎてしまった場合、以下のものが必要となります。

スポイト バケツ 重曹

バッテリー液(電解液)の処分方法についてはこちら

カーバッテリー側面に液面線が表示されている場合

1. バッテリー液量の点検

  • カーバッテリーの液量が最高液面線と最低液面線の間にあるか確認してください。
  • カーバッテリーの液量が最低液面線以下で使用しないでください。最低液面線以下での使用を防止するため、カーバッテリーの液量が最高液面線と最高液面線の中間以下の場合は、補水することをおすすめします。

※カーバッテリー内部に白い紙が沈殿して見えることがありますが、品質には問題ありません。
※カーバッテリーの液量が最低液面線以下のままで使用してしまった場合には、内部劣化により、爆発に至る可能性が高くなります。速やかにカーバッテリーを交換してください。

2. バッテリー液の補水

1. バッテリーの補充液(精製水)を準備してください。

ババッテリー補充液(精製水)はバッテリー販売店等で購入してください。
液の補充は必ず専用のバッテリー補充液・または精製水をご使用ください。なお、水道水は不純物が混ざっているため、使用しないでください。バッテリーの劣化を早める恐れがあります。

2. 固くしぼった濡れ雑巾などでふたを拭く

ふたを拭くことで静電気を取り除きます。

3. 液口栓(6か所)をゆるめ、取りはずしてください。
4. バッテリー補充液(精製水)を最高液面線まで補水してください。

最高液面線以上に補水しないでください。
6つの液口ひとつひとつが独立しているので、それぞれの液口に補水してください。
※補充液(精製水)以外は入れないでください。

5. 液口栓(6か所)を確実に締め付けてください。

バッテリー補充液を入れ過ぎてしまった場合は、余分な液をスポイトで吸い出してください。
(詳しくは動画をご確認ください)

バッテリー液(電解液)の処分方法についてはこちら

6. カーバッテリーに付着した液は水で湿らせた布などで拭き取ってください。

インジケーター付きの場合(caosシリーズの場合)

1. インジケーターの見方と必要な処置

caosシリーズは天面にある「インジケーター」で液量を確認します。

(1)日常点検でインジケーターの表示が「要交換(補水必要)」になっていないか確認してください。
(2)インジケーターの表示が「要交換(補水必要)」の場合は、使用を続けず、速やかに交換されることをおススメしますが、補水される場合は以下作業手順で実施してください。

※インジケーターの表示が要交換(補水必要)の状態のままで使用してしまった場合は、内部劣化により、爆発に至る可能性が高くなります。速やかにバッテリーを交換してください。
※インジケーターの表示が黒くなっているなどで確認できない場合は、使用を続けず速やかにバッテリーを交換してください。
※インジケーターは6セル中の代表1セルの液比重(充電状態)を表示しています。
※保証期間を超えたバッテリーは、定期的な補水メンテナンスを行うことを推奨します。

2. 補水する前の準備

固くしぼった濡れ雑巾などでふたを拭く。ふたを拭くことで静電気を取り除きます。

3. コントロールシートをはがす

液口栓を取り外すために、コントロールシートをはがします。

※減液抑制シートを剥がした場合、減液抑制効果が減少しますので、液量を適正に管理してください。
※一度剥がしたラベルは、貼りなおさないでください。

4. バッテリー液の補水

「カーバッテリー側面に液面線が表示されている場合」と同じ手順で補水してください。